手軽に白くする方法

笑顔の少年

美しい笑顔には、白い歯が大切なポイントになります。白くて美しい歯は、沢山の人の憧れでもあります。歯を白く出来れば、自信もつきモチベーションも上がります。近年、歯を白くすることに興味を持つ人もどんどん増え、治療技術も進化していっています。歯を白くする方法には、いくつかありますが、中でも人気が高い方法がホワイトニングです。ホワイトニングは、自宅でも簡単に行うことが出来ます。ドラックストアなどでは、美白用の歯磨き粉が豊富に販売されています。毎日使用している歯磨き粉を、美白用の歯磨き粉に変えるだけの簡単な方法です。大きな効果より毎日使用することで、白い歯をキープする為の方法として考えると良いでしょう。また、効果には個人差があり人によっては、歯にツヤも出てくることもあります。美白用歯磨き粉には、表面の汚れを落としてくれる研磨剤とステインを浮かせる成分の2つが配合されています。毎日の歯磨きに取り入れることで、白い歯を保つことが出来るでしょう。

歯を白くする方法には、ドラックストアなどで販売されている歯の専用のマニキュアや消しゴムを使っても簡単に白くすることが出来ます。歯のマニキュアは即効性があり、急な用事でもすぐ対応することが可能です。歯のマニキュアは名前の通りで、歯の表面に直接塗っていきます。専用の塗料を使用するので、しっかり白くなります。大きな特徴は、歯にダメージを与えることなく白く出来ます。歯の状態で神経が失われていたり、テトラサイクリンによる色の変化や差し歯、銀歯などにも柔軟に対応出来るのです。マニキュアを塗る際は、丁寧に塗っていくことがポイントです。まばらになってしまうと不自然に見えてしまうので、慎重に塗ると良いでしょう。また、歯を白くする方法には、着色を落としてくれる研磨剤が配合された消しゴムは、わずかな着色であれば簡単に落とすことが出来ます。強くこすると歯を傷つけてしまう恐れもあるので、力加減に気をつけなが使用しましょう。

どこでも可能な治療

歯を白くする方法には、沢山の方法があります。近年、人気が高く利用者も増加傾向にあるのが、ホワイトニング治療です。ホワイトニング治療とは、歯の表面に付いている汚れや着色を落とし白くする方法です。アメリカでは以前から使われている技術であり、ほとんどの歯科医院で導入されている治療方法になります。ホワイトニングで歯を白くする方法と言うと以前は、歯を削りセラミックを被せたりするのが一般的でした。歯の状態によっては、差し歯に変えたりすることで白くしていました。しかし、技術の進化により、歯を削らず自分の歯を使い白くすることが可能になったのです。ホワイトニングには、大きくわけて2つの治療方法があります。歯科医院で治療を受けるオフィスホワイトニングと、自宅で自分で行うホームホワイトニングです。どちらも白くすることは可能ですが、それぞれ違った特徴を持っています。

歯を白くする方法の1つであるホワイトニング治療は、自分の歯を使い白くてキレイな歯を手に入れることが出来ます。最近では、ホワイトニング治療を導入する歯科医院も増えてきています。治療方法は大きく分け2つあります。オフィスホワイトニングは、歯科医院へ通院し治療を受けます。専用のジェルを歯に塗布し、治療を行っていきます。即効性が高いのがメリットで、場合によっては1日で白さを手に入れることも出来るのです。ホワイトニングは、歯科医院だけでなく自宅でも治療を行えます。ホームホワイトニングと呼ばれ、事前に歯科医院で専用のマウスピースを作製してから始めます。オフィスホワイトニングに比べ、使用するジェルは優しいものなので即効性はありません。しかし、手間と時間がかかる分白い歯を長い期間保つことが出来ます。

白くしてくれるグッズ

白くて美しい歯は、誰でも憧れるでしょう。最近では、歯科医院で治療を受ければ、簡単に歯を白くすることが出来ます。しかし、治療を受けるには費用がかかります。歯を白くする方法には、自宅で簡単に出来るグッズがあるのです。ドラッグストアやスーパーで販売されている重曹は、簡単に歯を白くすることが出来ます。重曹の持つ力には、研磨力があります。研磨力は、歯の表面についた着色汚れを落とす効果があります。重曹を使うことで、研磨力が働きかけ歯を白くしてくれるのです。ですが、効果があるからと使いすぎには注意が必要です。重曹の使いすぎは、歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまう場合があり、逆に歯を変色させてしまう可能性があります。重曹を選ぶ際には、食用品または医薬品であるか確認してから購入しましょう。口入れ使用するものなので、工業品の重曹を使用することは危険です。

ホワイトニング治療では、簡単に歯を白くすることが出来ます。しかし、治療を受ける際には歯科医院で行かなければなりません。近くにホワイトニング治療を行っている歯科医院がなければ、治療を受けるのが難しくなります。最近では、家庭用のホワイトニング機器も販売されています。いくつかの種類がありますが、照射タイプや電動歯ブラシタイプなどはよく見かけることが出来ます。使用するタイプによって値段や効果は異なりますので、インターネットやお店で直接調べてみると良いでしょう。歯科医院へは行かず自宅でホワイトニングを行うので使用する際には、使用方法や注意点などしっかり確認した上で使用しましょう。気になる着色や汚れの場合は、自宅でも簡単に歯を白くすることが出来るのです。

サロンで施術

歯科医院ではホワイトニングやセラミックなど、歯を白くする為にいくつかの治療を行っています。ですが、歯を白くするには歯科医院だけでなく、エステサロンでも施術を受けることが出来るのです。エステサロンで行われているホワイトニング方法は、歯の表面に付いた汚れを落とし歯を白くするという方法です。歯科クリニックで行われているクリーニング治療と同じような、効果が期待できます。最近では、歯を白くするホワイトング施術を行っているサロンも増えているので、メニュー内容や価格は異なります。エステサロンで行われている主なホワイトング方法は、歯磨き粉などに含まれているメタリン酸ナトリウムやポリリン酸ナトリウムなどの医薬部外品の薬剤や、LEDライトの光の機器を使用し行っていきます。この方法で、歯に付いた汚れを落としていきます。効果には個人差もありますが、約3〜6回程で実感することが出来るでしょう。

エステサロンでは、ホワイトニングを受けることが可能です。エステサロンでは、顔や体をキレイにするイメージが強い人も多いです。ですが最近では、歯のホワイトニングを導入しているエステサロンも増えてきています。エステサロンで受けられるホワイトニングの費用は、歯科医院やクリニックで治療を受けるよりも比較的お手頃です。しかし、医療行為は出来ないので、エステサロンでは歯科医院と同じような施術は受けられません。エステサロンで施術を行う際には、内容をしっかり確認してから利用すると良いでしょう。エステサロンだと、顔や体をキレイにすることが出来るので、お店を回ることなく歯のホワイトニングも同時に受けられることが出来ます。時間の忙しい人でも、移動時間や手間を省くことができ効率的でしょう。

Pick Up