この記事のコンテンツ

画期的な治療法

歯を喪失すると、その歯の代わりになる人工的に造った歯を取り付けることになります。今まで行われてきた治療法の中で、ブリッジというものがありましたが、この治療法は、失くしてしまった歯の周りにある健康な歯を削って義歯を取り付けるのですが、これではせっかくの健康な歯まで悪影響を及ぼすことになります。 さらには、隙間ができやすく、歯垢が溜まって虫歯や歯周病の原因にもなり兼ねません。ブリッジの他にも、部分入れ歯がありますが、こちらは固定金具が見えてしまい、見た目はあまり良いとは言えません。

そこで、これらの欠点を補うために生まれた治療法がインプラントなのです。それでは、インプラントを用いた治療法とはどのようなものなのか解説していきます。

インプラントでは、歯槽骨に直接人工歯根を埋め込みます。ですから、周囲の歯に対する影響はほとんどないと言えるのです。また、骨との癒合性が高いチタンを使いますから、人工歯根がしっかりと固定されるのです。 ですから、インプラントは安定感があり、通常の歯と同様に食べ物を選ぶ必要がありません。また、上部構造にセラミックスでできた人工歯を用いますから、とても自然な仕上がりになるのです。

ただし注意したいのは、インプラントは施術する場所で難易度が異なるということです。例えば、前歯では歯槽骨が薄いために、人工歯根の埋設が難しくなってくるのです。また、上顎臼歯でも上顎洞があるために、骨の厚さが確保できないケースが多くなります。 ですから、卓越した治療技術を持った歯科医師に治療してもらう必要があるのです。

医療控除を受ける

インプラント

インプラント治療は保険が適用されない保険外治療のため、治療費は患者が全額負担する必要があります。インプラント治療にかかる費用は、平均で30〜40万円ほどといわれており、患者さんの歯の状態によって治療費が異なってきます。治療費の高いインプラント治療ですが、医療費控除制度を利用すれば、ある程度負担を抑えることができます。

医療費控除制度とは、1年間のうちに支払った医療費が10万円を超える場合に、税金が還付される制度のことで、インプラント治療も医療費控除の対象となります。インプラント治療を受けたときは、領収書などをきちんと保管しておくようにしましょう。確定申告の時期に申請することによって、医療費控除を受けることができます。

これまで失った歯を復元させる方法としては、入れ歯が一般的でした。入れ歯は失った歯の部分に義歯をはめ込んでバネで固定するだけなので、装着が簡単で普及が進んでいました。しかし、周囲の歯に虫歯ができやすかったり、アゴの骨がやせやすいなどの欠点もあり、利用面では必ずしも便利とはいえない部分もありました。

そこで新たに登場したのが、インプラント治療です。インプラント治療は、人工の歯を歯が失われた部分に埋め込んで固定する治療法で、失われた歯を取り戻す画期的な治療方法として注目されています。インプラント治療は最初の治療に手間と時間がかかりますが、一度つけてしまえば天然の歯のように自然に使うことができるメリットがあります。

Pick Up