ホワイトニング治療について

日頃きちんと歯磨きをしているという方でも、歯の着色を防ぐのは難しいものです。特に喫煙者の方やコーヒーや紅茶のような飲料を多く摂取する方は、歯が着色しやすい嗜好品を口に入れているということになります。こうして着色した歯を白くするには、歯科医院でホワイトニングを受けるという方法があります。歯科医院でホワイトニングを受ける場合、専用の薬剤を使用し、レーザーなどを照射して白くする方法が一般的です。市販されているホワイトニング剤よりも濃度の高いものを使用しているため、短期間で歯を白くすることができるのが大きな特徴です。より快適にホワイトニングを受けるには、歯科医院選びにもポイントがあります。歯の状態や希望する白さにあわせて対応してくれる歯科医院を選ぶ必要があるからです。まずはカウンセリングにおける医師やスタッフの対応を見ることが重要です。

歯科医院で受ける際の費用について

歯科医院でホワイトニングを受ける場合、20000円から50000円が費用相場です。歯の美しさを追求するための診療科である審美歯科では、相場価格の中でも高い傾向にあります。ホワイトニングは一般的な歯科医院でも利用可能な施術ですので、もちろん審美歯科以外のクリニックでも可能です。また、最近では低価格でホワイトニングを行うクリニックも増えています。安かろう悪かろうというわけではありあませんが、安さだけでクリニックを決めてしまうのは少々危険です。同じような施術を行っているように見えても、実は施術時間が短い場合や、そのせいで思うような効果を得られないという場合もあります。重要なのは、費用に対して望むような結果が得られるかどうかですので、自分の目で見極める必要もあるのです。

歯科医院でできる二つの方法

歯科医院で受けるホワイトニングには二つの種類があります。まず、歯科医院におけるホワイトニングでは専用の薬剤を塗り、レーザーなどを照射して歯を白くします。この方法の場合、20000〜50000円程度が平均的な費用となっています。歯の状態や着色の度合いに合わせ、医師によって患者ごとに策定されたプランに従い施術が行われます。もう一つの方法が、歯科医院でマウスピースを作成し、ホワイトニングそのものは自宅で行うという方法です。マウスピースの種類によっても費用は異なりますが、20000円程度が平均的な費用相場です。作成したマウスピースに購入した薬剤を塗り、毎日自宅で装着するアメリカでは主流となっているホームケア方法です。

それぞれの方法の特徴とは

歯科医院を介したホワイトニングを2種類ご紹介しましたが、どちらの方法にもメリットがあります。歯科医院で施術を受けるオフィスホワイトニングの一番のメリットは、短期間で白い歯を手に入れることができるという点です。数回の通院で施術は完了しますし、最初のカウンセリングでいつまでに完了するのか目安が立つのも大きなメリットです。就職面接を控えた方や結婚式を控えた方など、特定の期限がある方でも安心して利用できます。マウスピースを作成し、自宅で行うホームホワイトニングの場合、比較的安い費用で歯を白くすることができるほか、通院の手間を減らせるといったメリットもあります。自宅で読書をしながら、家事をしながらなど、空いた時間を活用できるのもホームホワイトニングのよいところです。

 

Pick Up