出てくるトラブル

ご立腹の女性

「今日は歯磨きしなくてもいいかな」「眠いし明日歯磨きしよう」と、歯のケアを怠ってしまう人がいます。しかし、歯のケアを怠ってしまうと、口の中で色々なトラブルが引き起こされてしまう原因となります。一体、どのようなトラブルが出てくるのでしょう。

歯のケアを怠ってしまうと、歯と歯の隙間や歯垢プラートの部分に歯垢が溜まってしまいます。歯垢が溜まり続けてしまうと菌が増殖してしまい、その症状は口臭となってあらわれてしまいます。歯垢は、柔らかい状態であれば歯磨きをすることで取り除くことができるのですが、固くなってしまうと歯磨きの力だけで取り除くのは難しいです。固くなってしまった場合は、歯科に行って取り除いてもらうしかありません。

歯のケアを怠ってしまうと、歯垢がどんどん溜まっていきます。すると、歯垢にたくさんの最近が繁殖してしまい、どんどん歯ぐきにダメージを与えていきます。状態が悪化してしまうと歯を支える力が弱くなってしまい、歯が抜けていってしまいます。歯が抜けてしまうとそこから歯は生えないので、歯ぐきに異変が起きていることに気付いたら、すぐ歯科に通うようにしましょう。

この他にも、歯のケアを怠ってしまったことで、たくさんのトラブルが出てくることがあります。なので、歯のケアをちゃんとすることが大事なのですが、「どのようにケアをすればいいのか分からない」という人が中にはいるでしょう。実は、歯科に行くことで、正しい歯のケアの仕方を教えてくれます。上記の症状を引き起こしたくないのであれば、歯科に行って歯の正しいケアの仕方を教えてもらい、口内を清潔に保ちましょう。

得られるメリット

喜びを体で表現する女性

オーラルケアは大切です。口というのはとかく病魔にかかりやすいもの、特に歯がそうで虫歯や歯周病などなじみがありすぎるほどです。そしてもうひとつ生活している中で絶対的に気になること、口臭の問題があります。虫歯や歯周病は自分自身が苦しむものですが、口臭は他者にも影響を与えますし、自信に対する評価がマイナスになることもあるのです。そもそも口臭の原因はどういうものがあるのか、ひとつは食べかすやにおいの強いものを食べた後、これらは比較的簡単に取り除くことができます。問題はもうひとつで、内臓疾患から起こるもので、こちらに関してはどれだけ歯ブラシでブラッシングしても、うがいをしてもどうすることもできないのです。

ではどうすればいいのかといえば、歯科医に行って診察してもらい治療するしかないというのが答えです。内臓に関しては自分自身での治療は無理ですし、放置しておけば口臭だけではなく命に係わることもあるかもしれないのです。

この場合、口臭という分かりやすいサインが出てくれたことにむしろ感謝した方がいいかもしれなく、とにかく病院に行って診てもらうのが何よりも必要なことになります。自己判断は意味はないです、まずは自分の状態を知らなければいけないのです。また無事に治ったとしても、一度内臓に異常が出た場合、再び口臭に悩まされることがあるかもしれないです。そのために日頃から予防をして、なるべく健全な状態を保つようにするのがベストです。

どこに行けばいいか

自分では気が付きにくいニオイの一つに、「口臭」があります。この口臭の原因の9割が歯や歯肉に問題があるためともされています。虫歯は、虫歯菌により歯に穴があいている状態のことをさいます。この部分に食べ物のカスなどがつまることにより、細菌が繁殖しやすくなりますし、汚れも溜まりやすいため歯石などが出来やすくなります。この細菌の繁殖や歯石などの汚れが口臭の原因となります。虫歯が進行し、神経組織がダメージを受けた状態となると、腐敗臭などの悪臭となる可能性もあります。口臭を感じるという場合には、虫歯が原因である可能性もありますので、しっかりと治療を行うようにしましょう。また、治療後の定期的なメンテナンスも大切です。

口臭を予防するための製品として、ガムや飴、うがい液などがあります。これらの製品を使用することにより、一時的にニオイを和らげることは可能になりますが、根本的な治療は行っていないので、すぐに元に戻ってしまいます。虫歯などの口腔内の病気を予防するためには、歯磨きが重要になります。

特に重要なのが、寝る前の歯磨きです。就寝時は唾液の分泌量が少なくなり、細菌が繁殖しやすい状態となりますので、歯並びに応じて一本一本をしっかりと磨くようにしましょう。ただし、強くこすってしまうと、歯や歯肉にダメージを与える可能性がありますので、力を入れずに優しく磨くようにします。必要に応じて歯間ブラシなどを使用することにより、効率よく汚れを除去することが出来ます。

利用する場所

口臭というのは誰にでもあるものです。この口臭は歯科医院で治療が可能です。大きな病院の口臭外来も歯周病専門のドクターが担当していることが多く、まずは初診において臭いがあるかどうかをチェックするところからはじめることになるのです。そしてそれが通常の口臭の範囲を超えていないかどうかを判定するとともにその原因が内臓の疾患からくるものなのか歯周病から来るものなのかを判定することとなります。歯科医院ではそこまできちんと対応してくれることになりますので、安心して受診することができるのです。もちろん内臓疾患が原因の場合は専門医を紹介してもらうことになりますが、歯周病は歯科医院でも治療が可能となっているのです。

口臭には沢山の原因と種類が存在していあす。口臭の度合いや唾液の検査をすることにより口の中を調べたり尿検査などで内科的な要因を探ることになります。

最近ではこうした検査に対応した高機能な機器も導入されるようになっています。歯周病が口臭の原因となれば、まずは歯周病を治療するところからはじめることになります。最近ではレーザーを使って、無痛で歯を抜かない治療もはじまっており、想像している以上に早く歯周病を完治させることができるのです。ですからまず歯科医院に早期に相談してみることが解決のもっとも早い方法となります。自分ではなかなか気がつかないのが口臭ですが、周囲の人たちが注意をしてあげることで早期に解決させることができるようになるのです。

 

Pick Up