歯の治療

根管治療というのは歯科もしくは口腔外科で若干の時間をかけて行う歯の治療のひとつです。その原因となる疾患は圧倒的に虫歯が多く、歯がかけてしまったり歯根が割れてしまったりというケースは虫歯と比べると少ないのが現状です。虫歯は最初歯のくぼみの部分や歯と歯の間や歯と歯肉の境目などに出来る場合がほとんどです。初期の間に治療しきる事が出来れば、ごくごく軽い治療ですませる事が出来ます。根管治療まで進んでしまった場合は、見える歯の上部だけでなく、歯根まで虫歯の影響が出ていて生活面にも支障が出始めている頃合いです。歯根まですすんでしまっている歯の治療が、根管治療だと覚えておくと良いでしょう。この状態でも早めに治療のとりかかれば、比較的短い期間で治療を完成させる事はできます。手順はまず、歯のどのあたりの深さまで症状が進んでいるかを見て判断する為にレントゲン撮影を行います。最初のレントゲンで患部がはっきりわからなければ、CTなどの撮影を行います。複数の種類の種類の画像でより患部の詳細を見て判断する為です。

歯の根管治療は、歯のどのあたりの深さまで症状が進行しているかの状態で期間や方法が若干変わってきます。まずこれ異常の進行と再発の防止の為に消毒剤を使い歯根の消毒と内部の膿をすいあげます。 進行した虫歯の歯根や、神経が入っていた穴より消毒用のキットを入れて定期的に交換して膿をとりきります。これがどれだけ消毒しきれるかで再発のリスクを減らす事が出来るので、最も時間のかかる治療時期です。膿がきれいに出来ったら内部をさらに消毒して充填します。レントゲン画像で膿が大きすぎて消毒剤で間に合わないレベルのなると、直接あごの骨を切って膿がたまっている患部を切りとって縫合する方法に切り替わります。 この場合は歯根は歯根膜という1枚の膜にくるまれているのですが、歯根膜が袋の状態になって膿を受け止めている状態がほとんどです。この膿がたまっている部分を切り取り、先端部分を消毒した上での縫合になりますので抜糸まで若干時間を必要とする事と定期的にレントゲンで患部の回復状態を医者にチェックしてもらう事になります。根幹治療は治療を終えた歯の症状が再発しない為の治療なので、治療期間には余裕をもって確実に治してしまいましょう。

有名な治療

ここ数年で、インプラント治療を行うデンタルクリニックの数が、かなり増えてきました。これは、インプラント治療が人々に受け入れられ、この治療法を選ぶ人が増えてきた証拠でもあります。これから、インプラント治療を受けようと考えている人も多いことでしょうから、インプラント治療の注意点について、いくつか例を挙げながら説明していきます。まず、一般の歯科治療よりも時間がかかります。短くても3カ月はかかると言われていますから、治療に時間をかけることができる人には向いていると言えます。また、自由診療になることもあり、患者の治療費負担が大きくなります。インプラント1本当たりの平均が、30数万円するという報告もあるのです。

そして、最も注意しなければいけないポイントは、インプラント治療は必ず成功するとは限らないところです。なぜならば、それだけ難しい治療法だからです。特に、骨移植や骨の造成術は熟練した歯科医師の技術が必要になってくるのです。これらの注意すべきポイントを知った上で、デンタルクリニックを選んでいく必要があります。ですから、治療費をできるだけ抑えながら、信頼できるデンタルクリニックを探す努力が必要なのです。そのために、インターネットのインプラント治療口コミ情報サイトが役に立ちます。このサイトでは、多くのデンタルクリニックの評判も分かりますし、料金も分かりますから、デンタルクリニックを比較しながら選ぶことができるのです。

予算を押さえる

電卓と通帳

これまでの矯正治療は、治療期間が長くて治療費用が高いのが特徴でしたが、最近は治療技術が進歩し、短い治療期間と低予算で矯正治療を受けられる環境が整いつつあります。とくにオススメなのが部分矯正とよばれる最新の治療方法です。部分矯正は、通常の全体矯正を行わず、気になる部分にだけ治療を行うため、前歯の出っ歯やすきっ歯だけを治したい人におすすめの治療方法といえます。前歯だけの部分矯正であれば、費用は全体矯正の3分の1程度の低予算で治療を受けることができます。前歯だけでなく、奥歯や八重歯の治療も可能です。治療期間も長くて半年ほどしかかからないため、仕事で忙しい人や、大事なイベントまでに治療を行いたい人におすすめです。

