早いうちから治療を

子供の頃、歯の矯正をしている友人は居ませんでしたか。もしくはご自身で歯の矯正をしてらっしゃいましたか。 歯の矯正装置は目立ちます。そういった治療装置があると知らなかった子供の頃、初めて見た時は驚いたものです。 あれはあまり格好いいものでは無いので、進んで歯の矯正をしたいとは思えませんでした。ですが現在、矯正歯科では目立たない矯正装置を選べるとのことなのです。

今でもあのワイヤーで歯を覆うやり方が主流だと考えている人は多いでしょう。しかし、矯正装置の見た目の改善要求はずっと前からあったはずなので、この変化も頷けます。 きっと長年の開発努力があったのでしょう。これなら矯正中の見た目を気にしないで矯正歯科の門を叩けそうです。

矯正歯科に通うのは、やはり子供の時の方が良いと言えます。 将来の事を考えての時でも、単純に治療にかかる金額の面でも子供の内に歯を矯正しておく方が良いのです。 矯正歯科にかかる金額は大人で平均九十万円、子供ので平均六十万円ぐらいかかります。これを通院する時間で割るなら、それ程の金額ではないでしょう。

子供の将来を考えてお金を使う時、矯正歯科が頭に浮かぶのは裕福な家庭に限られてしまうかも知れません。 しかし、歯並びの問題というのは小さな問題ではありません。友人の前で大きく口を開けて笑えるというのは大事な事なのです。 ですから、もしお子さんが歯並びの事を気にしている様子がありましたら、是非相談に乗ってあげてください。先程も書いたように現在は目立たない治療が可能です。きっとお子さんの将来のためになります。

 

装置選びも大事

矯正歯科治療を受ける場合、歯科医院選びというのはしっかりと行うべきだと思っています。というのも、歯科医院というのは標榜することができる科目が医者と比べて少なく、矯正歯科治療の中で細分化された分野に関しては標榜することができないからです。

歯科医院を選ぶ場合、まずは希望する矯正歯科治療を取り扱っているかを確認するところから始まります。これは特殊な矯正装置であればあるほど必要性が増します。また、矯正治療を担当される歯科医師についても確認しておく必要もあります。日本矯正歯科学会の認定医を有しているかなどを確認し、矯正治療に対して精通されているかどうかを判断しましょう。

矯正治療は装置の良しあしだけで決まるものではありません。担当される歯科医師について調べておくことは歯科医院選びの中でも重要な項目だと思います。

最近の矯正歯科治療には審美性に優れた矯正装置が多く誕生しているように感じます。これは、矯正治療が口腔内の治療であることが大きな理由だと思います。というのも、矯正装置を付けて生活するとどうしても外見について気になりだし、場合によっては途中で治療を中断してしまう人もいるからです。そうならないように、矯正装置については治療前にじっくりと厳選する必要があると思っています。

審美性に優れている矯正装置といえば歯の裏側に装着するリンガルブラケットやハーフリンガル、メタルブラケットの材質を審美性の高いものに変更したセラミックブラケット、最新装置としては透明なマウスピースのインビザラインなどがあります。これらは成人以上の患者からの人気が高く、外見に影響しないとして注目されています。

 

良い医師を選ぶ

歯科治療

矯正歯科治療では、抜歯のリスクを減らそうとする方針を持った歯科医院や医師が多くなってきたように感じます。矯正治療において抜歯は必要不可欠だと言われてきました。これは、日本人が欧米人などと比べると顎が小さく、抜歯のリスクが高かったことも理由として挙げられます。

歯列を整えるためには顎に全ての歯がおさまることが絶対条件であり、そのためのスペースを確保するために抜歯が行われていました。結果、健康な歯であろうが抜く必要があるため、これが身体的に悪影響があると唱える医師が出始めたのです。 もちろん、抜歯をしないことによるリスクも存在し、無理に全ての歯をおさめようとすると歯列が崩れてしまうこともあります。

現在も抜歯の有無に関しては賛否両論となっていますが、矯正学の発展により少しずつ治療法も見直されているように感じます。

矯正歯科治療を受ける場合、当然ながら矯正治療を行っている歯科医院を探す必要があります。現在では一般歯科と標榜している医院でも矯正歯科治療を受け付けているところが多く、無理に遠出をしなくても治療を受けられるようにもなりました。

しかし、これによる弊害として矯正歯科治療の質が下がってしまったことが挙げられます。矯正治療は歯科治療の中でも専門性の高い分野であり、担当される医師の腕が治療内容に直結してきます。全ての医師があらゆる分野に精通していることは当然ながら考えられないので、歯科医院や医師選びには十分に力を入れる必要があると思います。

このようなことから、安直な理由だけで歯科医院を選ぶのではなく、治療の質を少しでも上げられるように努めることが大切なのです。

 

様々な治療方法

矯正歯科で治療を受ける前に、矯正歯科にはどんな治療方法があるのかあらかじめ知っておく必要があります。治療方法によって治療費や通院頻度、治療期間などが大きく異なってきます。代表的な治療方法は、歯の表側に金属ブラケットを取り付ける方法です。矯正装置が目立ってしまうのが難点ですが、治療費が他の治療方法に比べて安価であるため、金銭面での負担を抑えることができます。

歯の表側に取り付けることに抵抗がある方は、歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正がおすすめです。表側矯正と比べて治療費は高くなりますが、矯正装置をつけていることを人に気付かれる心配がないメリットがあります。また、いつも通りの生活をしながら治療を行いたいのであれば、取り外し可能なマウスピース矯正がオススメです。

矯正治療を快適に進めていくには、患者の努力も欠かせません。矯正治療中の歯磨きや定期的な通院はもちろん、最初の歯科医院選びが非常に重要なポイントになります。矯正歯科の治療は保険が適用されないため、治療費や支払い方法は歯科医院ごとに異なります。そのため、治療前に総額と内訳をきちんと確認して、オプションで支払うものがないかどうかをチェックしておくことが大切です。

分割払いやカード払いを希望される方は、歯科医院がその支払い方法に対応しているかどうかをチェックしておくようにしましょう。矯正治療は長い治療期間が必要になるので、治療を受ける矯正歯科医院を安易に決めずに、じっくり時間をかけて慎重に行うことが大切です。

Pick Up