白い歯を提供する

 

歯が欠けたり失ったりした場合、銀歯をつめる治療が一般的です。しかし、それだと見た目があまり良くありません。特に前歯だと笑った際に白い歯の中で銀歯だけが目立ってしまうため、コンプレックスを感じてしまう人もいます。また、一見、見えづらい奥歯でも口を開けた際や子どもの目線からは銀歯が目立ってしまいます。そこで適切なのが、千葉市にある歯科が行なっている審美歯科です。千葉市には数多くの歯科が存在しますが、その中でも審美歯科に力を入れているところが多くあり、見た目の改善を図ることができます。通常なら銀歯でかぶせるところを、白いセラミック加工が施された義歯でかぶせてくれます。周りの歯の色にあわせて作成してくれるので、笑顔が自然になりコンプレックスを解消することができます。審美歯科は保険の適用がきかない場合が多いので、比較的高い治療費が発生しますが、千葉市にある歯科なら安い費用で治療を受けることができます。

自然な歯に近い義歯

 

千葉市にある歯科は、高い技術力をもった医師が多くいるので、自然な歯に近い義歯をつくってくれます。他の審美歯科では満足できなかったという人や、見た目に違和感を覚えた人、つけ心地が悪く外れてしまったという人にも適しています。また、使用するセラミックの性質も優れたものを使用しているため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。白いセラミックを使用していても土台は金属を使用する歯科が多くある中、千葉市にある歯科なら全てセラミックで治療を施してくれます。歯茎に金属の色合いが溶け出すことがないので見た目が改善され、さらにケアがラクになります。審美歯科は医師の腕によって仕上がりや快適さが異なるため、カウンセリングを受けて信頼できるかどうか見極めましょう。

妊婦さんも安心

妊婦イメージ

妊娠が原因により食生活が変化するため、虫歯になりやすくなります。しかし、妊婦さんは胎内にいる赤ちゃんの健康を考慮して治療方法が限られてしまいます。そのため、歯医者に通う際は妊娠していることを事前に伝えておく必要があります。さらに、つわりがひどい時期は歯科に通うことが難しいため、安定期に入り体調が改善された頃に歯科に通うことも大切です。また、妊娠中は唾液の量が減るため、口の中の酸性度が高くなる傾向があります。そのことが原因で虫歯になりやすくなるため、定期的に歯科で診てもらう必要があります。千葉県にある野田市にはそういった妊婦さんを対象にした歯科があるので、妊娠中のケアの方法を指導してもらえ、さらに適切な治療を施してもらうことができます。

妊娠時になる歯周炎

 

妊娠中、女性の身体は女性ホルモンが増加します。そのため、胸が大きくなるなどの身体に影響が出ます。また、影響が出るのは胸など妊娠に直接関係する部分だけではなく歯にも影響を与えます。女性ホルモンが増加すると歯肉が腫れやすくなり、歯周炎を起こしやすくなります。妊娠時になる歯周炎のことを「妊娠性歯周炎」といいます。野田市の歯科では、この妊娠性歯周炎を効率よく改善してくれるので、薬の投与や治療が難しい妊婦でも安心して改善することができます。また、妊娠中妊婦の健康状態が胎児に影響するため、元気な子どもを産むためにも健康状態にはしっかりと気を使いましょう。口内に関することで不安がある人は、野田市にある歯科で相談に乗ってもらうと適切です。野田市にはそういった相談を引き受けてくれる歯科が多くあるので、妊娠中から幼児の虫歯ケアまでさまざまなことを相談することが可能です。

 

Pick Up