歯の並びを正す

青りんごを持っている女性

昔は歯科に行くといえば、「虫歯のとき」と言うイメージが強かったと思います。しかし今では、歯科の役割も、とても幅広くなってきました。まずは、インビザラインについて説明します。なかなか聞きなれないですが、「歯列矯正」というと聞きなれた言葉だと思いますが、インビザラインとは、歯列矯正の一種です。今までの矯正はワイヤーやブラケットを使うことが一般でしたが、インビザラインは、それらを一切使わない矯正です。 マウスピース型の矯正装置を歯に装着し、歯を移動させる方法です。
これは透明に近いので、付けていることがわかりにくいことが一番の特徴で、厚さが1ミリ以下なので、付けている感じがせず、不快感も少ないことが多いです。そしてインビザラインは、自分で取り外しが出来るので、食事のときは外せるなどの特徴もあります。
次にインプラントとは、体内に埋め込む医療機器全体を指します。 そのため、人工関節や心臓ペースメーカーもこれに当たり、歯がなくなったときに顎骨に埋め込む人工歯根もインプラントと呼びます。 虫歯や歯周病・外傷などによって歯を失ったときに、顎の骨にインプラントを埋め込んで、そこに義歯を付ける療法がインプラント療法と言います。 一本から全部なくなった時まで、実施可能です。またインプラントは、保険適用外なので、全額自己負担になるので、高額になることが多いです。
このように歯科も多様化していて、ひとつの処置についても色々な方法があるので、気になることがあれば、まず歯科医に相談してみましょう。

変わる印象

口紅をしている女性

口元は意外と顔の印象を大きく左右する存在です。歯がぼろぼろだったり、歯並びが悪かったりすると、見た目の印象もあまりよくありません。女優や俳優、モデルなどで歯がぼろぼろだったりする人があまりいません。口元の美しさがそのまま見た目の美しさにもつながるのです。生まれつき歯並びが悪かったり、むし歯で歯が抜けてしまったりするのはある程度仕方がありません。しかし、そのような場合はインプラントやインビザラインで綺麗な口元を手に入れてみてはいかがでしょうか。
歯科で受けられるインプラントやインビザラインで、見違えるほどの美しい口元に生まれかわることが出来ます。顔のパーツをいじらなくても、口元を綺麗にするだけでぐんと綺麗な顔立ちになれますよ。行きつけの歯科があれば言う事がないのですが、もし無ければ、友人、知人の評判を聞いたり、ネットで調べれば信頼出来る歯科が見つかるはずです。
インプラントやインビザラインの治療を希望する場合には、その歯科医に治療方法の流れや注意事項、費用支払いの分割やクレジットカード対応等を聞いて、相談を仰ぎます。
このようにすれば、インプラントとインビザラインに関しての不安や疑問が消えて、すっきりとした気持ちで治療を受けることが出来ます。
歯科を利用することで歯や口腔内の問題を解決することができます。相談はネットや電話で行なうことができるので初めての方でも安心して利用することが出来るでしょう。

大切な治療

最近の歯科において、先端技術を使った新しい治療法として、インプラントとインビザラインがあります。 インプラントは、手術を伴う人工の歯の埋め込みの治療で、近年利用する人が急増しているものです。一方のインビザラインは、透明なマウスピースを決められた期間の装着によって、歯列を矯正するものです。 インプラントのメリットは、自分の失った歯を人工歯根によって取り戻せること、そして埋め込みの手術さえすれば、その後は普通の歯としてずっと続けられることがあります。
従来の部分入れ歯や総入れ歯の場合とは、煩わしさから開放されるという点では、比較にならない程の快適な生活が待っています。
また、インビザラインのメリットは、透明タイプのマウスピースのため、誰にも気付かれずに矯正が出来ること、期間的には最短で半年ちょっとで完了することです。皆さんは「インビザライン」「インプラント」という言葉を見聞きしたことがありますか。
まず「インビザライン」について説明します。「インビザライン」とは、マウスピース矯正の一つであり、着脱可能な透明のマウスピースを用いて矯正を行う方法をいいます。日常生活において「歯」は大切にせねばなりません。しかし、「歯」は使用しているうちに汚れてしまいます。治療も大切ですが、見た目をよく見せるためにもぜひ「歯科医」へ行き時々メンテナンスするようにしましょう。
他にもいろいろな矯正治療があるので知っておきましょう。

虫歯を改善する流れ

グローブ

虫歯は歯垢が歯に付着し、細菌が歯や歯茎を侵すことによって起こるのです。初期の段階では、表面のエナメル質が侵されますが、自覚症状を感じることはないです。
痛みやしみたりするのは、エナメル質の下にある象牙質が侵されたときで、外部からの刺激が神経のある歯髄に伝わることで痛み等を感じるのです。進行したまま放置しておくと、最終的には歯を抜かなくてはならなくなり、歯並びや噛み合わせの悪化にもつながりかねないのです。
治療法は症状の度合いに応じて異なり、初期の段階では、歯を再石灰化すれば治る場合もあるのです。進行が歯髄に達した場合は、歯を大きく削らなければならず、痛みを鎮めるため神経をとる治療を実施しなければならないのです。
小さいものだと削り取った後に樹脂等で穴を塞ぎ、中程度は歯の型を取って金属等を歯に被せる治療が行われるのです。深く大きいものであれば、歯がぶつかり合う際の力に耐えられるよう、周囲も削り被せることが主です。予防法として歯科医院でフッ素を塗ってもらう方法があり、フッ素には酸の生成を抑制する働きがあるほか、抵抗力の強い丈夫な歯を作る作用もあるのです。効果的に活用するためにも、3ヶ月に度塗布してもらうのが望ましいでしょう
。歯磨きだけでなく、食生活も見直したいものです。細菌が口の中で活動しにくいよう甘い物は控え、よく噛んで食べることが大事です。よく噛むと唾液の量が増え、歯のエナメル質を再石灰化する働きが促進されるのです。

Pick Up