快適に行うために

 

歯を白くする方法として代表的にあるのが、ホワイトニングです。ホワイトニングをする事によって、多少変色している歯も白くする事が可能なことから、人気があります。 そこで、快適にホワイトニングをしていくためには、歯科医院に行って、専門の先生に行ってもらうようにします。 インターネットなどでもホワイトニング商品は販売されています。ただ、ホワイトニング商品を購入して、ホワイトニングを行っていく場合は、自分で歯を白くする方法になってきますので、うまく出来ない可能性もあります。 しかし、歯科医院など専門の施設でホワイトニングしてもらう事によって、うまくできる可能性が高く、歯を白くする方法としては、快適に利用する事が可能なのです。

ホワイトニング方法

 

歯を白くする方法としてホワイトニングがありますけど、ホワイトニングをしていく方法としては、市販でホワイトニング商品を購入して、自宅で自分でホワイトニングしていく方法と、歯科医院などでホワイトニングしてもらう方法があります。 市販で行っていく時には、費用の方は商品の購入代金だけになりますので、費用の方は安く済みます。 まずは、ホワイトニング商品を販売している所を探す必要があります。 次に、歯科医院で行う場合ですけど、多くの歯科医院ではホワイトニング治療を行う事が出来ます。 ですので、歯科医院を探す事がまず行っていく事です。歯科医院でホワイトニングを行う時には、治療費が必要になってきます。また、初めて行く歯科医院の場合は、初診料なども必要になってくることもあります。

歯の着色原因

黄色の歯と白い歯イメージ

歯が白いことは他人に良い印象を与えます。就職や転職活動中の学生にとっては第一印象は大切なので、歯を白くすることも必要です。これは結婚相手を探している婚活中の男女にも同じことが言えます。歯が黄ばむ理由としてはコーヒーや緑茶を飲む機会が多いことや喫煙が原因で本来白い歯に色がつくことが原因となっています。歯を磨いていてもこれらの黄ばみを落とすことはむずかしいものがあります。一番効果のある歯を白くする方法は歯医者でクリーニングをしてもらうことです。歯の表面の着色分を専用の機械で落としてもらえます。保険がききますので費用としては3000円程度で済みます。但しタバコのヤニによる着色分は1度の治療では落ちないので、何度か行う必要があります。

自宅で出来ること

 

自宅で歯を白くする方法としては、美白用の歯磨き粉を使用することです。いくつかドラッグストアで売られていますので、自身に合うものを使用されると良いです。しかし個人により美白効果に差があり、継続的に行わないとならない歯を白くする方法であるため効果がみえにくい点があります。重曹を使って歯を磨くことも、歯を白くする方法として知られています。低コストで大きな効果が期待できますが、重曹は研磨力が強いため磨きすぎると歯を削ってしまうため注意が必要です。まずは歯に色素が着色しないようにすることが一番の歯を白くする方法になりますので、そのためには普段歯を磨いた後にフッ素でうがいをすることにより歯をコーティングすることができます。

Pick Up