入れ歯との違い

歯を失ってしまうことで、行われる治療法があります。その治療法とは、今までブリッジや部分入れ歯が主流でした。そして、全ての歯を失くしてしまうと総入れ歯にするしかありませんでした。総入れ歯は、毎日のお手入れが大変で、装着していても食べ物が挟まって痛い思いをしたりするのです。

さらに、総入れ歯を付けていると、時々口の中で外れてしまい、いかにも歳を取ってしまったかのような印象を受けるのです。そこへ行くと、最近普及してきたインプラント治療は違います。インプラント治療で見た目が若返るのです。インプラント治療ならば、自然の歯と見分けがつかないくらいの仕上がりになりますから、若々しい口元を作ることができるのです。

インプラント治療のメリットは、審美性が高いことはもちろん、とても安定した造りになっていますから、何でも普通通りに食べることができるところにあります。その一方で、インプラント治療は、自由診療になりますから治療費がかかります。さらに、インプラント治療をするには、特殊な機材や器具が必要となり、その分のコストが加算されるのです。

また、デンタルクリニックによっても技術料が異なってきますから、インプラント治療にかかる費用には大きな開きが生まれるのです。これに関しては、治療実績があり成功率が高いデンタルクリニックほど技術料が高くなるケースが多いのです。ですから、デンタルクリニック選びはとても重要で、インターネットで調べる必要があります。

 

メンテナンスの方法

最新歯科治療の1つである「インプラント歯科」治療は、近年、急速に普及してきました。「インプラント治療」とは、人工の歯根を顎の骨埋め込み、その後に人工歯冠を被せる治療法です。歯を失った際の治療として、今日では手術を希望する方が増えています。

「インプラント治療」が本格的に始まった時には、治療ができないと判断されるケースがありました。例えば、糖尿病や高血圧等の内科的疾患を患っている方の場合、治療が不可能でした。しかし今日では、症状が安定して急激な体調の変化等がなければ、治療が可能となっています。しかし骨粗しょう症等の場合は、注意が必要です。直接的に関係がないとも言えますが、インプラント治療後に不都合が出ないようにするためにも、内科医との判断が必要になります。

「インプラント歯科」治療後は、自然の歯と変わりのない使用感を手に入れることができます。「入れ歯」等と違い、噛む力も天然の歯と同等になります。審美的にも優れており、見た目の違和感が全くありません。

インプラント治療後は、きちんとメインテナンスを行なうことが大切です。歯科医による定期検診と毎日のケアが重要です。正しいブラッシングが大前提です。その際には、デンタルフロスや歯間ブラシ、デンタルリンスを併用することが望ましいと言えます。口中環境を良くするためにも、食生活には十分気を付ける必要があります。喫煙等は、極力避けるべきです。「インプラント治療」で手に入れた「歯」を長持ちさせるためにも、しっかりとアフターケアを行なうことが大切なのです。

 

専門医を選ぶ

歯医者は医者と同様に、標榜していい科目というものがあらかじめ決まっています。ただし、医者とは違い標榜していい科目は「一般歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「口腔外科」の4つとなっているので、どの歯医者がどのような治療を得意としているのかがわかりにくいとも言われています。

現在は、インターネットの普及とともに在籍されている歯医者について調べることもできます。診療を受ける前にどのような歯医者いるのか確認しておくことで、歯科治療を円滑にすすめることができるようになります。 ホワイトニングや顎関節症治療などの専門的な治療はもちろんのこと、ほとんどの歯科医院で治療が受けられる歯列矯正などは歯医者の特長を捉えておくことが必須とも言えるでしょう。

歯科医院を選ぶことによる治療のメリットは計り知れないものがあります。歯冠補綴治療や抜歯など、基本的なことはほとんどの歯医者が満足のいく内容であることは間違いないです。また、治療の内容によって多少は差があるのかもしれませんが、歯科治療の基本とされるような治療はどの歯科医院であっても大差はないと思われます。

しかし、やはり専門性の高い治療を行う場合、歯科医院を選ぶことは非常に大きな差となってくることは間違いありません。例えば、歯列矯正などの矯正器具を扱う治療に対しても歯医者の腕や臨床経験は非常に重要となります。特に、扱う矯正装置が特殊であればあるほど治療の優劣が変わってきます。 よって、自宅から近いからというような安直な理由だけで歯科医院を選ばず、しっかりと自分で判断することが大切です。

 

健康な歯を残すため

歯ブラシを持つ歯のイラスト

歯科医院は多くありますが、腕によって治療が長引いたり、痛い治療を受ける目にもあいますので、注意して選ぶようにしましょう。歯科医師の腕によって、その後の歯の調子にも関わってきます。さらに、抜歯をする場合は、抜歯が得意なところに行った方がいいでしょう。親しらずなどは、場合によっては複雑な生え方をしていることもあります。そういった歯を抜くときに、経験豊富で上手な先生でないと、不安だということもあるかもしれません。

また、抜歯するときは体調のいいときを見計らって行くようにしましょう。 長期間に渡って通わないといけないならば、自宅近くということにこだわらなくても、自分が通いやすい場所にある歯科医院でもいいかもしれません。

歯というのは、何歳でも大切なものですので、しっかりと健康に保っていきたいものです。高齢になっても、自分の歯を多く残すことは可能で、そのためには早い段階からのケアが重要になってきます。歯周病などのリスクもありますので、定期的な歯の健診が大切だといえるでしょう。 ストレスがかかると、体だけでなく歯にも影響が出てきます。自分だけでは分かりにくいということもありますので、やはり歯科医院に行くのが必要になってくるのではないでしょうか。

歯周病というのは、口臭の原因ともなりますし、歯が抜けるということも引き起こしてしまいます。歯磨きがしっかりされていないことも歯周病を悪化させてしまいますが、クリーニングなどを活用して、日々歯をきれいにしておくということも大切なのです。

 

費用の負担について

歯の治療費はこれからも全体としては横ばいで推移していくと思われます。健康保険もよほどの国の方針転換がない限りは特定の国民を除けば三割負担が続くと思われますし、今後もさほど歯医者での治療費が上がり下がりすることはありません。

通常の虫歯治療ですと、保険が適応で1回が1000円から3000円程度で、全体を通じても1万円前後で済みます。早めの治療が治療費が安く済み、また通院期間も短くて済みますので、それには日々のブラッシングと異常があればすぐに歯医者に行くことに加え、半年に1回、できることなら4ヶ月に1回は歯医者に健康診断に行くことが望ましいでしょう。またストレス社会で最近増えている歯ぎしりを緩和するマウスピースなども保険治療で5000円程度でこれも価格は今後も変動はあまりないでしょう。

歯医者がいったいいつからこの世界にあるのかという説は様々ありますが、古代エジプトでは歯の治療を既に行っていたと言われています。またインダス文明においても同様に歯の治療が行われていたといいます。どちらも紀元前のことですので歯医者の歴史はいかに長いかが分かります。このころの歯の治療と言うのは抜歯が主でした。調子の悪い歯を抜くだけというのは現在の歯医者の治療からすれば考えられないことです。

日本で現在のものに近い歯医者が導入されたのは明治以降です。ドイツ医学の導入を政府が決定したことによります。しかしそれ以前の日本においても抜歯をする人や歯の痛みどめを売る商人などがいたりもしました。現在ではインプラントや予防歯科などが発達し、安全で安心な歯医者となりなくてはならないものになっています。

Pick Up