歯科は進歩してきた

日本における歯科医学は奈良時代に始まったものです。元々は、中国から遣唐使が伝えたと言われているのです。ですが、明治になるまで歯科として独立したものではなく、医師が行う医療の一部として行われていたのです。それが現在のように歯科が独立したのは、江戸末期に最新の歯科技術を学んだ小幡栄之助が、明治になり行われた医師の試験で、歯科という科目で試験を受けて合格したことがきっかけです。その後「歯科医」が公に医師から区別されるようになるのです。しかし歯科医の育成に国は熱心でなかったので、戦前には私立の専門学校が設立されたのです。戦後には歯科大学が設立されるようになり、教育環境が充実してきたのです。現在は昭和23年に施行された歯科医師法に基づき治療が行われているのです。

戦後食習慣の西洋化が進み、現代人の顎の骨格は細くなっているのです。そのため、歯のかみ合わせに支障が出てきているのです。かみ合わせが悪いと、物が上手く食べることが出来ないだけでなく、姿勢が歪んだり頭痛などを引き起こすとされているのです。ですから今後の歯科医療では、正しいかみ合わせをするための歯列列矯正に大きな需要があると予測されるのです。また、高齢化も進んでいることも考慮すべきです。年をとっても自分の歯が使えるように、虫歯治療をするだけでなく、虫歯にならないようにサポートするための取り組みが望まれるのです。ですから、歯に異常が起きる前に手を打つことができるように、定期健診を受診するように積極的に働きかけることが必要です。

悪化する前に治療

江坂周辺で虫歯の治療を行うのであれば、虫歯治療について事前にある程度の知識をもっておく必要があります。虫歯の治療は、虫歯の進行状況によって治療方法や治療費が異なってきます。虫歯が神経まで達していない軽度の症状であれば、1,000円〜1,500円程度の費用で治療を行うことができます。一方で、虫歯が神経まで達した重度の症状であれば、治療期間に時間がかかり、約6千円〜1万円程度の治療費が必要になってきます。ただし、これらは保険診療の場合の費用です。保険が適用されない自由診療の場合は、治療費は患者が全額自己負担する必要があるため、江坂周辺で虫歯の治療を行う場合は事前に下調べをして、治療費をきちんとチェックしておくようにしましょう。

虫歯の治療技術が進化するとともに、最近は虫歯の予防に力を入れている歯科医院が増えてきています。欧米では定期健診などで虫歯の発生を予防することが一般的となっていますが、最近は日本でも「予防歯科」が登場し、虫歯の発生を事前に防ぐ治療に力が注がれるようになっています。予防歯科では、歯のクリーニングやフッ素塗布などが行われ、歯を綺麗に健康的に保つ治療が行われます。虫歯の発生を事前に防ぐことができれば、将来の治療費負担を大きく減らすことができます。江坂周辺で予防歯科のある歯医者さんの数は多いので、まずはインターネットなどで下調べをして、自分に合う歯医者さんを探してみましょう。江坂周辺にある歯科医院のホームページを比較してみて、わからないことがあればメールなどで気軽に相談してみましょう。

保険による費用の違い

歯医者さんの治療には、保険が適用される治療と、保険が適用されない自由診療があります。自由診療の場合、治療費を全額負担しなければならないので、なかなか治療を受ける決断がしにくいものですが、医療費控除の制度を利用すれば、自由診療の負担を抑えることができます。医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付される制度です。医療費は家族で合算したり、薬代や歯医者さんへ通院するときの交通費なども含めることができるので、ぜひ活用するようにしてください。医療費控除を受けるには、毎年2月〜3月の確定申告の時期に税務署へ医療費の領収書や交通費のメモなどを持っていけば、手続きしてもらうことができます。

最近の歯医者さんでは、審美歯科治療を行うところが増えてきています。審美歯科とは、歯の色や歯並びなど、歯の美容を目的として行われる歯科治療のことで、芸能人をはじめ、男女問わず幅広い世代の人に利用され始めています。審美歯科が扱っているのおもな治療として、ホワイトニング治療やセラミック治療、インプラント治療や矯正治療などがあります。これまで歯並びや出っ歯などで悩んでいた方は、ぜひ一度、歯医者さんの審美歯科を受診してみることをオススメします。ただし、審美歯科は保険の適用がきかず、自由診療で治療費が高額になる場合も多いので、医療費控除の制度を利用するようにしましょう。医療費控除を利用すれば、かなりお得な価格で高度な治療を受けることができます。

笑顔に自信がつく治療

女性 笑顔 白

歯医者で歯並びを揃えることを歯列矯正といいます。歯列矯正は歯医者の診療では定番ですが、審美歯科に含まれるため健康保険適用外の治療となります。 治療に必要な費用ですが、治療前にかかる費用、治療にかかる費用、治療後にかかる費用の三段階に分けることができます。治療前にかかる費用は歯医者での相談料や精密検査料などです。歯医者によって異なりますが、治療前の検査料だけで10万円近くする場合もあります。治療中にかかる費用は矯正器具によって決まってきます。ブランケット矯正60万円、マウスピース矯正30万円、裏側矯正120万円ほどが相場です。治療後にかかる費用は定期検査やメンテナンス代です。定期検査は6千円前後が相場となっています。

歯並びを人工的に整える試みは、紀元前から行われてきたことだそうです。ヨーロッパで見つかった紀元前の遺跡から、歯科矯正に使われたとみられる矯正装置が発見されています。また、古代ギリシャの医師ヒポクラテスも、その著書の中で歯列矯正に関して言及しています。近代に入ってからだと、18世紀後半になってからヨーロッパにおいて歯列矯正の研究が盛んに行われたそうです。そして20世紀に入ったころになると、アメリカで今の矯正治療でも使われているブランケット法が誕生しています。歯科矯正という医療分野が世界で初めて誕生したのもこのころです。現在では歯列矯正は研究・開発が進み、様々な症状に対応できる有効な方法が日々誕生しています。

治療を受ける前に

神戸の矯正歯科比較サイトで第1位は、神戸矯正歯科センターです。こちらのクリニックは、初診料・相談料・検査料・調整料・リテーナーが無料になっています。治療方法も豊富で60,000円でできる矯正や目立たない矯正もあります。追加料金がかからないのも魅力の1つです。第2位は、大塚矯正歯科です。こちらのクリニックは、初診料・相談料・調整料・リテーナーが無料になっています。土日も診療を行っているので、お仕事を休む必要がなく、安心して通院することができます。 第3位は、神戸六甲矯正テクニカルセンターです。こちらのクリニックは、治療方法が幅広く、ここでしか受けることのできないウルトラスピード矯正があり、6か月で矯正できるのが魅力の1つです。

矯正歯科は自分のためのものなので、自分にとってメリットの多いクリニックを選びましょう。神戸の矯正歯科比較・ランキングで挙げたように、治療方法、費用、交通の便、診療時間など、それぞれ魅力があります。自分が優先したい事は何なのかを明確にするとクリニックを選びやすいです。初診・相談が無料のところは多いですが、検査料・調整料が矯正料とは別にかかることもあります。本格的な矯正になると、時間もかかります。 調整料込の総額がいくらなのか、別途費用がどのくらいあるのかなど、確認しておく必要があります。 駅から近い・土日診療など、通院しやすいかどうかも重要になります。 決して安いものではないのでしっかり下調べが必要です。

Pick Up