治療の流れ

インプラント治療は最先端の歯科治療であり、保険が適応されません。そのため、費用の面が気になります。保険が適応されない「自費診療」での治療になり、それぞれの歯科医院で治療費を決定することが出来ます。自由に治療費を決めることが出来ますが、一般的に用いられている費用があります。その場合、インプラント1本当たり20万円前後の治療費になります。この他にも、インプラントの上に被せる人工歯冠等の費用が必要になります。人工歯根を5本治療すると、使用する材料にもよりますが300万円前後必要になります。

 

インプラント治療は健康保険が適応されないため、治療費が高額になります。しかし、検査や処置に関する治療費は、「医療費控除」の対象になります。前年度1年間の所得額によっては、かなりの還付を受けられることができます。「医療費控除」は1年間の間に医療機関に支払った治療費等の合計金額が10万円以上超える部分について適用されます。医療費と言っても、審美的な目的のために治療を受けた場合はこの制度は適用されません。しかしインプラント治療は、控除の対象の治療と認められています。インプラント治療には高額な費用が必要になります。しかし、医療費控除の制度を利用することで、負担を減らすことが出来ます。更に一度治療をすれば、「入れ歯」等と違い、後の維持費等がほとんど必要ありません。このような特徴を持ったインプラント治療は、「第三の歯」として広く普及しているのです。

 

治療と選び方

虫歯や歯周病のために抜歯をすることになった場合に、その場所にインプラント治療をすることが一般的に知られるようになりました。インプラントとは、顎の骨に直接穴をあけてそこにインプラント材を埋め込みます。治療は手術となります。顎の骨とインプラントが定着したのを確認してから、アパットメントという部材をつけてから、その上に人口歯をつけるのです。インプラント治療は、顎の骨とくっつき安定するまで約半年かかることになります。そのため、治療期間は半年以上になります。インプラント治療をするメリットは、自然歯のように見えることと入れ歯のようなぐらつきがなくしっかりと噛んで食べることができることです。治療は、保険適用にはならず自己負担となります。

 

インプラント治療をする場合の歯科選びは口コミや評判を参考にして慎重に選んだほうがいいといえます。それは、外科的手術となるためです。特に、初めてのインプラント手術の場合は不安もあるものです。わからないことなど率直に医師に聞いて、丁寧に説明してくれる歯科医がよいといえるでしょう。インプラント治療を半年以上かけて終わったとしても、その後は歯周病にならないように気をつける必要があるのです。顎に穴をあけているので、その分自然の歯根よりも弱くなっているので歯周病になりやすいのです。毎日の歯ブラシを丁寧に行うことはもちろん、定期的に歯科医に通いメンテナンスをする必要があるのです。インプラントを入れた時点から、歯の健康については必要以上に慎重になったほうがいいのです。

 

インプラントの歴史

 

最我が国の「インプラント」治療の歴史は、30年以上になります。2000年以降になると、多くの歯科でインプラント治療が行なわれるようになりました。使用される材質が「チタン」になることで、急速に普及し発展してきたのです。インプラント治療が普及すると同時に、様々な情報が氾濫するようになっています。その中には、正しくない情報も含まれています。この最新歯科治療は厳しい手順の下、治療が行なわれます。失われた歯の治療方法として多くの方が選び、安全性も確立されている治療方法なのです。

 

近年、「歯」がもたらす「生活の質」の向上が注目されています。「生活の質」とは、生活の満足度を測るための指標として考えられたものです。歯科治療の現場でも用いられるようになり、「歯」の健康が生活の質を向上すると認められてきました。歯科治療は、1人1人が幸福感を得るためにも大きく関与しているのです。インプラント歯科治療は、この「生活の質」を向上させるために大きな役割を担っています。歯並びは、その人の第一印象を決めてしまうこともあります。「審美的な側面」と「機能的な側面」の両方を満たすことが出来る歯科治療が、インプラントなのです。「入れ歯」や「ブリッジ」治療等では得られなかったものを、この方法で手に入れられることが出来るのです。インプラント歯科治療は今後も広く普及し、多くの方が選択する治療方法となるでしょう。

 

歯の再生

 

「インプラント」治療とは、失った歯の部分に「人工歯根」を埋め込み、独立した1本の歯を作ることです。1本1本独立したと言う点が、従来の方法である「入れ歯」と異なるところです。このインプラント治療を受けることで、より永久歯に近い感触の歯を手に入れられることができるのです。インプラント治療を受ける年齢としては、50歳代以降の方が大半を占めていました。しかし、近年では幅広い年齢層の方に支持されるようになり、20歳代や70歳以降でも治療を受ける方が増えています。今後も、幅広い年齢の方に選ばれる治療方法として、普及していくと考えられます。

 

「インプラント」歯科治療を受ける際、身体への影響が心配になります。インプラント治療では「純チタン」を使用しているので、身体への害はありません。チタンは骨との結合に優れ、有毒物質やアレルギーの原因を作りません。人体への影響もなく、安全性が確立されています。また治療方法については、トラブルや事故を防ぐために厳しい手順が決められてるので、安心して治療を受けられます。インプラント治療後は、天然の歯と同様に、毎日のブラッシングが必要になります。更にデンタルブロスや糸ようじを用いることが望ましいといえます。長期に渡って快適な環境を維持するためにも、定期的に医師の下での診察が必要になります。これらを守ることで、インプラントの寿命を長くすることができるのです。

Pick Up