豊富なメリット

グッドな男性

歯を失ってしまった場合の治療方法として入れ歯治療は昔からよく利用されている治療方法でした。このほかにもブリッジ治療やインプラント治療という治療方法が同様の症状を治療できる方法にあります。 インプラント治療はほかの治療方法と比較すると治療費が全額自己負担である場合も多くより高額な出費となってしまうのです。インプラントで保険が適用される場合は事故などにより顎骨を失ってしまいそれを再建する場合、生まれつき歯がないなどの先天的な理由により治療が必要な場合です。これ以外の歯周病や虫歯などによって歯を失った場合には保険適用外となるのです。とはいえインプラント治療は見た目が良い、健康な歯を傷つけない、咀嚼率がよいなどのメリットがあるのです。

 

インプラント治療には一か所の治療でも数十万円の治療費がかかります。更に治療とはいえ手術を伴う治療になります。最近では一度の手術で治療ができる方法もありますが、一般的には二度の手術が必要になるのです。ですから手術に耐えられなければ治療を受けることができません。 更にインプラントと言っても様々なメーカーから多くの種類のインプラントが登場しているのです。歯科クリニックによって使用しているメーカーも異なります。 インプラント治療を受ける場合は事前に歯科医の診察を受けて自分の歯に合った治療方針を進める必要があります。この方針も非常に重要で自分の口腔環境や骨の状態によっても変わってしまいます。診察に関してもより能力のある歯科医に診察してもらう必要があるのです。

 

義歯の装着について

 

インプラント治療は歯科医療の分野においてここ20年ほどの間に急速に普及が進んだ治療法です。 虫歯や歯周病などが原因で抜歯を行った場合、以前はブリッジを製作するか入れ歯を装着するかして修復するのが一般的な治療法でした。これに対してインプラント治療は、歯を抜いた部分にインプラントと呼ばれる金属製の人工歯根を埋入し、その上にセラミック製などの義歯を装着することで補います。顎の骨に歯根を直接埋め込んで安定させるため噛む力がさほど衰えることなく、自然の歯に近い使用感が得られるのが特徴です。 インプラント治療は外科手術を伴うために従来は一部の専門医院でしか行われていませんでしたが、近年は取り扱う歯科医院の数も増加してきました。また、歯科用CTや術前シミュレーションソフトなど先進機器の導入も進んでいます。

 

インプラント治療は比較的新しい治療法であり、研究開発は現在も続けられています。最近では従来の歯科医療にインプラントを用いる応用的な治療方法も実用化されています。 その1つに入れ歯治療への応用があります。たとえば下顎の歯の大半が失われてしまった場合、それをすべてインプラントで代替するとなれば治療費はかなりの高額にのぼってしまいます。そこで、インプラントを2本程度埋入して、それを土台にして総入れ歯を装着します。すると従来の入れ歯よりも安定度が増し、噛み心地が改善します。それでいて費用も比較的低額で済みます。 また矯正治療の分野においても、極小のインプラントを一時的に埋め込んで固定源として利用する新しい治療法が開発されています。

 

透明な矯正器具

矯正器具

最近の歯科矯正は、矯正器具が目立つのを嫌がってなかなか治療に踏み切れない人のために、目立たない治療法があります。 矯正器具が透明になっているので、歯科矯正治療をしているとわかりづらいのでとても人気があります。また透明のマウスピースタイプもあり、取り外しが可能なため歯磨きや食事の時に外すことができると好評です。 また歯科矯正をするときは、歯の表面に器具を取り付けるのが普通ですが、歯の裏側に取り付けることも可能です。ワイヤーしか見えません。 しかしこれらの治療法は、見た目にはいいのですが普通の歯科矯正より料金が高めです。ですからもし検討している場合は、料金がいくらぐらい違うのか前もって検討しておいた方が良いでしょう。

 

歯科矯正をするためには、一般の歯科医院では治療できません。ですから専門の矯正歯科で治療をする必要があります。 矯正歯科医院もあちこちにありますが、事前に下調べをしておいた方がよいでしょう。歯科矯正を始めるにあたって、どれくらいの期間がかかるのか、料金はどれくらいかかるのか矯正歯科によって違いがあります。 また、矯正歯科医院を選ぶポイントに、料金のほか歯科医やスタッフの対応が良いかということもあげられるでしょう。先の長い治療の中で、疑問に思ったり分からないことがあったりするかもしれません。何でも気軽に質問できる雰囲気があるかということはとても重要なことです。 人気のある矯正歯科医院は、患者も集まってくるはずです。

 

失った歯を取り戻す

 

もはや、インプラントが失った歯を補うベストな治療法であることは定説となっています。なぜなら、インプラントならば機能も形状も、天然歯と遜色がないレベルで取り戻せるからです。 但し、インプラントは非常に大掛かりな治療法であり、尚且つ、非常に高度な治療法となります。言い換えれば、歯科医の知識や技術、経験が、もろに治療結果に反映される治療法なのです。また、使用する機器、設備等も治療結果に影響を及ぼします。 ですから、インプラント治療を行っている歯科は現在、数多く存在していますが、より良いインプラント治療を受けるためには、どの歯科で治療を受けるのか慎重に考えなければならないのです。 歯科選びの参考になるのが、インターネットです。現在では、多くの歯科がホームページを開設していますので、その歯科の治療体制や治療実績は確認することができます。ただ、その情報だけを鵜呑みにするのではなく、患者の立場からの経験談が語られている口コミ情報も併せて参考にした方が良いでしょう。

 

インプラントには、歯科選びの他にも問題があります。それは、1本30万円が相場という高額な治療費です。 治療費が高額な理由は、保険が適用される範囲が狭いからです。従って、ほとんどのインプラント治療は、すべて自己負担となる保険適用外の治療として行われているのです。 保険の適用範囲が拡大される可能性はありますが、それを待つことは賢明な判断だとは言えないでしょう。なぜなら、歯は1本でも失うと、様々な不具合が生じてしまうからであり、従って、即刻、失った歯は補わなければならないからです。 現在、講じることができる、治療費の負担を軽減させる有効な手段は医療費控除を受けることです。年間の医療費の支払いが10万円以上に達している場合、納めた税金の一部が還付されるというのが医療費控除です。医療費控除は、確定申告をすれば受けることができます。但し、医療費控除が受けられないインプラント治療もありますので、事前に歯科に確認しておきましょう。

 

Pick Up