矯正治療は時間と費用のかかる治療です。そのため、他の歯科治療と比べて治療を受けづらいイメージがあります。しかし、最近では治療技術の進歩とともに、最新治療が普及しはじめ、矯正治療が受けやすい環境が整いつつあります。たとえば、前歯だけの部分的な治療であれば、早くて3ヶ月ほどで治療がおわるため、手間と費用がかからず、出っ歯やすきっ歯で悩んでいる方にオススメの治療方法といえます。また、透明なマースピースなど目立たない矯正装置も普及しはじめているため、これまで見た目を気にして治療を行わなかった方は、これらの最新装置を使用することで、治療中の精神的な負担を軽減させることができます。今後は、患者の立場に寄り添った最新治療の普及が求められていくとみられています。

早期発見が鍵

歯科医院に対する一般的なイメージを綜合すると、どうしても「痛い、怖い」といったネガティブなものが先行していしまいます。 しかしこれはあながち歯科医院の責任とばかり言えない部分もあります。というのも、歯の治療が痛かったり怖かったりするのは虫歯がひどくなって深く削ったり抜いたりしなければならないからで、ごく軽い虫歯の人、そして虫歯のない人であれば痛がる必要も怖がる必要もないのです。そして歯科医院は、虫歯をごく早期のうちに発見してくれる場所、虫歯にならないように防いでくれる場所でもあるのです。 痛い思いをするために歯医者に行きたくないのであれば、痛くないうちから定期的に歯医者に行く、これが歯の健康を保つ秘訣です。

現在、多くの歯科医院では予防歯科という診療科目を設けています。そこでは歯の状態を専門的な目でチェックし、もし悪い兆候があれば早めに治療してくれますし、悪いところがなければその状態を維持できるようさまざまなサービスを提供しています。その代表的なものがPMTCです。 PMTCはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門の機械で歯をきれいに掃除することです。自宅での歯磨きでは落としきれない汚れや細菌などを除去し、虫歯や歯周病を予防します。また、毎日の歯磨きがちゃんとできているかどうかもチェックしてくれます。磨き残しを作らないためのアドバイスや磨き方の指導も予防歯科の重要な要素です。

健康な歯を手に入れる

80歳や90歳でも入れ歯や差し歯ではなく、自分の歯を維持し毎日美味しくご飯を頂いている人も世の中には存在するのです。かたや、50歳目前から入れ歯や差し歯、インプラントにしなければいけない人も多いのです。この両者の違いは、実は歯並びにあると言えるのです。歯並びが良い人は高齢になっても自分の歯が丈夫で健康な人が多いのです。歯並びが良いと口腔環境を非常に清潔に維持できるのです。それは歯磨きが徹底され虫歯リスクが最小限に抑えられるからなのです。そのため歯が出ていたり、八重歯などが目立つようであれば矯正歯科治療を施すとよいと言えるのです。矯正歯科治療は現在従来の歯の表面に装置をつけて治療するもののほか、マウスピースや裏側矯正など選択の幅が広がっています。

こうした治療法の選択の幅が広がることによって、子供に限らず大人でも治療を始めやすくなっているのです。また治療法が多種類になることで当然のことながら治療費用の金額にも幅が出てきているのです。従来の歯の表面に装置をつける治療法で100万円前後の治療費がかかります。マウスピース矯正であると80万円前後が相場です。また裏側矯正治療は技術や知識に関し高度なものが歯科医に求められるので治療費用は120万円前後の費用がかかるのです。又それぞれの治療法には一長一短あるのも事実です。従来の歯の表面に装置をつける矯正歯科治療法は見た目の悪さが難点だと言えます。そのため最近では費用が割高になっても裏側矯正歯科治療を選択する人も多いのです。

 

Pick Up