魅力的な口元

歯はその人の見た目の印象を、大きく左右します。
歯が綺麗であれば、良い印象を持たれますし、歯が汚ければ不潔な印象を相手に与えてしまいます。
どれだけ端正な顔立ちをしていても歯がボロボロで真っ黄色なんていうような事になってしまうと、端正な顔立ちも全く意味が無いのです。
良い印象よりも悪い印象の方がより強く印象として残る事も、大きなポイントです。
そのため、相手に良い印象を与えようと考えた場合には、まずよく見せるために努力をするよりも、悪い印象を与えないようにすることが必要になるのです。
そうした、悪い印象を与えないようにするための治療を審美歯科や矯正歯科で受けることが出来るようになっています。
審美歯科では、歯を白くしたりすることが出来ますし、矯正歯科では歯並びを綺麗にすることが出来ます。またそれぞれの歯科でインプラントと呼ばれる様な歯が抜けた箇所に対しての治療を行ったりすることが可能なケースもあります。
部分入れ歯等では、一目見ただけで入れ歯であるといったような事が周りにもわかってしまったりします。ですが、インプラントの場合はそうした抜歯箇所も自然に仕上げることが出来ます。

綺麗な歯並びと、真っ白な歯を手に入れるだけで、今までとは全く違った印象を与えることが出来るようになっています。ですから、現在では非常に多くの人が歯を美しく見せるようになっているのです。

白くするために

「歯を白くしたい」、「金属の詰め物を白い歯に変えたい」などといった依頼者の様々な審美的な要求に答えるために審美歯科という治療があります。具体的には歯を白くするホワイトニングや、金属の詰め物を人口の白い歯に変えるセラミック治療、かけた歯の再生治療、歯並びの矯正などがそうです。 もっとも審美観は個人によって差があるため、出来るだけその要望に答えるのが審美歯科治療の究極的な目標と言えるかもしれません。 又それと同時に虫歯もしっかりと治すことが大事です。

審美性は健康な歯が土台となるのが大前提です。いくら審美性を重視しても歯本来の機能を損なってしまっては本末転倒になってしまいます。丈夫さと美しさを兼ね揃えた治療が審美歯科なのです。

審美歯科治療は審美性と機能面を二つながら全うする形で行われるのが普通です。そのためにはまず土台となる歯が健全でなければなりません。虫歯のある歯に審美治療を施したところで美しくもなりませんし、歯そのものが健康になる事も無いのです。

美しさは健全な口腔内の状態を下地をするものです。そのため虫歯があった場合はその治療が優先されます。虫歯が無くなってはじめて審美治療を行えるのです。 歯が綺麗になれば笑顔が引き立ちます。

笑顔が良くなればその人の人生も明るくなります。明るい人の周りにはより沢山の人が集います。そこには自然と幸福が形成されるのは言うまでもありません。 より良い人生を過ごすためにも歯は綺麗であった方が良いのです。そのために審美歯科があるのです。

期待される治療

歯は体の中でも重要な部分ですが一度失ってしまいますとなかなか取り戻すことができないものです。

大切な歯を取り戻す方法として現在インプラントという選択をとることができるようになっています。インプラントとは失ってしまった歯の代わりに、人口の歯根をあごの骨に埋め込み元合った歯と同じような人工歯をかぶせる治療法です。インプラントのはじまりは1952年に骨とチタンが結合するということが発見されたことからです。

その13年後の1965年にはスクリュー型のチタン製のインプラントが人へと使われ、以後研究が行われ徐々に成功率も上がっていきました。1980年になりますとその世界中で評価があがり多く取り入れられるようになり、我が国では1983年にはじめて導入され現在に至ります。

現在では歯を失った場合の治療法として代表的なものとなって、皆が知るものとなっています。しかしながらすべてのケースでインプラントが適用できるわけではないです。そのケースとは歯周病などにより骨が溶かされてしまったり歯茎が極端に下がったり、インプラントを埋め込むために十分な骨量を確保することができない場合です。

このような場合には現在あきらめざるを得ないですが、今後骨移植や骨造成法などを活用し骨を十分確保していくことにより可能にしていくことが必要であり可能にしていかなくてはならないことです。また現在インプラントを適用できる人への今後としてはその成功率を上げたり、治療にかかる時間を短縮していくことが期待されます。

インプラント治療

年をとるにつれて、体力は衰えてまいります。勿論歯も例外ではありません。一番大きな原因は、歯槽膿漏です。多くの人が歯を失い、食事がままならない事で体力の衰えに拍車をかけていきます。原因は噛むことができないことです。それを解決する方法として、インプラント治療方法が開発されました。

インプラント治療とは、簡単に申せば人工の噛める歯を作る事です。噛むことができるようになると、食事の幅も広がりおいしく食べることで、身も心も健康となってまいります。このようにインプラント治療は素晴らしい効果があるのですが、保険のきかない自由診療です。従って、病院により治療費が異なります。

