外科手術と歯科治療

ドクターの画像

インプラント治療には外科手術が不可欠です。インプラント体と呼ばれる金属を歯の顎骨に埋め込む必要があるからです。外科手術というと痛みや恐怖感を連想される方も多いのですが、より快適に利用する方法もあります。 近年、歯科治療全体として、患者の痛みや不安感を取り除く治療が採られています。

インプラント治療においても例外ではなく、痛みに対する恐怖心の強い方には歯科専門の麻酔科医による麻酔を採用したり、切開を最低限に抑える術式を採用するクリニックがあるのです。こうした専門的な対応はクリニックや医師の方針によって異なります。恐怖心や不安感の強い方はまずは医師に相談してみることからはじめましょう。良心的で信頼できる医師であれば、先述した方法以外でも解決策を講じてくれるものです。

インプラント治療を受ける際は、クリニックの方針や医師の技量ももちろん重要ですが、患者としては治療にかかる費用が最も気になる点でもあります。インプラントは健康保険が適用されません。自由診療となるため、治療費は全額自己負担となります。術前の検査なども含めた総合的な費用で見ると、平均でも35〜45万円程度はかかります。

術前に歯周病の治療が必要であったり、顎骨の精密検査が必要になる場合はその分費用が加算されます。また、インプラント体や義歯のタイプによっても費用は変動します。 近年では数万円程度でインプラント治療を行う格安クリニックも増えています。安いことが必ずしも悪いというわけではありませんが、中には術後の保証が不十分であるところもあります。そのため、費用だけでなく総合的に判断し、信頼できる医師を選ぶのが賢明です。

専門家に任せる

矯正歯科治療を利用するためには矯正治療を受け付けている歯科医院を探しましょう。現代では大半の歯科医院で矯正治療を受け付けていることから、かかりつけの歯科医院でも治療を受けることは十分に可能だと言われています。

ただし、矯正治療は医師の腕が治療内容に大きく影響します。なので、決して矯正装置だけで治療内容が決まってしまうのではないということを覚えておく必要があります。 良質な矯正歯科治療を受けたいということであれば、まずは矯正治療を担当される医師が治療に精通しているということが絶対条件となります。

見分け方として、日本矯正歯科学会の認定医の資格を所持しているか否かである程度までふるいにかけることは可能です。もちろん、矯正治療の知識や経験がなければ有することができない資格ですから参考にするには十分効果的だと思われます。

矯正歯科治療の普及率は、不正咬合に対する考え方が変化してから高くなったように感じます。不正咬合とはかみ合わせが悪い状態のことを指しており、外観以外では身体的にも悪影響があるとも言われています。頭痛や腰痛、神経痛などにも関わることから、矯正治療はは見た目だけの治療でないことがわかると思います。 また、矯正治療は今やどの歯科医院に行っても治療を受けることが可能となりました。

矯正装置に差はあれど、昔と比べて治療が手軽に受けられるようになったことは普及率に大きく影響しているものと思われます。治療期間中であっても通院する必要があるので、近くの歯科医院であれば通院も容易になるということです。 矯正治療はこれからも普及し、発展していくものと思われます。

費用と内容

近年、インプラント治療を利用する方が増えています。最近では街中の歯科医院でもインプラント治療に対応するクリニックは増えていて、インプラント治療そのものが利用しやすくなっているの理由の一つです。インプラント治療が普及するにつれて、治療費用にも変化が起きています。患者獲得のために、費用を下げるクリニックが増えているのです。そのため、クリニック間の費用格差が大きくなっています。

確かに安いことは大きなメリットでもありますが、安すぎるというクリニックには注意も必要です。中には術後のアフターケアが不十分であったり、義歯が取れてしまうといった不具合報告もあります。価格だけでみるのではなく、医師の技量やクリニックそのものなど、総合的に判断することが重要です。

インプラント治療は、古くはローマの遺跡にもその治療痕が発見されているというほど、歴史の深い治療法です。現在のかたちによる治療法が研究され始めたのが1960年代で、1980年代には世界的にもその成果が認められ、日本で最初のインプラント手術が行われたのもそれと同時期の出来事でした。

このようにみると、実は歴史ある治療法であるのですが、日本では急速に普及したという特殊な背景があります。そのため、インプラント治療を行うクリニック・歯科医師でも実はまだあまり実績がなく、症例数も少ないというケースも少なくはないのです。そのため、クリニックを選ぶ際は、医師の経歴に着目することをお勧めします。中にはこれまでの症例数などの記載がある場合があるからです。

歯を取り戻す

歯を失ってしまった場合は、これまでであれば入れ歯をするのが一般的であったのですが、そこに近年失った歯の治療として人気があるのがインプラントです。では、入れ歯とどう違うのかとなると、口の中にはめこめるように作ったのが入れ歯です。取り外しも簡単にできるのでメンテナンスも簡単です。基本的には保険適用されるのですが、高性能なものとなると保険外のものもあります。

その入れ歯もこれまでは、はずれやすいし痛い、噛めないといったイメージがあったのですが技術の発達でこれまでよりも改善はされてはきています。そこで注目を集めているインプラントです。入れ歯に代わる画期的なものですが、入れ歯と比べると安全面では不安があります。

最近ではインプラントが人気の治療となっています。入れ歯と比べると噛み合わせの強度もあり、見た目も自然の歯とそれほど変わらず、治療に際して他の歯を削ることはしませんので健康な歯はそのまま残すことができます。しかし、1本あたりの値段も高く定期的にメンテナンスも必要になります。入れ歯の場合は、治療中に事故が起こるケースは少なく起きたとしても影響は大きくないのですが、インプラントの場合は深刻な健康被害がでることもあります。

インプラント装着が完了したらそれで終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ってしまうとあごの骨が壊れたり、感染症を引き起こすなどして他の歯も抜けてしまうなどのリスクもあります。

Pick Up