歯をキレイにする

随分前ですが、「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズで歯を白く美しく見せる商品が話題となりました。その頃から私たちの歯に対する美意識が高まり、歯科医院で行うホワイトニングが注目されるようになりました。

ホワイトニングには大きく分けて2つの方法があり、自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。ホームホワイトニングは、白くなるまでに時間がかかるもののいつでもどこでもできるので歯科医院に通う時間がない人におすすめです。オフィスホワイトニングは、即効性があり治療当日から白さを実感できますが、値段は自宅で行うものより少々お高めです。それぞれの利点が異なりますので、ご自分に合ったものを選びましょう。

歯が白く美しいと笑顔にも自信がもてますし、いつも笑顔な人は明るく見え初対面の人にもよい印象を与えます。そのため最近は、虫歯や歯周病などの悪いところを治す治療に加え審美歯科という歯を美しく見せるための治療を行う歯科医院が多くあります。この治療を行うことにより歯を綺麗にすることができますが、普段のケアだけではそれを長く保たせることが難しいです。

歯の色は、加齢やコーヒーなどの着色により変色しどうしても黄ばんできてしまいます。少しでも歯を白く美しく保てるために、定期的な歯科医院での検診や歯石除去を行いましょう。またホームホワイトニングを定期的に続けることで美しい白さを保つことができます。このようなことを続ければ、歯はいつまでも健康で誰もが羨む美しい白さを保てます。

 

歯の白さを取り戻す

歯ブラシ

歯科医療の分野においては虫歯や歯周病などの一般的な疾病治療のほかに、もっぱら歯の外見を整えることを目的とした治療も行われています。このような治療を一般に審美歯科といいます。 右京区にもある 審美歯科が利用される背景には、話をしたり食事をしたりする際には他人の視線がどうしても口元に集中しがちになるという事実があります。

つまり歯を美しく整えることは、対外的な印象アップにつながるのです。会議や会食といった日常的な場面ではもちろん、面接やお見合い、オーディションといった特別な瞬間においても、相手や周囲に好印象を与えるのに非常に役立ちます。 加えて、口元にコンプレックスを持つあまり人前での発言に消極的になってしまうといった悩みを持つ人にとっては、性格改善にも役立つという一面があります。

現在、右京区にある審美歯科の名の下に行われている治療のうち最もポピュラーなものの1つが、ホワイトニングです。 ホワイトニングとは専門技術によって歯の表面を白くすることで、通常の歯磨きだけでは得られない美しい輝きを実現することができます。

ホワイトニングにはいくつかの方法がありますが、右京区で主流となっているのはホワイトニング剤という特殊な薬液を定期的に歯に塗布して色素変性を起こさせ、徐々に白さを生み出すというものです。これには右京区のクリニックで行うオフィスホワイトニングと自宅において自ら行うホームホワイトニングの2種類があり、前者の方が費用が高額になる代わり比較的短期間で効果が発現します。最近では薬液の塗布後に特殊な光を照射することで薬効を強化し、1回の治療のみでも効果が出せる方法も開発されています。

 

部分的に入れ歯にする

部分入れ歯とは失った歯の部分だけに入れ歯をいれて、その入れ歯を残っている歯に金属のフックをかけることで入れ歯を安定させる方法です。部分入れ歯はきちんと設計して治療を行えばしっかりと噛むことが出来て、長期にわたりそれを維持できる方法であります。

部分入れ歯は歯科医師の治療の技術も重要ですが、入れ歯を作る歯科技工士の技術も重要です。両者が連携を取り合ってよい部分入れ歯を作っていく必要があります。 歯科技工士が入れ歯を作る際に次のことを重要視しているそうです。まずは歯に負担をかけず、残っている歯を守るシステムを設計することにあります。次にばねに食べかすがたまらないように衛生面に気を遣った設計を行っていきます。更には見た目の違和感を抑える努力もします。このようなことを気をつけて患者様に喜んでもらうようにしています。

部分入れ歯には様々な種類があります。 一般的に使われているのがプラスチックを材料とした入れ歯でしょう。 また、入れ歯の歯茎に当たる部分にシリコーンのクッションをはったものもあります。これにより痛みが緩和され、個人差はありますがよく噛めるようになり食事の幅が広がるというメリットもあります。

また、部分入れ歯は金属のばねを取り付けて、残っている歯にひっかけるのですが金属の部分をプラスチックの材料で作るものもあります。これは口の中に入れたときに入れ歯特有のばねがないため見た目で入れ歯とわかりづらいというメリットがあります。

ほかにも、ばねを使わず磁石でくっつけるマグネット式の入れ歯もあります。 他にもさまざまなタイプの部分入れ歯がありますが、歯科では患者のタイプに合わせて適切なものが選ばれます。

 

歯周病を改善しよう

歯の汚れがそのままだと、歯垢から歯石へとなってしまうのです。 歯石にまで変化してしまうと、歯磨きで取る事は出来ません。 歯垢や歯石があると細菌が繁殖し、歯茎の炎症を引き起こす歯周病の原因となります。 歯周病は症状が悪化すると、心臓病や動脈硬化など全身に悪影響を、及ぼす事が分かっている為、早めに歯科クリニックで治療しましょう。

歯周病の歯科治療として、ポピュラーなのが「スケーリング」です。 スケーリングは特殊な器具を使い、歯に付着した歯石を剥ぎ落していきます。 保険が適用される歯科治療という事もあり、費用は1000円程度です。 リーズナブルな治療ですので、その点では受けやすいのではないでしょうか。

歯周病の治療は歯科クリニックでは、ポピュラーに行われています。 なぜなら歯周病はお子さんから、ご高齢の方まで幅広い年代の方に起こる、疾患だからです。 歯周病は歯茎が炎症を起こすというトラブルだけでなく、全身にも悪影響を与える事が、近年分かってきました。 ですので、早めの治療で改善する事が大切です。

歯周病治療は治療の方法により、必要な金額が変わってきます。 例えば歯周病治療の基本、スケーリングは1000円程度で受けられる治療です。 ただ、歯周病の症状が中度になると、ルートプレーニングという、スケーリングでは落とし切れなかった、歯の根っこの歯石を取り除く治療を行うケースが出てきます。 このルートプレーニングは、歯1本あたりにたいし、約200円程が相場です。症状が重度にもなると、フラップ手術という歯茎を切開し、歯石を取り除く治療を受けなければいけません。 フラップ手術は数千円から10万円程度、かかると言われています。 このように、歯周病治療には色々な種類があり、また費用も変わるので、事前に医師に相談する事が大切です。

Pick Up