通常奥歯のインプラント治療1本につき、30から45万円程度が相場です。ネット上では10万円からの治療も紹介されています。ただ、インプラント治療は専門的知識や難しい技術が必要とされるので、それなりの費用がかかります。従って、医師や病院の選択は慎重に行うべきでしょう。

インプラント治療とは人工の歯を作る事と申しましたが、その方法はまず歯を支える土台である歯根を作ることです。

それは、チタンという金属の支柱を顎の骨に埋め込み作る事ですが、この点が最も重要なことで後々まで大きく影響いたします。従って、人工歯根を埋め込むことができる顎の骨かどうか検査し、不足であれば骨を増やす移植等を行います。その為治療期間は、3ケ月から長くて1年程度かかる場合もあります。

そしてインプラントを埋め込む手術をして、その後治療は終了いたしますが、術後も定期的に検診する必要があります。従って、顎の骨の状況で治療期間に個人差があり、費用が異なってまいります。平均で30から45万円とされますが、治療期間や使用する素材、病院の診療システムから治療後のフォローも費用がかかる要因です。それだけに、確かな技術と信頼ある病院を選択されることが大切です。

最後に、インプラント治療は「医療費控除」の対象です。年間10万円以上の医療費は税金の一部が還付されるので、領収書等は必ず保管しておきましょう。

ドル 束

数年で増えてきた

矯正歯科は一昔前まではありませんでした。ここ数年の間で随分と増えてきたのは、美への意識が高まってきている人が増えてきているからと言えるかもしれません。 最近は男性でも美への意識の高い人が多く、見た目を重視するようになってきています。

歯並びが悪ければキレイに治せばいいという考えを持つ人が増えてきたのです。 矯正歯科では歯並びを治すことから、歯や口元に関する様々なことを治療してくれる専門的ところです。噛み合わせが悪いことで身体に様々な症状が出てしまっているという人も、矯正歯科でしっかりと治療することで悩みを解決することができます。

また、矯正歯科がこれだけモテはやされるようになってきたのは、ある程度のお金をかけられる人が増えてきたことも関係しているのかもしれません。自分磨きの一環として治療を受ける人も増えてきています。

矯正歯科は今後も需要が増え続けると予測できます。歯並びを治すことが主流となってきているからです。芸能人だけではなく、歯は誰にとっても命と言えるほど重視される世の中となってきています。

自分の歯でいつまでも過ごせるようにするには、矯正歯科の存在は欠かせません。 また、矯正歯科は老若男女が通える場所となっているところも今後の安泰へと繋げることができます。小さいうちから矯正歯科に通って歯並びを治すという子も増えてきているからです。中高生からでも遅くはありません。もちろん、大人になってからでも治療することはできます。

ある程度の費用がかかるため、社会人になって働いてから自分のお金で治療するという人も多くなってきています。

気にならない矯正

矯正歯科で歯並びを治療するとなると、一昔前までは、歯に銀色をした目立つ矯正器具をつけるイメージがありました。 1960年代からは銀色のメタルブラケットに銀色のワイヤーが主流でしたが、1980年代になるとメタルブラケットから透明のブラケットによる施術に人気が高まりました。

矯正歯科における手術も患者の希望により、透明ブラケットを選択される方も増えてきたのです。 目立つ矯正から、目立たない矯正へと変革を遂げてきましたが、矯正歯科での技術の向上により、さらに審美性を追求することができる矯正方法が開発されたのです。 それは、歯の裏側から行う歯の矯正で、舌側矯正と呼ばれる技法です。

さらに矯正歯科技術が進化を遂げ、ついにブラケットやワイヤーを使用しないインビザラインという治療法がアメリカで開発されたのです。

歯の矯正は、矯正器具をつけること自体が、精神的なストレスだと感じてしまう方も多くいるのではないでしょうか。 しかし現在の治療法には、選択肢がいろいろと用意されています。

矯正方法も目立たない方法で行うことができるので、誰にも気づかれずに歯列矯正を矯正歯科で行うことができるのです。 舌側矯正の場合だと、表側矯正に比べると、食べた物がブラケットについてしまい、すぐに歯みがきをしないと歯の衛生面でもよくありません。 しかしアメリカで発明されたインビザラインやクリアライナーという矯正方法は透明な歯の形をした入れ歯のようなものを自分で被せるだけで歯の矯正をすることができます。 取り外しが自由にできるので、食事中も歯みがきも違和感なく行うことができるでしょう。

新しい矯正器具の普及はカナダではおよそ7割がこの方法で歯列矯正を行っているそうです。 日本の矯正歯科もこの新しい矯正方法を取り入れている矯正歯科も増えているので、将来はもっと認知度も上がり普及されて行くことでしょう。

歯と医者 イラスト

 

Pick Up