ニーズとサービス

 

最近の歯科は口腔外科や矯正歯科や審美歯科など、たくさんの分野の専門を行う歯科が増えています。もちろん歯や口のトータルを見てくれる歯科もありますが、専門に特化して研修や技術を高めた医師がそれぞれの得意の分野で看板を掲げて診療しています。その分患者さんの要望が増え需要も高まった事もあるでしょう。また、医療の進歩や医療材料の進化もあり多くの選択肢も増えニーズに合った診療も行えるようになりました。まだまだ国に認可されていない治療や美しさを目的にした場合は健康保険適用外になるので、高額になってしまいますが、諦めていた治療ができるようになったのは事実です。矯正歯科の場合は自由診療ですが、医療費控除の対象になるので、希望の方は検討してみるといいと思います。

 

数ある歯科から自分に合う歯科を選ぶのは大変かもしれません。しかし、最近ではインターネットの普及により歯科を探すサイトや口コミや医療機関のホームページで治療方針や先生の紹介などもあるので、ある亭の情報は得ることができます。自由診療の際に、特に歯列矯正の場合は初回は無料で相談というところもあるので、いくつか実際に足を運んでみると、いいかもしれません。治療方針や金額やリスクなど聞いて、実際に設備を見ることで、自分に合う歯科を見つける事ができると思います。先生の対応もポイントです。真摯に説明に対して答えてくれたり、人間同士なので、合う合わないという点て信頼できそうな先生を見つけてみましょう。トラブル回避につながります。

 

削らない治療

クリニックの椅子

進行した虫歯の治療は、歯を削ったり抜いたりすることでおこなわれます。治療をすればするほど、元の歯は失われていくことになります。失われた歯は、二度と元には戻りません。しかも削られて薄くなった歯は、詰め物をしたとしても、元の歯と比べるともろい状態なので、トラブルを起こしやすいです。そのため昨今の歯科では、できるだけ元の歯を残すような取り組みがおこなわれています。残っている元の歯が多ければ多いほど、再度の歯のトラブルが起こりにくくなるからです。具体的には、歯を少し引き上げることで歯茎の内部での虫歯を治療するエクストルージョンや、抜歯した箇所への親知らずの移植などがおこなわれています。これらにより、元の歯を多めに残すことのできる人は増えてきています。

 

エクストルージョンには、顎の骨から歯を引き出すための特殊な器具が使用されます。また、引き出してから虫歯などの治療をおこない、その後はその歯をまた顎の骨に固着させる治療をすることになります。したがってそういった器具や技術を有する歯科や口腔外科で受けることができます。また、親知らずの移植は、親知らずが正常な向きで生えている場合には、一般歯科でも抜いてから移植することが可能です。しかし横向きに生えていたり、歯茎の中に埋もれていたりする場合には、歯茎を切開した上で取り出すという手術が必要になります。顎の骨を削ることが必要になる場合もあります。この場合は、手術が可能な歯科や口腔外科を受診することになります。

 

治療の進化

 

最近では歯の治療方法がかわってきているのです。なんと痛くない治療をするところが増えてきているのです。そのため歯科医に対するイメージといったものも変わってきているのです。昔は歯科というとドリルの音がずっとしていてかなり怖いイメージもあるところだったのですが、今ではそのようなイメージが変わってきつつあるのです。今では歯の治療中に眠ってしまうゆうな子供がいるぐらいになっているのです。それぐらい今の歯科医の治療は痛くないものが基本になってきているのです。もちろん例外もあるのですが、歯科の治療方法が劇的に変わってきているというのは疑いのないところで、歯科のホームページでも痛くない治療を掲げているところが多くなっているのです。

 

歯科では歯の治療をするのは当たり前ですが、最近の歯科の特徴は予防にも力をいれているところです。予防では歯のブラッシングがメインですが、歯石とりであったり、フッ素などでのコーティングであったりといったようなことを行っているのです。そのため、歯に特に異常がなくても歯科に通院するといった人が増えているのです。このひとは歯医者にとっても望むところで、ブラッシングなどは全く痛くない治療ですから患者も痛がりませんし、定期的に通ってきてくれるのていい顧客となってくれるのです。今は歯科には歯が悪くなる前に行っておくという人が多くなってきているのです。さして、この傾向は今後もつづいていくことになっていきそうです。

 

失った歯の再現

 

インプラント歯科治療とは、失った歯の部分に人工歯根を埋め込む、それを支えにして1本の独立した歯を作り上げることです。このインプラント治療を受ける際には、歯科医師と患者さんとの間での十分な話し合いが必要になります。治療を成功へと導くためには、歯科医による症状の検査・診断とともに、十分な説明を受ける必要があります。患者さん自身で治療計画を確認し、医師に質問をすることが大切です。様々な疑問点をクリアな状態にしなければなりません。このような説明と同意を「インフォームドコンセント」と言い、歯科現場に置いても当然求められるようになっています。インフォームドコンセントを十分におこなうことで、様々なトラブルを防ぐことが出来ます。歯科医との十分の話し合いの上で、納得してから治療にあたることが満足できる結果へとつながっていくのです。

 

近年普及してきた「インプラント歯科治療」は、最新医療技術の1つです。そのため、健康保険が適用できません。それぞれの歯科医院で費用を決めることが出来ます。医師の考え方や地域差等が費用に反映されますが、一般的な治療費というものがあります。多くの歯科医では、インプラント1本当たり20万円から30万円の費用が必要になります。この他にも、インプラントの上に被せる人工の歯冠等の費用が別途かかります。例えば、下顎にインプラントを4、5本埋め込むと、総額250万円前後必要になります。高額な治療費が必要になりますが、インプラント治療を希望する方は増加しています。より天然な歯に近い感触を得られる、という理由からだけで治療を考えるのではありません。インプラント治療を受けることで生活の質を改善することができ、活き活きとした日常を過ごせる点にも、大きな魅力を感じているのです。

Pick Up