対人関係にも関わる

歯は、人と会話する際にどうしても見えてしまう部分です。特に笑っている際には、歯はより人に見えやすい状態になります。その為、歯並びに対してコンプレックスを抱えている人の中には、人前で笑顔になる事を意識的に抑えてしまう人もいます。歯並びに対してコンプレックスがあると、楽しい時や嬉しい時に素直に笑顔になれない場合もあるのです。人によっては、笑顔だけではなく、最終的に人とのコミュニケーションを拒んでしまうような人もいます。また他にも、滑舌が悪い人の多くは、歯の並びになんらかの異常がある場合も少なくありません。これもコミュニケーションを妨げる要因の1つだと言えます。

このように歯の並びが悪いと、人とのコミュニケーションを円滑に行えない場合があります。その為、歯並びの悪いお子様をもった親御さんが、自由が丘エリアにもある矯正歯科に、子供を連れてくる事も多々あります。矯正に特化した歯医者である矯正歯科なら、小児・大人を問わずに歯の並びを綺麗に矯正する事が出来ます。矯正歯科で治療を行なった結果、笑顔に自身が持て、滑舌もスムーズになり円滑なコミュニケーションを行う事が出来るようになるのです。

歯並びが悪い原因の多くが、顎の大きさや形による為だと言えます。しかしこのように、歯並びの悪化は昔から悩んでいる人だけが、陥るわけではありません。老化と歯周病によって、顎の骨格が軟弱化や歯茎の軟弱化が起こり、それによって良かった歯並びが悪化してしまうケースもあるのです。歯周病は、年齢が高い人ほどかかっている割合が高い病気の1つで、日本の高齢者の多くが歯が抜けていく原因とされているのです。歯周病はかかってしまうと、顎や歯茎などの骨の部分を徐々に溶かしてしまいます。その為、顎や歯茎の軟弱化を招いてしまうのです。

良い食事にも繋がる

歯医者の中でも矯正を専門的に行っているのが、矯正歯科です。矯正歯科では、色んな方法の中からその人にあった矯正方法で治療を行なってくれます。またより正確な矯正を矯正歯科で行う為に、歯や顎の骨格を正確に判断する為の機器も最新の物を揃えています。

歯の矯正が必要になる原因には、色んな事が考えられます。顎の大きさや顎の形、また顔全体の骨格なども歯並びが悪くなる原因の1つです。まずはこれを正確に判断する事で、今後の矯正治療を患者に合った物にする事が出来るのです。これらが原因で歯並びが悪いと、身体には様々な悪影響を及ぼします。その中でもやはり噛み合わせが悪い場合には、まず食事に悪影響を及ぼします。人間の身体は、口や胃などで段階的に消化していく事で、食べ物からエネルギーを得る事が出来ています。その中でも口は食べ物を身体に入れる際に最初に通る器官です。その為、出来るだけ食べ物を身体に刺激の弱い状態にする必要性があります。

食べ物は口に入れた際の大きさで飲み込むのではなく、出来るだけ細かく噛み砕かなければいけません。ここで充分に噛み砕く事が出来なければ、胃や腸と言った消化器官に負担をかけてしまう事になるのです。その結果、消化不良を起こしたり体調悪化を招いてしまう事もあるのです。噛み合わせの悪い歯では、充分な咀嚼を行うのは難しいと言えるのです。その為、矯正歯科治療を行なってもらう必要があります。

消化にも関係する

大きな歯を修理している写真

口は、人間が生きていく為に必要な食事を行う器官です。また、喋るという文化的に重要な事も口がなければ行う事が出来ません。つまり口は、生物的にも文化的にも重要な役割を担っているのです。また口の機能で重要な歯についても同様の事が言えます。歯が口の中になければ、食事の際に必要な咀嚼を行う事が出来ません。その為、胃腸等の器官でも充分にエネルギーの吸収や食べ物の消化を行う事が出来なくなってしまいます。また言葉を喋る際にも歯は重要です。歯がなければ、子音の発音が難しくなるので満足に意志を伝える事が出来なくなるのです。この歯を守ってくれるのが、歯医者です。

歯医者では、歯をいつまでも健康的な状態にしておけるように治療を行ってくれます。また歯医者と一口に言っても最近では、審美歯科や矯正歯科など専門性の高い歯医者もあります。矯正歯科は、歯並びが良好でない場合の矯正を専門的に行なってくれます。矯正を行う場合には、矯正を得意としている歯医者で行なってもらうという選択肢が出来たのです。

また歯科は、年々発展しており矯正歯科等の専門性の高い歯科が現れただけでなく、治療法にも新しい技術が追加されています。その1つがインプラントです。インプラントとは、半永久的に使える人工歯の事です。インプラントは、入れ歯と違って本物の歯に近い感覚で使う事が可能です。その為、50~60代で歯を失った人の中には、インプラント治療を選択している人が多数いるのです。

人工の歯を取り付ける

歯周病で歯が抜けてしまうと、今まで並んでいた歯のバランスが崩れてしまい、歯並びが悪化してしまう事もあります。その為、歯が抜けた場合は放置せずに、歯医者にて、入れ歯やインプラント等で代わりの歯を用意してあげる必要があります。

歯が抜けた際には、大きくわけて3つの歯医者で受けることができる治療方法があります。まず1つ目が、入れ歯です。これは比較的安価に出来る治療法の1つです。しかし装着による違和感が大きく、今まで通りの咀嚼を行うのは難しいと言えます。2つ目がブリッジです。これは両隣の歯に支えてもらう事で固定されやすいので、違和感は比較的少ないと言えます。ただし両隣の歯にブリッジを装着するには、ある程度歯の形を調える必要があります。その為、健康な両隣の歯を削らなければいけない事もあるのです。また装着時は常に両隣の歯に負担がかかってしまうので、結果的に両隣の歯を痛めつけてしまう事が多いのです。3つ目が、インプラント治療です。これは比較的新しい治療方法の1つで、上記の2つよりも違和感が少ない点が魅力と言えます。

またインプラント治療は、他の歯に負担をかける事なく、違和感を拭い去る事が出来るのです。その結果、本物の歯と同じような感覚で使う事が出来ます。ただし歯医者で行なえるインプラント治療は費用がかかりやすい点に注意が必要です。このように、歯は抜けた後にも治療を行う事が出来ます。まずは歯医者に相談する事が大切だと言えるのです。

Pick Up