失った歯の代わりに

近年注目されている歯科治療のひとつに、インプラント治療があります。本来、永久歯を失うと入れ歯やブリッジといった、歯の代わりとなるものを装着する方法が一般的でした。インプラント治療は、あご骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯をかぶせる方法です。

入れ歯やブリッジは、噛み合わせがうまくいかなかったり、他の歯を支えにしたりすることが必要なため、健康な歯を傷つけるリスクがありますが、インプラントの場合は健康な歯を傷つける必要がなく、しっかりとした噛み心地が得られるところがメリットです。 治療法が認知されてきており、症例と実績が豊富な医師、治療院が増えてきていることから、今後もインプラントは注目される治療法といえます。

インプラント治療は、天然歯のような噛み心地が得られるというのが最大のメリットといえますが、外科的治療になるため、治療が長期間になり、保険適用外で高額費用がかかるということがデメリットといえます。

しかしながら、最近では経験、実績豊富な歯科医院が増え、治療場所や治療方法によっては、数か月程度の短期間で終了できる方法や人工歯根の素材、種類によっては費用を大幅に抑えられる歯科医院もあります。これは、歯科医の実績と技術力が伴うものなので、症例や経験豊富な、信頼できる医師を見つけることが大切です。口腔内の状態はひとりひとり異なります。インプラント治療で悩みが解決できるのか、自分に合った治療法を提案してくれる場所を選びましょう。

 

ニーズに合った場所

子供の生活というのは基本的に不摂生になりがちです。その結果、歯磨きを怠り虫歯になることがあります。怠っていなくても、歯磨きの方法が間違っている場合も有るでしょう。この場合に歯科へ通うことになるでしょう。歯科は子供にとっては恐怖の対象となります。あのドリルで歯を削る音を聞くと大抵の子供は泣くものです。自分の体を削られるわけですからその恐怖は凄まじいものなのです。

この子供の恐怖心を和らげるために歯科も対策を練っています。受付に人形や絵本を置いたり、かわいいポスターが貼ってあるのを見たことがあるでしょう。こういった対策を施してもらうことで子供は多少恐怖心が和らぐのです。もちろん母親として診療に付き添いながら子供のサポートをするのも忘れてはなりません。

三田市には多くの歯科が存在します。歯科というのは人にとって必要な病院なので、ある程度大きな三田市のような土地には歯科の数も多くなるのです。三田市に住むのであれば各歯医者の特徴を調べると良いでしょう。

中には社会人のために夜まで開業しているところもあり、一方では子供に力を入れているところも見つかるでしょう。こういった歯医者というのもそれぞれのニーズのもと三田市で営業をしているのです。ニーズに合った歯医者を選ぶことは重要です。大人用のところに子供が行くと、そこには子供用のサポートをする必要が無いので無機的な印象を抱くでしょう。そうなると子供は泣きじゃくってしまいます。反対に子供の受け入れに力を入れている歯医者であれば、子供の心は落ち着くようになるでしょう。

 

口の中のエキスパート

口腔外科とは、虫歯や歯周病以外の口腔全体の病気を扱う診療科のことです。歯に関わる部分も多いことから、大阪でもほとんどは歯科医師が担当していますが、医師が行うこともできます。対象は埋伏歯、顎関節症、口内炎、良性腫瘍、顎嚢胞、粘液嚢胞、唾液線炎など多種多様です。

この中でポピュラーなのは埋伏歯です。永久歯が途中で止まって歯茎に完全に出てこないもので、他の歯に悪影響を与えたり、歯周病を起こすことがあります。横に倒れていたり顎骨と癒着している場合があるので、通常の歯科医では対処しきれず、口腔外科の出番となります。また舌ガンなどの悪性腫瘍も守備範囲ですが、転移などに対する措置が必要なため、大阪でも近隣の医師との連携を図っています。

将来の口腔外科に求められることは、まず機能性と審美性の回復です。例えば口腔内のガンは切除により欠損部分を発生させます。これは目立つ場合が少なくなく、生活の室が落ちてしまいます。また機能性も備われる場合があるので、可能な限り再建することが求められます。大阪でもライフワークとして取り組んでいる歯科医師がいます。

また口内環境を清潔に保つように措置したり、患者に指導することも必要です。口は常に外界に開いており、飲食や接触を通じて、さまざまな病原菌を取り込んでしまいます。例えば顎骨に病原菌の巣がある場合、血液を介して菌が拡散し、心臓や肺に病気を引き起こすケースが確認されています。常に口内を清潔に保つことで、リスクを下げることが可能です。大阪の口腔外科では、その指導も積極的に行われています。

 

歯科で人気がある治療法

歯の模型

歯が抜けたしまった場合の治療法というとどのような治療法を思い浮かべるでしょうか。多くの人は入れ歯を思い浮かべるかもしれません。保険診療では入れ歯が選択されることが多いのですが、自由診療の治療法も含めると最近ではインプラントを選択する人が増えてきています。

京都においても多くの歯科でインプラントを扱うようになっており、京都に住む一般の人でも利用する事が出来るようになっています。高額な治療法なため以前はセレブや芸能人が利用するイメージのあった治療法ですが、価格も下がってきている傾向にあり一般の人でも利用できる価格になってきています。

また見た目が重視される社会となり、お金をかけてでもきれいにしたいと考える人が増えたことも理由の一つです。

では京都でインプラントを行なう場合にどのような点に気をつけて歯科を選択すればいいのでしょうか。まずは情報公開がしっかりとしているかどうかです。

インプラント治療は歯科医師の技術や経験に結果が大きく左右される治療法です。症例数や認定医などの情報公開をきちんとしており、技術や経験がしっかりとしている歯科医師がいるところを選択することが大事です。また、費用の面も注意しなければなりません。インプラントは自由診療のため、歯科によって大きく値段が異なります。値段と治療内容が必ずしも比例するものではないため、治療内容と費用とをよく考慮し、適切な費用で治療をおこなっている歯科を探す必要があります。

京都は日本を代表する観光地です。海外の人たちとも多くであう場所だけにきれいな歯で清潔感がある状態でいたいものです。

Pick Up