子どもも安心

歯科医院は一般診療やインプラント、小児科と様々なところがあります。その中でも子供が安心して診療できる所を見つける必要があります。歯科医院では子供をむりやり押さえつけて施術したり、いきなり痛みが大きい治療をすることがないため両親もとても安心です。

子供が慣れるまで痛みの少ない治療を少しづつ行うため、慣れてくるまで根気強く行います。子供が嫌がるのに無理やり治療を行うことで時間も余分にかかってしまい、なかなか治療が上手くいかない場合が多いからです。離乳食の時期には哺乳瓶を使用しての虫歯が多く見られます。意外と知らない事実も歯科医院はとても詳しいためわかりやすく説明してくれます。

歯科医院では小さな子供の歯磨きトレーニングや摂取するのを控えるほうが良い食べ物や飲み物を教えてくれるため、両親もとても勉強になります。初めは口に含んでぶくぶくさせる方法など簡単なことから子供に教えることで歯磨きが習慣付きます。

大人も最近利用者が多いのがインプラント治療です。従来は健康な歯を削って義歯を入れる方法を採用しておりましたが、インプラントでは健康な歯に負担をかけることなく義歯を入れることができるため見た目がとてもきれいです。X線検査や模型などの検査によってインプラント治療が可能かどうかの判断を行います。インプラントを長く使用するために自分でできるメンテナンス方法も教えてもらうことができます。

 

老人に適している

現在、越谷市では福祉を視点に置いた歯科医療の在り方が問われています。歯医者に自力で通えない人のための出張歯科診療が多くの地域で行われるようになってきました。実は、歯医者に行かれない人の方が、虫歯や歯周病が深刻な事態になっているのです。それでも、自力で動けない人は、助けを求めることも遠慮がちになりがちです。そして、歯の具合を悪くすることで、体全体の障害も悪化させてしまうという悪循環が懸念されています。

そのような事態を防いでいくためにも、越谷市で行われている出張歯科治療は重要な意味を持っています。歯の健康は、元気な人にも障害のある人にとっても、同じように重要なことなのです。お年寄りや体の不自由な人にとって、越谷市の出張歯科診療は無くてはならないものになっています。

越谷市の出張歯科診療を受ける場合の注意点として、多くの場合、出張費の請求があるということも忘れてならないことです。最近では、福祉を支える立場として、出張費を請求しない歯医者さんも出てきました。そして、そのような歯医者さんの新たな試みとして、月ごとに回る地域を定めて、それを住民に広報している所があります。自分の住んでいる地域を巡回する日に予約を入れれば、出張費は請求されません。

この方法で、サービスを受ける人の負担を少しでも減らしていこうという試みです。調べてみれば、既に多数の歯医者さんが始めています。家族に体の不自由な人がいる場合は、大きな助けになります。越谷市で出張診療が可能かどうかの情報は、地域の歯科医師会で確認できます。

 

歯石と歯垢

歯科では、歯を綺麗にすることが出来ます。それは歯の治療前に行われる歯磨きです。食事した後の歯には、歯垢が付きやすく、すぐに歯を磨かなくてはその歯垢を取り除くことが出来ません。しっかり取ることが出来なかった歯垢は、放っておくと歯石化するため、歯を磨く必要があります。

特に歯と歯の間や歯茎の境目などの部分は、この歯石ができやすいです。そこの部分は、普通の歯ブラシでは、取り除けないため歯間ブラシや回転する歯ブラシなどを使って磨く必要があります。しかし、歯垢が歯石化すると取り除きにくくなります。そのため、歯石になる前の歯垢を歯ブラシで除去することが大切です。歯垢がない歯にするためには、歯ブラシの使い分けを行うことがコツです。

歯ブラシに歯と歯の間を磨きやすくしているものや歯と歯のかみ合わせをしっかり磨ける先の尖ったものなどがあります。これらを上手に使って賢く歯磨きをしましょう。

歯の裏側は目立たないため、歯磨きのし忘れが多い部分でもあります。そんな時は、歯ブラシを縦にしてしっかり歯磨きを行うようにしましょう。そうすることで、歯の裏側の歯石もしっかり取り除くことが出来ます。歯の歯石や歯垢はそのままにしておくと、虫歯や歯周病などの病気を引き起こす原因になるため、歯の状態は自宅の鏡で毎日チェックすることが大切です。自分で歯の歯垢や歯石などを取れなかった場合は、歯科で歯を綺麗にしてもらいましょう。そうすることで、歯周病や虫歯を予防することが出来ます。

 

虫歯治療の方法

歯科医

虫歯は、放置しておくとどんどん進行していきます。金属の腐食が進んでいくのと同じで、やがてはその歯の根まで、虫歯が広がってしまうのです。 しかし歯科では、虫歯となっている部分を削ることで、進行を食い止めることができます。削った部分には穴が開くことになりますが、そこには詰め物が入れられるので、元の歯と全く同じように使うことができるようになります。

虫歯が大きくなっていた場合には、穴ではなく歯の大部分が削られることになりますが、その場合はクラウンというかぶせ物が歯根に取り付けられます。また、歯根も虫歯になっていた場合には抜歯がおこなわれますが、その後はインプラント治療を受けることで、人工の歯根を取り付けてもらえます。

このように歯科では、虫歯がどれほど進行していたとしても、歯を問題なく使えるような状態にしてもらうことができるのです。

また、虫歯を削った後の詰め物やかぶせ物には、金属が使われることが多いです。いわゆる銀歯ですが、これは健康保険の適用内となっているため、治療費の支払い額が比較的少額で済むことから人気があるのです。

しかし昨今では、銀歯だと色が目立ってしまうことから、白い詰め物やかぶせ物を希望する声が増えてきました。とはいえレジンだと、強度がそれほど高くないため割れてしまう可能性があります。またセラミックやジルコニアだと、健康保険の適用外なので治療費は高めになります。

そのため歯科では、金属とレジンを一緒に使った治療が一般的になってきています。大部分を金属で作り、表面のみを白いレジンにするのです。金属にもレジンにも健康保険が適用されるので、治療費の負担は少なめで済みます。それでいて見た目は美しく、強度もレジンのみのものより高いのです。

このように昨今の歯科では、患者の虫歯を単に治療するだけでなく、見た目を良くしたり経済的な負担を少なくするような配慮もおこなわれるようになっています。

Pick Up