信頼できる医院

両手でろうそくを持つ画像

歯科医院でインプラント治療をする場合、信頼できる歯科医院を選ぶことが大事です。インプラントは体に埋め込むものなので、あまり安い素材のものだと耐久性が弱くすぐに取れてしまったり、炎症を起こしたりといったトラブルが起こるリスクが高まります。多少高価でも信頼できるメーカーのインプラントを使用すればトラブルが起こるリスクが低くなります。

また、「インプラント10年保証」などのサービスがある歯科医院を選べば、万が一手術をしてから10年以内に不具合が起こった場合に無償で再植立をしてくれます。 後悔しないインプラント治療をするためには、料金の安さよりも品質やサービス、ドクターの技量などから歯科医院を選ぶことをお勧めします。

インプラントの治療費は、使用するインプラント(人工歯根)の種類によって左右されます。アメリカやスイス、スウェーデンなどインプラント最新国の信頼できる一流メーカーのインプラントを使用すると手術費用が高くなります。世界レベルの高品質なインプラントは一本20万円前後します。

一方日本で作られた国内メーカーのインプラントは一本10万円〜15万円と格安です。日本はまだインプラント後進国で歴史が浅いからです。 また、インプラントの上にかぶせるセラミックの人工歯(上部構造体)は10万円〜18万円ほどが相場です。インプラント手術をするのにかかる費用は、一本につきトータルで35万円〜45万円くらいかかると見ていいようです。

遡る歴史

日本では80年代に初めてインプラント手術が行なわれました。また、さらに時代をさかのぼり、古くはローマの遺跡にもその治療痕が発見されたという歴史もあります。現在行われている治療法へと発展したのは、1950年代に骨と結着する性質を持つ金属が発見されたことがきっかけです。

その後、ねじ状の金属部品を使用した臨床実験が繰り返され、日本ではじめて手術が行われたのと同時期に世界的にも注目を集めるようになりました。画期的な治療法ではあるものの、インプラント治療には専用の医療機器や歯科手術に対する技術が必要であることもあり、一般に普及するまでに時間がかかったといわれています。

古い歴史を持つインプラント治療ですが、日本ではここ数年で急速に普及したという背景から比較的新しい治療法としての認識が強くあります。最近では治療に乗り出す歯科医院が増えていて、街中の一般的な歯科医院でも治療を受けることができるようになりました。それを受けて、歯科医院間の治療費に差が生まれています。

インプラントの治療費は平均すると35〜45万円程度と言われていますが、相場より安く治療するクリニックが増えているのです。また、治療そのものにおいても、切開の数を減らした術式や専門の麻酔科医を用意するクリニックなど、患者の負担を軽減させるべく対応をするクリニックもあります。クリニックによって差はありますが、患者が利用しやすい環境へとむかっているということができるでしょう。

手術の工夫

頬杖をつく女性

インプラント治療をすることに対して恐怖を持っている人が多いです。術後の痛みはつきものではありますが、歯科インプラント治療としては、患者の負担を減らすために様々な工夫がなされています。たとえば、インプラントの術式です。以前は二度切開する二回法と呼ばれる術式が主流でしたが、それでは患者に負担がかかるとして、一度の切開で済む一回法と呼ばれる術式が増えています。

また、医療機器の面でも開発が進み、痛みを軽減できるよう工夫された器具もあります。痛みに対する恐怖心の強い方向けに、専用の麻酔科医を用意して対応しているところなど、最近では患者の負担を軽減した歯科医療・治療方針が普及しつつあるのです。

歯科治療全体としても、より痛みの少ない治療法を採用したり、患者の不安感を取り除くために医師が説明を行うなど様々な取り組みがなされています。インプラント治療のおいても同様の動きがあるものの、歯科医院の方針によって対応に差があるのも事実です。たとえば先述した術式に関しては、二回法のほうが感染リスクが低いといったメリットを優先させる医師もいます。

また、医療機器や麻酔科医の面では、インプラント治療が急速に普及したという背景から、なかなか対応が追い付いていないクリニックもあるのです。そのため、より先進的な治療を受けるのであれば、インプラントに特化したクリニックや審美歯科などを検討されることもおすすめです。また、インプラント治療に関しては、クリニックのホームページで大きく取り上げているところも多いですので、比較材料として活用してみるのも一つの方法です。

矯正の現状

明眸皓歯と言う四字熟語が日本には存在します。その四字熟語は美人を指し示す言葉であり、美人たるもの歯並びが美しく綺麗でなければいけないことを物語っているのです。しかし日本人は世界でも歯並びが悪い人が多いこと有名です。

それは日本では幼少期から矯正歯科治療を適切に受ける認識や価値観があまり浸透していないためなのです。とくに日本では矯正歯科治療が審美性を高めるだけの治療との見方が強く、健康保険が適応しない自費治療のため多くの人が治療に二の足を踏む傾向にあるのです。そのため歯の表面にワイヤーや。ブラケットといった装置をつけ、微弱な圧力を加えて歯を動かしていく治療で平均100万円前後の治療費がかかると言われているのです。

また矯正歯科治療を受けるにあたって、問題になるのは費用だけではありません。歯の表面にワイヤーやブラケットをつけるのでその見た目の悪さに抵抗感を漢字、治療を断念する人が非常に多いのです。しかし最近では歯の表面に装置をつけず、見た目の悪さやコンプレックスを感じずに治療できる治療法が確立されているのです。

それがインビザラインや裏側矯正治療というものなのです。裏側矯正治療は歯の裏側にワイヤーとブラケットを装着酢するので、矯正歯科治療していることを人に悟られる心配がないという特徴があります。しかし羽ノ浦に装置をつけ歯を動かしていくことは高度な歯科医の技術と専門知識が必要であり、従来の矯正歯科治療よりも二割程度費用が高くなるのです。

 

 

 

 

 

Pick Up