歯医者を選択する基準

歯科治療のイラスト

みなさんは歯医者さんを選ぶ際にどのような基準で選んでいるでしょうか。中にはよく基準が分からなくて、選んでしまっている方もいると思います。なので、今回はこんな方のために、歯医者さんを選ぶ際の大きなポイントを紹介していきます。 一番重要なポイントとして挙げられるのが、その歯医者さんが患者さんに対してどのような対応で治療をしているのかです。

まず、自分の抱えている問題に対して、適切な治療をしているかなんてものは、お医者さんやその道に詳しい人にしか分からないと思います。しっかりと調べれば分かることなのでしょうが、そんな時間をかけてまで選ぶのは時間の効率の無駄であると言えます。なので、素人の私たちが歯医者さんを選ぶ際のポイントとしては、きちんと説明をしてくれて、ちゃんとコミュニケーションが取れるのかが最大のポイントとして挙げられるでしょう。

多くの方が良い歯医者についての条件において間違えていることがあります。今回はこのことについて紹介していきます。 患者さんが多いというのは、それだけでは良い歯医者とは言い切れません。たくさんの患者から信頼されて人気があることは確かですが、その分忙しくなり一人ひとりに十分に時間をかけて診療をできないというデメリットがあります。

次に、虫歯などで治療を受けに来てその治療が終わった後にしっかりと今後の再発の予防の相談をしてくれるのが、良い歯医者さんです。良く治療だけのすごさを宣伝する所もありますが、腕が良いということは大きなメリットですが、それだけではなくて、きちんと予防についての相談とメンテナンスを親身にしてくれるところの方が結果として、病気になりにくく良いと言えます。

 

期待される進化

今後の矯正歯科治療はさまざまな特長を持った矯正装置が開発され進化していくものと思われます。というのも、過去の矯正装置を見てもそれぞれバラエティに富んでいることがわかりますし、何よりも患者ごとで治療に対する要望が異なるためです。

また、審美性に優れているものや着脱可能な矯正装置が開発されることで、今まで治療に踏み切れずにいた方も治療を検討できるようになるはずです。従来の矯正装置には無い特長を備えたものは矯正歯科治療の常識を覆してくれます。それまで当り前とされていたことが当たり前でなくなるため、治療の普及率はそれまでよりも高くなると思います。より多くの患者の生活に合わせられるような、特長的な矯正装置を開発してほしいものです。

矯正歯科治療の質は矯正装置の良しあしだけで決まるものではありません。装置を取り付ける医師には技術や知識、臨床経験が大きく影響していきます。よって、歯科医院を選ぶ際には、担当される医師についても確認しておく必要があるということになります。歯科医師の良しあしを判断する場合、先ほど挙げたことは矯正歯科治療に関連する資格や実績を知ることである程度判断することができます。

しかし、歯科医師はそれだけではなく、患者とのコミュニケーションが取れているかも重要となります。コミュニケーション能力が劣っている医師の場合、患者にとって最善の治療法を選択できない可能性も十分に考えられます。よって、私たち患者の意見を尊重しながら、専門家としてしっかりと判断ができる医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

 

選択肢の検討が重要

「歯」は人間の外見の印象を左右する大きな要素です。自分磨きを行ないたい場合、まずは審美歯科に通って歯を美しくするようにしましょう。審美歯科に通えば、歯を美しくするための多様な治療を受ける事ができます。 近年人気の審美歯科では、できるだけ患者様が今持っている歯を削らずに治療を行なう方法を考案しています。

大人の歯は乳歯と異なり、生え変わる事がないものです。再生医療による歯科治療がまだ実用化されていない時代において、「今ある歯」を美しくする努力は欠かせないのです。 他にも、歯の治療と言えばとかく時間がかかるものとして知られていますが、人気審美歯科であれば数回の通院で治療が終了する場所があります。

こうした治療は急ぎの結婚式がある場合も使い勝手が良いのです。

審美歯科に通う場合、まずは自分の望む治療方法を取り入れている病院を探す事が最も大切です。例えばホワイトニングやインプラントに使う材料は審美歯科ごとに変わりますので、見た目も価格も納得が行く治療施してもらうために「歯医者選び」に慎重になりましょう。

近年はインターネット上に審美歯科の人気ランキングが存在しています。最も患者様から評判の良い審美歯科を探す場合は、こうしたランキングを利用すると良いでしょう。 素敵な審美歯科を見つけた場合、次に予約の電話を入れます。人気歯科であるほどお客様の予約は埋まっていますので、必ず事前に電話して確認するようにしましょう。結婚式を前に控えて歯を綺麗にする場合、できるだけ早めに予約を入れる事が大切です。

 

治療の経過

インプラント治療の際には歯根となるボルトを歯茎やあごの骨に埋め込む手術が必要になってきます。これがインプラント治療の大本となるのですが、手術に際しては注意しておきたいことがいくつかあげられます。これはインプラント手術に限ったことではないのですが、歯茎を切開、もしくはあごの骨を傷つけた際どうしても出血と痛み、腫れを伴ってしまいます。

もちろん手術中は麻酔が効いているので痛みは全く感じないのですが、麻酔が切れるとともに痛みを強く感じてしまうことがあるのです。病院によっては痛み止めを処方してくれるのですが、タイミングをうまく考えないと時には激痛で夜も眠れないという事態になりかねないので注意が必要です。

手術後、人によって多少の差はありますが、数日がたてば患部の痛みや出血、腫れは収まってきます。中には手術後2、3日で痛み止めが必要なくなったといいう人もいるほどです。ただ、手術後の経過は手術の際に負った患部のダメージに比例しているのでより難しい処置が行われた際にはその分痛みや出血も長引く傾向にあります。

ではより痛みの少ない、安全な術後経過を送るには一体どうすればいいのでしょうか。それは意外に簡単で、より評判の良い歯科クリニック、技術のある歯科医師の診察を受ければいいのです。実はこのインプラント治療、自己診療ということもあってか治療を行う歯科医師の腕がもろに出てきます。より安全で痛みの少ない治療を受けたいというのであれば、事前に評判の良い歯医者を探しておくのもいいかもしれません。

Pick Up