注目の治療方法

ここ数年で、レーザー治療を導入する歯医者が増えているといわれています。レーザー治療で最も効果的といわれているのが、虫歯の治療と予防です。そもそも歯科治療で使われるレーザーは、虫歯菌を殺菌、消毒する効果、痛みを和らげることもできます。よって、歯の根の治療で神経を抜く時に、レーザーで効果的に菌を殺菌することで治療回数を少なくできます。

また、レーザーは歯の表面を硬化させる力があります。なので、レーザーを定期的に当てることで、虫歯になりにくい歯をつくれます。その他にも、レーザーでは歯周病の治療も行えます。歯茎にレーザーを当てることで、効果的に歯周病菌を除去できます。おまけに痛みや出血も少ないので、回復期間も短いです。

世の中には歯医者がたくさんあるので、どういう基準で選べば良いのか迷う方が多くいます。歯医者を選ぶポイントは、受付の電話応対です。受付は歯医者の顔なので、受付の対応で十分にその歯科医院を知ることができます。

受付で確認することは、電話のコールが3回以内で出ること、患者を心配して気にかけてくれることです。上記のポイントがクリアされていれば、受付の電話応対がしっかりしているといえます。よって、来院しても嫌な思いをすることはなく、きちんと対応してくれるといえます。自分の歯の症状についてもきちんと相談に乗ってくれて、最適な治療を受ける事ができます。 逆に受け付けの対応がおざなりだと、その歯医者全体が患者を軽んじている傾向にあります。なので、避けたほうが良いです。

 

それぞれ違う

右京区の歯医者に通うことになった時、たくさんある歯医者から自分に合うのはどこなのか探すことになります。選ぶ時にどこをポイントにすると便利に快適に歯科にかかることができるかというと、まずは通いやすい場所にあるということです。家や職場、その他よく行くスポットにあると面倒にならず、一回の通院で終わらなくても通うことができます。

次に治療方針を説明してくれるかどうかが重要になります。治療したり、検査した結果、今回限りで治らなかった場合は通院することになります。どの部分を治療し、何回で終わるのかなど、詳しく説明してくれる歯科が最近は増えています。右京区の歯医者は思っている異常に時間がとられることもあります。歯医者の技術力はもちろん重要ですが、治療方針、費用、気になることを説明してもらい、自分に合う右京区の歯医者を選ぶと快適に治療を受けられます。

それでは、気になる治療費ですが一回の治療でいくらになるかということは具体的に示す事ができません。歯を削っただけ、麻酔をかけて歯を削りふせものをした、もしくはインプラントや矯正、ホワイトニングなど歯の治療も種類がたくさんあるので右京区でも費用はバラバラです。何百円で済むものから、何百万円と高額になるものもあります。

しかし、どんな治療をする場合でも、概算を歯科医が説明してくれます。高額になればなるほど、いきなり治療を始めることはありません。カード払いができるのか、ローンが組めるのかなど、心配なことがあれば遠慮なく聞いてください。費用が分かれば、安心して治療に専念できますし、先生に信頼して今後もまかせることができます。

 

重要な働きをする歯

歯は人の健康を保つ上でも重要な部位です。食べ物はよくかんで食べなければ、のどに詰まってしまいます。また、力を入れたりスポーツをする場合、歯を食いしばらなければ力が出ません。このように歯は重要な働きをしているのです。歯を健康に保つには、定期的に歯医者に通って歯のメンテナンスをすることが必要です。

例えば、初期虫歯は素人では気づくことができませんが、歯医者ならば判別できます。初期虫歯は治療の必要はありませんが、拡大しないためには歯磨きを丁寧にしなければなりません。しかし、もしそれに気づかずにいれ、ばそれを意識することができません。だから、歯医者に見てもらう必要があるのです。

また、歯が痛くなってからも放置して、症状がひどくなってから通う人もいますが、よくありません。早いうちに治療しておけば少ない回数で治療を終えることが可能です。一方、症状が進行してから通うと治りも遅く、その分費用が掛かってしまいます。

従来、歯科に限らず、症状が進行してから病院に通う事例が多かったと言えます。なぜなら、誰しも自分が病気であることを自覚したくないため、症状がひどくなるまでは通院を避けたがるためです。しかし、最近は早期治療をすることのメリットが周知されてきました。

現在、初期症状の内に手を打っておけば安心できる、ということを知らせる活動を、歯科業界でも積極的に行っています。たとえば、小学校に歯医者が出向き、虫歯の写真を見せ、症状が進行すればどうなるかを見せて、治療の大切さを伝える活動をしています。そのような取り組みが現在全国でなされており、歯についての知識とともに、治療の大切さを認識できる機会が増えているのです。

 

歯医者の利用

歯ブラシと歯磨き粉

歯が痛むと歯医者に行かなければなりません。痛み止めでごまかしてもいつかは限界が来てしまいます。かなりひどくなってしまい、ほっぺたがはれてしまってから行く人もいるくらいです。 歯医者に行くことが好きな人も少ないのが現実です。ドリルの音が怖いという人や治療自体が痛いので嫌だという人が多いです。早く行けば神経に触れないのでまったく痛みを感じず治療できるのです。

毎日歯磨きをするときに虫歯がないかや歯茎の状態を見るように習慣付けるといいでしょう。そのとき異常があれば早めに歯医者に行くことをおすすめします。 虫歯だけでなく子供にも増えているという歯周病があります。歯周病は思わぬところに悪影響が出る怖いものです。

歯医者は虫歯を治療したり歯周病の治療したりするだけではありません。健康診断をしているのをご存知でしょうか。歯も健康診断を受ける時代なのです。八十歳で歯が二十本あると生活に不自由をすることが少ないと言われています。ですが虫歯になっても痛みがなければそのままにしたり、歯周病をそのままにしておくと手遅れになり歯を抜かなければならないことがあります。

歯が抜けてしまうとブリッジにしたり入れ歯にしたりインプラントになります。いろいろな方法がありますが、どれも自然の歯にかなうものはありません。 人間ドックを受けると同時に、歯医者で年に一度は定期健診を受けて、少しでも長く自分の歯でいることが健康のためにもいいことなのです。

Pick Up