インプラントと印象

歯医者 お見合いと言えば一昔前に行なわれていた結婚のためのイベントと言うイメージがありますが、現在でも上司や親戚の紹介でお見合い結婚をされる男女が存在しています。 お見合いは自分の一生を左右する大切な席ですから、当日まで自分磨きを怠らないようにしましょう。 特に歯並びに自信がない場合は、インプラント治療を受ける事が重要です。 インプラント治療であれば、前後の高さが違う歯を治してもらえるだけでなく、全体の歯並びを矯正する事も可能なのです。 ちなみに口腔内に一本インプラントを埋め込む場合、検査費用などもあわせて300,000円〜500,000円ほどかかるのが一般的です。 前歯は一本綺麗にするだけで印象が大きく変わりますので、インプラント治療を考慮してみましょう。 失われた歯の機能を取り戻すのは、人類にとって長きに渡る悲願でした。私達は事故や虫歯、また加齢によって日常的に歯を失いがちですが、一方でそうした歯の機能を取り戻すのは並大抵の努力では叶わないのです。 インプラント治療の「源流」と言える治療は、ローマ時代から行なわれていた事が分かっています。一方、その時代のインプラントは現在のように安全性が高いものではありませんでした。 広く歯医者で利用できるインプラント治療法が開発されたのは、比較的近年になってからの事であり、普及したのは1980年代に入ってからの事です。 そこからインプラント治療は長足の進歩を遂げ、現在多くの歯医者で使用される治療法の一つとして認識されています。

インプラントの治療

インプラントとは、抜けた歯のところに人工の歯を埋め込むことです。あごの骨に埋め込みをするのですが、まずは歯肉を切開して人工の歯根を埋め込みます。歯根が周りの歯肉としっかり固定されるまで期間を空けます。しっかりと固定されたら、頭出しをして結合部分となる部品を取り付けその上に人工の歯根を取り付けて完了となります。治療期間ですが、短くて3ヶ月長くても10ヶ月程度の治療期間がかかる長期間の治療なのです。まだ、保険の適用のされない自由診療ですので費用は高額となります。インプラント1本当たりで30万円ほどの費用がかかります。ただし、医療費控除は受けることができます。年末調整の時には治療費の領収書だけでなく歯科医院への交通費も対象となります。 抜けた歯の治療方法となると、インプラント以外にもブリッジや入れ歯があります。ブリッジは失った歯の両隣の歯を少し削って義歯をはめ込み一緒に固定する治療方法です。天然の歯と見た目の変わらない人工の歯を入れますが、まわりの健康な歯を削ってしまうデメリットがあります。入れ歯ですが、失ってしまった歯の場所に歯茎を含めた人工の歯をはめこみ、バネで固定する方法です。これまでされてきた治療法ですが、あごの骨がやせやすく周囲の歯にも負担がかかりやすいデメリットがあります。その点、インプラントであれば周りの歯を削るようなことなく治療ができます。また、噛み合わせの力も天然の歯と遜色ないほどの噛む力も強いメリットがあります。

口腔環境を整える

歯は口の中の健康はもちろんのこと体中の健康にも深く関係しており、虫歯や歯茎に問題があると虫歯菌や歯周病菌が血液を介して全身に廻り、脳梗塞などの脳疾患心筋梗塞などの心臓疾患、腎臓病、糖尿病、肺炎など様々な疾患を引き起こすことが分かっています。したがって、虫歯や歯周病などにならないような予防や、虫歯や歯周病の治療をしっかりと行うことが健康な体へと繋がっていきます。それでは虫歯や歯周病の予防方法を見ていきます。まず予防で大事なのは汚れを落とすということです。具体的にはデンタルフロスや歯間ブラシ、タフとブラシを使用して、歯と歯のあいだに挟まった食べ物のカスや歯垢を取り除くことで虫歯や歯周病の予防が出来ます。 歯磨きは毎食後行うことは当たり前ですが、その他にも1回の歯磨きの時間は最低3分、歯と歯の間、歯と歯茎の間の境目に歯ブラシの毛先を当て、小刻みに動かしながら1本1本丁寧に磨くようにします。このような歯磨き法とデンタルフロスや歯間ブラシ、タフとブラシを使用することが虫歯や歯周病の予防に大変効果的です。そしてもう1つ、歯科での定期検診が重要です。歯科では普段のケアだけでは落としきれない虫歯や歯周病の原因である歯垢や歯石などを除去してくれますので3ヶ月〜6ヶ月に1度の歯科検診をオススメします。何よりも歯科検診の結果で虫歯や歯周病が見つかった場合、早期治療を行えば負担が少なく治療をすることが出来るので、歯科検診の習慣を維持することが重要です。

早期発見

日頃、食べた物を噛み砕くために欠かすことができず、そして普通に人と会話を交わすためにも必要不可欠な歯ですが、この歯は意外と脆かったりします。 特に強い衝撃が歯に加わってしまった場合はあっさり折れてしまう場合があるので注意しましょう。 例えば道路で転んで顔面から周辺のコンクリートに飛び込んでしまった場合などは歯が折れてしまう場合があります。 軽い切り傷のように暫くしたら勝手に血が止まるって改善に向かうというわけではないので速やかに歯医者へ向かいましょう。 症状が酷い場合は差し歯に交換しなくてはならなくなってしまう場合がありますが、放置しておくとさらに状態が悪化してしまう可能性がありますし、単純に見た目も悪いので治療してもらうことに越したことはありません。 歯が折れてしまった場合の治療は円滑に治療が済むことが多いでしょうが、厄介なのは症状が非常に悪化してしまった虫歯です。 虫歯というのは実際に、寝ることができないほどの激痛に達しないと本当の虫歯の危険性を意識することができないもので、初期段階の少し痛い程度の虫歯なら大丈夫と軽視して深刻な症状にまで発展してしまう人が多いようです。 そのような状態になった虫歯の治療は簡単ではなく、訪ねた歯医者さんによっては問題が解決しない場合があります。 訪れた歯医者で診察してもらっても症状が改善しなかった場合は、別の歯医者を訪ねてセカンドオピニオンをしてもらえば今までの経緯が信じられないほど、あっさりと激痛を取り払ってもらえる可能性があるので、必要があれば歯医者のセカンドオピニオンも有効です。

Pick Up