効果を大きくする為に

インプラント治療

インプラント治療は噛み合わせを回復させるための治療として注目されています。しかしながら、その治療においてはあごの骨に人工の歯根を埋め込むための手術が必要となるので治療に必要な期間は長くなります。 インプラント治療を成功させるためにはいくつかの注意点があります。まず挙げられることは治療期間中、しっかりとブラッシングを行い、口の中を清潔に保つことです。口の中に汚れが溜まると歯周病の原因となる菌が繁殖して治療を終えてからトラブルの原因となることがあります。 また、喫煙する人はたばこをやめることが大事なこととなります。たばこを吸うと人工の歯根とあごの骨の結合に影響を与えるからです。また、免疫力が下がることから感染症にかかるリスクが高まります。

 

インプラント治療において治療を成功させるためにはやはり口の中の環境を整えることです。 口の中の環境を整えるためには丁寧なブラッシングが重要です。歯ブラシのみではどうしても取りきれない汚れがあり、それが歯周病の原因となる菌を繁殖させる要因となることから歯ブラシのみならずデンタルフロスや歯間ブラシを活用することが大事なことであると言えます。デンタルフロスや歯間ブラシは補助的清掃用具と呼ばれています。治療期間中のみならず、インプラント治療を終えてからも丁寧なブラッシングとこれらの補助的清掃用具を用いることで治療後に発生する可能性があるインプラント周囲炎の発症を防ぐことができる他、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。

 

歯科を探そう

虫歯は辛いものです。虫歯が急に痛くなり、その痛さのあまり夜も眠れなくなるということもよく聞く話です。虫歯ができるのは、歯磨き等のデンタルケアがしっかりできていないためで、磨き残しによってできた歯垢が虫歯の原因となると言われています。 歯垢とは、食べ物のカスとそれをエサにしている細菌の塊のことです。そして、細菌が増殖していくうちに産生される酸によって歯が溶かされてしまい、歯に穴が開いてしまうのです。 ですから、虫歯になったらすぐに歯科クリニックに行きましょう。かかりつけの歯科クリニックがないのであれば、早急に見つける必要があります。 せっかく歯科クリニックに行くのですから、評判の良い歯科クリニックに行きましょう。そして、歯科クリニックの評判はインターネットで調べることができます。

 

インターネットを使って、歯科クリニックの口コミ情報サイトにアクセスしてみましょう。口コミ情報サイトとは、全国にある歯科クリニックについての口コミ情報を掲載しているところです。ですから、最寄りの歯科クリニックの評判が分かるのです。 また、インプラント治療を考えているのであれば、インプラント治療に関する口コミ情報サイトにアクセスすると良いでしょう。 インプラント治療とは、ここ数年で認知度が上昇している画期的な治療法です。より自然の歯に近い治療結果が得られるため、とても人気が出てきた治療法なのです。しかし、どこでもできるという訳ではなく、ドクターの技術と経験が問われます。ですから、通常以上に歯科クリニックを選びぬく努力が必要なのです。

 

移植の方法

インプラント治療は、顎の骨に穴を開けて器具を入れ、その器具に義歯を取り付けるという治療です。しかし顎の骨に十分な厚さや深さがない場合には、穴を開けることができなかったり、器具をうまく定着させることができなかったりします。 そのような場合には、インプラント治療の前にまずは骨移植の手術を受ける必要があります。自身の下顎などから骨を採取して、移植するのです。骨移植といっても、採取した骨を塊の状態で移植するのではなく、粉末状にして骨補填材を加えた上で、移植します。粉末状なので、なだらかな形になるようまんべんなく移植することができますし、移植後にはスムーズに同化していきます。 骨移植により顎の骨が厚くなれば、インプラント治療は可能になります。

 

骨移植には、骨の採取のための手術と、移植のための手術とが必要です。そして4ヶ月ほど経過すると、移植した骨が同化するので、その後に今度はインプラント治療を受けることになります。手術を3度も受けることになるので、通常のインプラント治療と比べると、体への負担はやや多いと言えます。 そのため昨今では、人工骨の移植もおこなわれるようになってきています。人工骨は自分の骨ではないため、同化するまでの期間が多少多めにかかります。具体的には、6ヶ月ほどかかることになります。しかしそれでも自身の骨を採取する手術を受けなくて済む分、体にかかる負担は少ないです。さらに、移植の成功率が高いことからも、人工骨の移植を希望する人は多くいます。

 

後のケアも重要

インプラントが治療方法として確立されたのはここ数十年のことです。ここ数十年の間にその治療技術は格段に進歩しているといえます。インプラントといっても複数の治療方法があったり製品もたくさんのメーカーから販売されているのです。しかし治療方法として認知されつつあるインプラントですが、患者にはもちろん歯科医の中にも正しい知識を持った人がまだまだ少ないのです。インプラント治療は長い治療期間がかかりますが、この治療が終わればその後は何もしなくてもよいと飛びつく人も多いのです。もちろんこれは間違いで治療後もメンテナンスを行わなければインプラントの喪失だけでなく健康な歯へも被害が及んでしまうこともあるのです。正しい知識を持ちインプラント治療を受ける必要があるのです。そうしなければ高いお金を払って受けた治療も数年でなかったものになってしまうかもしれません。

 

インプラントの製品自体は多くのメーカーから登場しているように日々より良いものとなっているのです。治療を行う上でより良い製品を使用することは大切なことです。しかしどんなに良い製品を使用してもどうしても感染症や周囲炎などのリスクはあるのです。今後はインプラント自体というよりもこうした感染症などのリスク低減や再生させるという分野により注目が集まりこういった技術開発が進んでいく傾向にあります。 技術が進歩することで治療の幅、メンテナンスの軽減など患者にはメリットのあることですが歯を失わないためにも形成した人工義歯を維持するためにも口腔環境を清潔に保つための努力を行うことが大切です。もちろん失ってしまった場合どのように再生させるかも重要ですが、天然歯を保つためのケアを怠らないことも重要なのです。

Pick Up