保険適用で治療

よく知られているように、日本は、国民皆保険の国、基本的に保険医療機関での診療は公的医療保険を使って受けられます。たとえば自営業の人たちなら国民健康保険、会社員の人たちなら被用者保険、75歳以上の人たちなら後期高齢者医療制度などがそれに当たります。その料金は、診療項目ごとに細かく定められており、実際に受けたその保険点数を加算していくことで決まります。

また、全国どこの保険医療機関を受診しても、同じ診療医行為なら同一の料金です。そして、実際の患者が支払うのはかかった費用の一部。その多くは3割負担ですが、小学校就学前の幼児は2割、70〜74歳で所得が一定額に満たない人や75歳以上の後期高齢者医療制度に該当する人たちは1割負担となっています。

自費診療(保険外診療)は、保険点数によって診療報酬が決まっている保険診療と異なり、各歯科医師が自由に設定できます。簡単にいえば、お店でものを売ったり、サービスを提供したりする普通の商売と同じです。

料金の算定に当たっては、まずかぶせ物、義歯などの材料費や設備費用などをはじき、歯科医師の技術料、歯科衛生士や歯科助手などの人件費、歯科医院の土地代や賃料などを加味し、歯科医院の利益を乗せて算出することになります。たとえば、都心の一等地にある歯科医院と地方にある歯科医院では賃料は大きく異なります。同様に何十年も治療を続けて腕を磨いた医師と、大学を出たての医師では当然力量も違いますから、そこに技術料の差が出るのは当然です。

また、同じ地域の歯科医師でも自らの技術レベルをどう見るかによって料金に格差が出てくることになります。

 

歯科検診でチェック

歯を磨く子ども

虫歯予防のためにも正しい歯磨きが大切になるのですが、歯によってブラッシング方法を変えましょう。ブラッシングだけではなくて自分の口に合った歯ブラシを選ぶことも重要なポイントになってくるかもしれません。なかなか素人判断では判別することが出来ませんから、自分の口の中の状態を把握するためにも一度歯科へ行き指導を受けてみたほうが良いかもしれません。

歯のクリーニングや歯垢取りに関しては保険が効かないものもあるのですが、歯医者によっては保険内で行ってくれるところもありますから、目的に合った歯科を探して一度足を運んでみましょう。適度にチェックしなければ虫歯菌が繁殖してしまうこともありますから気を付けてください。

日々のケアとして一番身近なのが歯磨きです。歯磨きで虫歯を予防するためにも虫歯を予防してくれるような歯磨き粉を選ぶ必要があるでしょう。ポイントとしてはフッ素が入っているような歯磨き粉を選んでください。歯磨きをするとともにフッ素コーティングを行ってくれますから虫歯予防になると言っても良いでしょう。

しっかりブラッシングして自宅でデンタルケアを行っていれば虫歯が知らない間に悪化するということは防げます。 それと併用して行って欲しいことが歯科医による歯科検診です。やはり一般人では虫歯を区別することは難しいのでプロの目で見てもらってケアすることも時には必要になってきます。歯のクリーニングなども行っておくと良いでしょう。

 

歯科治療で口臭改善

歯科では、患者の歯をより健康な状態にするための工夫が沢山施されています。豆知識も豊富にあるので、様々なものを覚えておくと、歯科へ通うことが少し楽しくなることがあります。歯科は苦手な人も、ちょっとした知識を身につけておくことで、不安が和らぐこともあります。

まず、歯科へ通うのは必ず虫歯が悪化してしまう前にしておくと良いです。一度虫歯になってしまうと痛む日も長くなり、治療も長くなってしまいます。治療が長いと費用も多くかかるので、負担は大きいです。なので、早めに確実に治しておくことが大切です。

また、口臭が気になる人の中で、歯科で相談することでは無いと考える人は多いです。しかし、口臭は歯が原因であることもあるので、歯科で相談するのはおかしいことではありません。

歯が痛んでくると、歯科へは必ず行く必要があります。放っておくと、非常に危険な状態に陥ってしまうことがあります。歯によって重大な病気に感染してしまうことはよくあるので、少しでも異変に気付いたらすぐに歯科へ足を運ぶことが大切です。

基本的には歯科での治療は痛みを感じてしまうものです。軽度のものなら痛みが全く無い場合もありますが、ある程度虫歯が進んでしまったときは、少なからず痛みは感じてしまいます。なので、そもそもの原因である虫歯にならないための家庭での工夫も大事です。

まず、歯磨きの正しい方法については知っておくことが大切です。これは歯科でも教えてくれることがあるので、気軽に相談すると良いです。歯磨きの頻度だけでなく、磨き方の面も工夫することが大事です。

 

酸を除去する

歯科医院では、歯にできるホワイトスポットの治療を行っています。このホワイトスポットとは、簡単に説明すると、歯にできる白くくすんだシミのことです。これがでいる原因は、歯垢の細菌が作り出す酸が原因です。酸が大量に分泌されることで、歯のカルシウムバランスが崩れます。その結果、歯のエナメル質が乱れて白くくすんだ状態になってしまいます。これは、いわゆる虫歯の初期症状です。放置すると虫歯に発展するので、早く歯科医院に行く必要があります。

その他にも、ホワイトニングスポットができる原因があります。それは、歯の形成時の栄養不足、幼少期の外傷によって、エナメル質の石灰化不全が引き起こされることです。ホワイトスポットは見た目に悪いので、気になる方は歯科医院に相談したほうが良いです。

ホワイトニングスポットの歯科医院での治療法は、いくつかあります。まず初期虫歯が原因の場合は、フッ素塗布による治療となります。歯医者で使われるフッ素は、初期虫歯を改善する効果が高いです。また、歯質を強化できるので、虫歯になりにくくできます。 その他の治療方法は、ホワイトスポット以外の部分をホワイトニングすることです。そうすると、ホワイトスポットを目立たなくすることが可能です。この施術は、それほどお金がかからず、簡単に行えます。

また他にも、歯の表面を削って、ラミネートベニアという薄い板を貼り付ける治療法があります。女性のつけ爪を付着するように、簡単に歯の色をカバーできます。確実にホワイトニングスポットを隠せるので、効果的な治療法です。

Pick Up