気になる歯の健康と美しさ

歯というのは、人間の持つパーツの中でも見た目と機能の両面が求められる存在だ。飯を食べるためには歯が必要であるし、抜けたり欠けたりしていれば他人からの印象が悪くなる。普段、あまり気にしていないという人も多いが、営業職などをしていれば歯の健康と美しさは気になるものである。虫歯になって歯科で治療をしてもらった経験というのは、多くの人があることだ。しかし、虫歯じゃないのに歯科を利用して良いのかという疑問を持つ人も多い。歯抜けでインプラントをする場合や、歯を白く美しくするホワイトニングというのも横浜の歯科の仕事なのである。
インプラントと言うのは、抜けてしまった歯の変わりに人口の歯を骨に埋め込むという技術である。インプラントをすることで、無くなった歯を取り戻す事ができ、噛み合わせも自分の歯と変わらないとされている。そのため、近年では横浜にてインプラントを利用するという人が増えているのである。ホワイトニングに関しては、その名の通り歯を白く美しくするという技術である。そもそも、歯というのは黄色がかったものであるが、現代的なイメージとしては白ければ白いほど美しいとされる。そのため、ホワイトニングを利用して歯を白くして良い印象を作りたいという人が多いのである。芸能人など、歯が真っ白でさわやかな笑顔の人は、歯科でホワイトニングをしているのである。歯科でホワイトニングやインプラントをすると、驚くほど歯が扱いやすくなるでしょう。

何故治療をするのか

歯というのは、幼いころの乳歯が抜けて大人の歯へと生まれ変わるものである。抜けても生え変わるなら心配ないのだが、この生え変わりは一度のみの事なのだ。そのため、大人の歯が抜けてしまえば再び生えてくる事がないのである。歯が汚い場合には、歯科のホワイトニングで簡単に綺麗にすることができる。これは、他人への印象を考えての事であるというのは非常に分かりやすい事だろう。では、インプラントをする理由というのは一体何故なのかと言えば、これも美容の一部なのである。歯が抜けた状態のままというのは、笑顔を作ってもすきっ歯になってしまう。海外ではすきっ歯がセクシーだと言われる事もあるが、日本での印象は良いものではない。商談や接客を行う場合など、良い印象を持ってもらうためにも、抜けた歯を放置することは出来ないのである。そのため、ブリッジやインプラントという技術を使って、すきっ歯の治療を行うというのが一般的な理由だろう。

人間の場合は、一般的に上下含めて32本で構成されるが、人によって違う事もある。32本もあるのだから、1本や2本程度抜けても問題ないのではないかと考える人も多い。歯が抜けたままで起きる問題としては、噛む力の低下や見た目の悪さなどが上げられる。すぐに治療すれば改善される問題だが、放置すれば他の問題も起きるのである。どんな問題かと言えば、残った歯がずれて変形したり、下顎の位置が変わってしまうというものだ。歯がずれれば見た目にも問題があるし、下顎が不安定になれば表情も変わり顎関節を痛めてまう可能性もあるのだ。

 

歯の印象

インプラントやホワイトニングなど、歯を整え美しくする治療というのは人気が高い。昔は、芸能人などだけが行う治療であったが、近年では多くの人が利用しているのである。では、具体的に歯科ではを綺麗にするメリットというのは何があるのだろうか。まず言えるのは、とにかく見た目に関するメリットである。歯抜けはマヌケな印象を与えるため、仕事や交友関係での印象を悪くする可能性がある。悪くはならないまでも、良い印象を与える事は非常に稀であるため、治療は効果的なのだ。学生時代、部活で気になる先輩がいたのだが、笑顔がすきっ歯で幻滅したという経験を持つ人も多いだろう。後輩ならまだ可愛いと思えたかもしれないが、成績優秀で美目秀逸な先輩が歯抜けという事実は衝撃であった。社会人になってから会った時、綺麗に揃った白い歯になっていたのは治療をしたのであろう。この様に、見た目というのは印象を決める大きなファクターであるのだ。また、噛み合わせや顎の形だけでなく、抜けた歯は虫歯になりやすいという問題もあるのだ。虫歯になってしまうとどうしても歯が欠けてしまったり、抜歯しないといけない時もある。抜歯するとなるとかなりの負担になるため気をつけることも大切だ。人にはっきりとケアしているかが分かる歯だからこそ気をつける必要があるのだ。どのような方法で歯をケアするかは変わってくるが、インプラントや歯ブラシを行うのも大切だといえるだろう。

 

人工歯の固定力

ホワイトニングの目的というのは、歯を綺麗に美しくするという美容的な目的である。インプラントも美容を目的としているが、それだけでは無く噛む時の感覚というのも重要なポイントだ。入れ歯やブリッジと違い、骨に人工歯を埋め込んであるため噛み応えに大きな差があるのである。歯科で抜けた歯の治療をする場合、ブリッジかインプラントで悩むという人は多い。しかし、将来的な事を考えて近年では人工歯の埋め込みをする人が増えているのである。この理由として、ブリッジの場合は健康な歯を削る必要があるというのが原因だ。抜けたはの左右の歯を削って人工歯をはめ込むため、健康な歯を削る必要があるのだ。さすがに、元気な歯を削るというのは勿体無いし抵抗があるという人も多い。また、ブリッジをかぶせた歯が、虫歯や事故などで抜けてしまう可能性も将来的にはある。そういった場合には、再び大きな範囲でブリッジをするか入れ歯をする事になるのだ。こうした理由のため、近年ではインプラントを利用して歯を整える人が増加しているのである。人工歯を固定するために活用されるインプラントはとても安定している。というのもチタンが使われていることが多いため、インプラントは強固といえる。インプラントそのものが強固というよりも固定の方法が安定しているためだ。というのもインプラントは歯茎に直接ねじ込むため、ぐらつかない。そのため、どうしてもぐらつかない人工歯を活用可能だといえる。

Pick Up