最新インプラント治療

歯の模型

インプラントは、歯茎や隣の歯に装着するだけの入れ歯と異なり、顎の骨と一体化しています。そのため、強く噛み締めることができる点が特徴です。しかしその顎の骨がもろかったり薄かったりすると、インプラントを固着させることができません。昨今では薄型のインプラントも開発されていますが、それでも安定性を上げるためには、ある程度の厚みのある頑丈な顎の骨が必要になります。顎の骨をそのような状態にするためにおこなわれているのが、骨移植です。人工骨あるいは自家骨を移植することで、顎の骨を増やすわけです。自家骨の方が顎の骨とくっつきやすいのですが、しかしその場合はまずは自家骨を採取する手術を受ける必要が生じます。インプラントを埋め込む手術とあわせて、2回の手術を受けることになるわけです。その分治療費が多くかかることになりますが、よりしっかりとインプラントを固着させることができるようになります。

骨移植に使われる骨は、多くの場合は下顎から採取されます。特に、下顎隆起を起こしている人の場合は、その部分の骨を使った骨移植がおこなわれます。下顎隆起とは、下顎が発達して、下の歯茎の内側で盛り上がってくることです。歯を食いしばる癖のある人に多く起こる現象で、盛り上がり方によっては咀嚼障害を起こす可能性もあります。しかしこの部分から骨を採取することで、下顎隆起はなくなります。つまりインプラントにおける骨移植には、下顎隆起の治療効果もあるわけです。下顎隆起を起こしていなかったり、下顎の骨自体にあまり厚みがない人でも、自家骨移植によるインプラント治療を受けることは可能です。この場合は、骨盤や膝から骨採取がおこなわれるのです。

歯の治療法の一つ

ここ数年で、多くの人々から支持を得てきた歯の治療法として、インプラントがあります。インプラントでは、フィクスチャーというチタンやチタン合金で作られた人工歯根を、歯の土台となっている歯槽骨に埋め込んで、義歯を固定する訳ですが、実際には、人工歯根を埋め込むだけではないのです。治療に入る前に行うCT等による画像診断で、歯槽骨に骨の量が不足していると判明すれば、骨移植を行うことになるのです。インプラントにおける骨移植とは、本人の骨を使って歯槽骨の骨実質を増やす施術のことです。そして、骨移植を成功させるためには、熟練した歯科医師の技術力が必要になるのです。また、インプラントを実施する場所の歯槽骨の状態で、骨移植の術式も変わってきます。

インプラントで骨移植が必要となる場合には、さらに治療の難易度も上がることになります。そこで、インプラントを成功させるために、治療実績が豊富なデンタルクリニックで治療を受ける必要があるのです。デンタルクリニックにおける治療実績は、インターネットで確認することができますが、治療実績が多ければ多いほど、インプラントにかかる治療費が上がって行く傾向があるのです。このことは、インプラントが自由診療にあたり、デンタルクリニックで治療費を決めることができることと関係しています。噛み砕いて言うと、治療を成功に導く自信があるデンタルクリニックでは、安心料として高い治療報酬を要求する訳です。ですから、治療費の安さだけでデンタルクリニックを選ばない方が無難です。

治療のリスクも考える

インプラントの治療はあごの骨を削って歯根となるボルトを埋め込む手術がどうしても必要になってきます。その際に誤って神経をを傷つけてしまうと唇や顔がひきつってしまったり、痺れが残ってしまう可能性があるのです。これだけを聞くとインプラント治療自体が怖いものなのではと感じる人もいるかもしれませんが、これはあくまで最悪のケースを紹介しただけで、インプラント治療を行ったからすべての人がそうなるというわけではありません。歯医者さんではそうならないために、事前の検査が徹底されますし、医師の判断の元、正確な処置が行われていきます。ですから、こういうリスクがあるということだけを押さえておいて、そこまで心配する必要もないのです。

とはいっても、手術を行う際にそのリスクはどうしてもついてきてしまいます。ですが、患者側の心がけでそのリスクも幾分軽減することもできます。それはインプラント治療を行う歯科クリニックをうまく選んでいくことです。インプラント治療は一見どこも同じように思われるかもしれませんが、実は歯医者さんの腕によってその良し悪しが左右されます。あまりに評判の悪い歯科クリニックではその分患者への説明が不足しがちになり、結果的に医師とのコミュニケーション不足が原因でトラブルになりやすいのです。そうならないためにも、利用者はできるだけ評判の良い、自分が信頼できる歯医者さんを選ぶ必要があります。丁寧な歯医者であれば事前に納得がいくまで治療方針の説明、解説を行ってくれますし、その方が利用者も安心して手術にのぞむことができます。

口内を綺麗にケア

ある意味メイクより大切なエチケットのひとつに、オーラルケアがあります。ノーメイクの時はありますが、歯を磨かないという女性はいません。オーラルケアは、それくらい大切な身だしなみです。楽しみながらできるオーラルケアは、ちょとした趣味のようなもの。歯ブラシはヘッドの大きさや毛の固さが異なるものを用意して、フロスやマウスウォッシュなどを使い、いろいろなものを日替わりで使っている方も多いのではないでしょうか。口の中に入るブラシの大きさなどが変わると、とても新鮮な感覚がして歯磨きが心地よくなります。最近は歯の美白に力を入れる女性も多いようですが、歯が白すぎると、逆に肌がくすんで見えてしまいます。また、少し黄色い歯は、表面を覆うエナメル層が厚くて丈夫な証拠です。

極端に茶色とか1本だけ目立って黄色いというのでなければ過剰に、歯を白くする必要はありません。(オーラルケアで大切なポイント)口の中は案外雑菌が多いので、喉をうがいする時はまず口をすすいでから行ってください。そうでないと、のどの奥に食べ物のカスや雑菌が入りこんでしまいます。歯を磨く時も、マウスウォッシュで軽く口をすすいでから、歯を磨き、フロスを使い、仕上げに残っているマウスウォッシュで口をすすげば完璧です。歯ブラシを使う時は、歯と歯ぐきの間を細かくマッサージすること。こうすると歯ぐきの血行がよくなり、歯周病になりにくくなります。また近頃は、食後すぐ歯を磨くのがダメだという説もあります。食後の直後は食べ物の酸などが影響して歯がもろくなっているため、磨かないほうがよいとか。食後の後は、できれば30分経ってから磨くとよいでしょう。

Pick Up