恐ろしい歯周病

歯周病は歯と歯茎のすきまの歯周ポケットから細菌が入り込んで炎症を起こし、口臭・虫歯になりやすくなる・歯が抜けてしまうなどといった症状があらわれますが、痛みをともなくことはほとんどありません。 歯周病は口腔内の疾患だけではなく、狭心症や心筋梗塞、糖尿病、脳梗塞、動脈硬化、骨粗鬆症、高血圧、メタボリックシンドロームなどといった全身疾患の要因にもなっていると言われていますので、早めの歯周病治療が必要です。

歯周病の原因は歯石や歯垢です。歯垢は普段の歯磨きで取り除くことは十分に可能ですが、歯石は歯や歯の周りに強固に付着するため歯磨きだけで取り除くことは困難になりますので、歯科医で取り除いてもらうことになります。

歯周病は痛みがないので気づきにくいと言われていますが、自覚症状としては口臭・朝起きた時に口がネバネバする・歯磨き時に出血する・歯茎がむず痒い・歯茎が赤く腫れる・硬いものが噛みにくい・歯が長くなってきたなどという症状があらわれますので、これらの症状があらわれた場合は歯周病治療が必要です。

歯周病治療は先ほど述べた歯周病の原因である歯石や思考の除去から始めます。ほとんどの場合、歯石と歯垢を除去し正しい歯磨きを行うことで改善することが出来ます。 歯周病が進行してしまっている場合の歯周病治療方法では外科治療を行い、歯周ポケットの深さを減らす治療法になります。 歯周病にならないためにも定期的な歯科医での歯の検査やクリーニングが重要です。

 

歯の治療を

歯周病は歯石がたまり、細菌が繁殖する事で、歯茎に炎症が起こる症状の事を言います。ただ単に歯茎が炎症を起こすだけでなく、骨が溶けてしまい歯が抜けてしまったり、細菌が全身にまわって心臓病や、動脈硬化の原因にもなる為、歯周病を軽く考えてはいけません。 歯周病は治療で改善できるので、早めに治療を行う事が大切です。

歯周病治療は、症状の進行具合によって変わってきます。 軽度の歯周病だと、細菌のすみかとなる歯石を取り除く、「スケーリング」を行います。 より歯石が歯茎の奥にまで、ついてしまっている場合は、「ルートプレーニング」という、治療を行うケースが一般的です。スケーリングでは、麻酔を行う事はほぼありません。ルートプレーニングは、歯茎の奥に施術を行う為、痛みを共なうという事もあり、局所麻酔を行います。 症状が重度の場合は、歯茎を切開して歯石を取る、フラップ手術を行うケースも、少なくないようです。

このように、歯周病治療は症状が進む程、治療も大変なものとなるので、早めの診察しましょう。

歯周病になってしまうと、歯茎が腫れたり、血が出るといった症状の他にも、歯が抜けやすくなってしまいます。 また、歯周病は細菌が大繁殖して起こる為、増えすぎた細菌が血液の流れにのり、全身に運ばれてしまうケースもあるようです。細菌が心臓にまで到達すると、心臓病を発症してしまうリスクが高まるので、歯周病は早めに治療しましょう。

歯周病治療には、主にスケーリング・ルートプレーニング・フラップ手術と3つの治療法があります。 どの歯周病治療も最近が繁殖する、歯石を取り除く事が目的です。 歯石をしっかり除去する事で、細菌の繁殖を抑える事が出来ます。 定期的に歯石を取るメンテナンスを行えば、より効果的です。 また、自宅でのブラッシングも併用する事で、歯石を付きにくくする効果が期待出来ます。 ブラッシングは、歯ブラシを歯1か所につき、約10回から20回程度動かし、磨くようにしましょう。

歯を綺麗に美しく

審美歯科は、歯を美しく見せることに重点を置いた治療をしてくれる歯科の分野です。 審美歯科の治療には、歯を白く見せる治療があります。歯を白く見せる治療は、クリーニング(PMTC)、ホワイトコート(歯のマニキュア)、ホワイトニング、ダイレクトレジンボンディング、ラミネートベニア、セラミッククラウンなどの方法があります。

クリーニングは、歯の歯垢や、茶しぶや煙草のヤニなどを落とすことができます。 ホワイトコートは、歯の表面に薄い樹脂をコーティングすることにより、歯の色を変える方法です。ホワイトコートの効果は、約6ヶ月から1年ほど持続します。この施術は、比較的低予算で行うことができます。選べる色のバリエーションも多く、理想の色にすることができます。

審美歯科では、歯並びに関する治療も行うことができます。 歯並びに関する審美歯科での治療方法には、セラミック素材を利用したものがあります。セラミック素材は、色が歯に近いため、自然の歯に近い仕上がりを追求することができます。身体への害がほとんどない素材でもあるため、多くの治療法が開発されています。

