話題のホワイトニング

 

芸能人は歯が命、なんてフレーズが流行りましたが、一般人でも歯が綺麗なら笑顔も素敵に見えますよね。 せっかく肌やメイクが綺麗でも、笑った時に見える歯が黄ばんでいたり、ヤニだらけだったら、少し残念だと思いませんか。 美容院に行くような感覚で、歯を綺麗にした方が、人からの印象も良くなります。 接客業のお仕事の方は、歯が白い方が自信を持てますよね。 歯科医院で、歯を白くすることができます。 自宅で行えるホームホワイトニングや、歯科で行うオフィスホワイトニングなど、どんな方法で白くするのかを選ぶことができます。 値段の相場は、数万円程かかりますが、歯が白くなれば笑顔に自信が持てるようになり、人と会うことも楽しくなれます。

 

自宅で行う時は、まず歯科で自分の歯の専用のマウスピースを作ってもらい、そこに薬剤を付けて、2時間程自分の歯に装着します。 これを毎日行うことで、少しずつ歯が白くなっていきます。 最低でも、1か月は続けることで目に見える効果があります。 歯科医院での、オフィスホワイトニングは、歯科で受けることができます。 歯に薬剤を付け、特殊な光を当てることで、歯を白くします。 回数は、3回程行うと効果が見えてきます。 ホワイトニングの治療をしている時は、色がつかないように飲み物や食べ物には気を付けなければいけません。 コーヒーや紅茶、濃い緑茶や赤ワインなどは、決して飲まないように心がけることが大切です。 白い歯になれば、人前で笑顔になることに自信を持てるようになります。

 

インプラントの治療費

紙幣を噛んでいる歯

インプラントの治療費についての相場は現在30〜50万円くらいです。 自由診療になるので歯科医院によって値段を自由に設定することができるため、医院の滅菌環境や設備、使用するインプラントの器具、などで料金が変わってきます。 この値段は相場ですので、これよりも安い価格でインプラント治療を提供してるところもあります。けれども、相場に比べて非常に安価のところはしっかりとした環境が整っていなかったり保証がついていない場合もあり、不安要素が多くて安心することができません。 高額かつリスクが伴うインプラント治療なので、価格だけで決めるのではなく信頼できる歯科医院を見つけ、説明を十分に受けて安心して治療を進めることが大切です。

 

インプラントの一番の特徴は自分の歯と同じように噛んで食事をすることができる点です。これは、歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に人口の歯を取り付けることで可能となります。入れ歯ですと違和感が強かったり、外れやすくて安心してお食事ができない場合もあります。インプラントはこの悩みを解決することができるのです。 もう一つの特徴は周りの歯に負担をかけることがなく治療ができることです。 歯を抜いた後の治療法としては。入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つが主な治療法ですが入れ歯はバネをかける歯に負担がかかりその歯の寿命を短くする恐れがあります。ブリッジは両隣の歯を削り全部で三本の差し歯にしなくてはなりません。 しかし、インプラントは抜いた部分だけの治療になるので周りの歯も傷つけることなく安心です。

 

矯正治療の特徴

女性医師

あなたが矯正歯科治療を受ける歯科医院はどういった歯科医院でしょうか。一般歯科治療を含めた総合的に治療を行う歯科医院、もしくは矯正歯科治療専門の歯科医院でしょうか。選ぶべきは後者でありますが、あまりにも自宅から遠く通院の度に負担を感じる場合は必ずしもおすすめしません。 矯正歯科治療は歯科医師の腕が非常に重要となります。それはどの治療に関しても言えることですが、矯正歯科治療に関しては矯正装置が良ければ治療が上手くいくものだと勘違いされている方が多いです。もちろん矯正装置の質は治療内容を大きく左右しますが、それを取り扱うのは歯科医師であることを忘れてはいけません。 歯科医師が矯正治療に長けているだけで、患者側としては安心して治療を任せられます。技術面、精神面からみても有利に働くことは間違いないというですね。

 

歯列矯正で人気のある治療法は審美的に優れた矯正法です。具体的な治療法としては歯の裏側にワイヤーとブラケットを装着して見えにくくするリンガルブラケット、上歯だけを裏側装着することでコスト削減効果が期待できるハーフリンガルブラケット、可撤式で審美的にも優れているマウスピース矯正があります。 このような治療方法は通常の治療法とは違い、コストが高くなりやすい反面どのライフスタイルにも合わせられる柔軟性があります。治療期間中は矯正装置を装着し続けることになるわけですから、見た目に気を遣いたいと考える方が多いのも頷ける話です。そのような方は審美的に治療法を選択することで、治療を途中で断念することなく治療を継続することが可能となるわけです。

 

歯を白くする対処法

 

笑った時やおしゃべりをしている時相手の口元に目が行ってしまうことが多々あります。綺麗な歯をしている人を見ると、どんな手入れをしているのだろうと思って見てしまうので自分もきれいにしたいと思っているのですが普通の歯磨き粉ではなかなか白い歯を保つことができません。そこで歯を白くする歯磨き粉を試してみました。何種類か試してみましたが色落ちがいいなと思ったものは、たばこのヤニを落とす効能のあるものでした。柔らかい歯ブラシで1日3回食後にきちんと磨いて磨き終わった後歯間ブラシでこすって仕上げます。歯垢を残さないようにすることが大切ではないかと思います。普通の歯磨き粉より歯を白くする歯磨き粉を使った方が綺麗に仕上がる感じがあります。

 

あまりごしごし磨いてしまうと歯の表面のエナメル質がはがれてしまいかえって歯が黄色く変色してしまいます。私はコーヒーや紅茶が好きでよく飲むのですが、友人は白湯を飲んでいると聞きました。確かにお茶は歯の黄ばみが増してしまいそうですが大好きなコーヒーはやめられません。そこでコーヒーを飲んだ後に軽く歯を白くする歯磨き粉で磨いておきます。もちろん柔らかい歯ブラシで磨きます。私は以前は硬めの歯ブラシで磨いていましたので歯の根元が削れてしまい、食べたものがしみるようになり歯医者に通う羽目になってしまいました。今は縦に柔らかい歯ブラシで磨いています。歯を白くする歯磨き粉を使うようになってから人前で笑うことに自信がついて毎日が前より楽しく過ごせるようになった、そんな気がしています。

Pick Up