セラミックを用いた治療法には、メタルボンド、オールセラミッククラウン(オールセラミック冠)、ラミネートベニヤ、セラミックインレー、ハイブリットセラミックなどがあります。それぞれの治療方法にメリット・デメリットがあるので、歯科医院に行く前にしっかりと比較することが重要です。 セラミックを使用した歯並びの治療は、保険適用外であり、非常に高額です。そのため、費用対効果をしっかりと考える必要もあります。

 

特殊な施術内容

歯を磨く子ども

歯科クリニックでは一般的な診療だけでなく、予防歯科や小児歯科等さまざまな診療を実施しています。 予防歯科では虫歯を作らずに美しい歯を保つための診療を行っています。虫歯になったり歯周病を患うと、何度もクリニックに通って治療を受けなくてはなりません。健康な歯を保つことができたら通う必要もないわけです。

自宅で毎日ケアすることは大切ですが、セルフケアだけでは限界があるでしょう。定期的にクリニックに通うことが虫歯の予防に繋がります。 歯科衛生士がブラッシングの指導をしたり、汚れが付着している口腔内のクリーニングを行います。虫歯だけでなく口臭の予防にもなるので、一年に何回かは通う習慣を付けるといいですね。特に小さいお子さんに有効です。

歯科クリニックで働くためには専門の資格が必要になります。もちろんドクターになるためには大学に通う必要がありますが、歯科衛生士の場合は高校を卒業した後に専門学校や短期大学に進学して技能を習得することも可能です。卒業して国家試験を受験し、合格できたら資格が与えられます。

歯科衛生士以外では歯科助手という資格もあります。こちらは通信講座で知識を得ることもできるので、クリニックで働きたい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?民間の資格になりますが、受験のチャンスは一年に複数回あります。歯科助手はドクターのサポートも行いますが、患者さんの受付や会計業務もあります。そのため試験では学科試験と実技試験の両方が実施されています。

 

歯医者の有効利用

柏には、多くの歯医者が存在します。 柏の歯医者は歯の治療がメインのところよりも、歯の矯正やホワイトニングなどの歯のケアを中心として審美歯科の方が増加しています。 虫歯で悩む方が昔より減少した事と歯のケアに関心がある方が増加した事が理由です。

そんな歯の矯正やホワイトニングをお得にそして快適に治療を行える方法があります。 それは、あまり混んでいない歯医者に行く事です。混んでいないからと言って技術力が無い訳ではありません。 宣伝が上手いか下手かの違いです。ですから、混んでいる歯医者ではなく、技術力ある歯医者を選ぶ事が重要です。 特に矯正など行う審美歯科は、技術力がかなり重要視されます。 口コミなどを参考に信頼出来る技術力のあるところを探しましょう。

柏には、多くの歯医者がありますが、特に審美歯科が多いです。 しかし、歯の矯正やホワイトニングは健康保険が適用されず、治療費が高額になるケースが多いです。 健康保険が適用されないので、各歯医者によって治療費が違ってきますが、例えば歯の矯正をした場合の価格相場は60〜200万円です。大人の矯正は、使用する器具によっても治療費は全く違ってきます。ですから、柏で歯医者を決める場合は、料金がどの位かかるかも判断材料になるでしょう。

ホワイトニングも10万円程します。 虫歯治療に比べるとかなり高額になりますので、技術力のある信頼できる歯医者を探す事が一番重要になるでしょう。 これから益々審美歯科の需要が高まりますので、少し料金が安くなる事を期待しましょう。

 

唾液の大切さ

歯科では、虫歯や歯周病などの歯や歯茎に関する治療だけではなく、ドライマウス・口内炎・顎関節症などの病気も扱っています。歯科の守備範囲が意外と広いことに気づきます。 歯科の治療は基本的には治療器具を使って歯を削ったり、抜いたりという外科的な方法をとりますが、それ以外にも唾液を分泌させる薬を使う薬物治療も併行して行っていくこともあります。

虫歯やドライマウス、歯周病、口内炎は一見すると何も繋がりがなさそうですが、どれも唾液の分泌が少なくなってしまうことで、発症するリスクが高くなります。特にドライマウスは口腔乾燥症という病名からわかるように、唾液がほとんど出ない症状を伴い、虫歯のリスクが高まります。それに対して薬物治療という方法もあるのです。

唾液というと歯科と関係なさそうですが、実は大きな関係があります。 唾液には殺菌・消毒作用があります。これは唾液に含まれるリゾチームやペルオキシターゼと呼ばれる酵素による作用で、これが口内は治りが早いと言われる理由です。 歯科でも唾液分泌のためのマッサージを行ったり、唾液分泌促進剤を処方されることがあります。主に口内炎やドライマウスなど、唾液の分泌力が弱まっている症状に対して行われている治療です。

唾液の分泌を増やすことは自分でも出来ます。よく噛んで食べる、顔筋のマッサージを行う、など毎日の生活に取り入れてみると効果が感じられます。 歯を磨くこと以外にも、虫歯予防の一環として唾液の分泌を促す生活を送りましょう。

Pick Up