治療を始める

矯正歯科と聞くと多くの人がお金ばかりが掛かってしまうもの、見た目を良くするためだけのものと考えてしまうでしょうが、実はそればかりではありません。確かに矯正歯科はケースによっては全額自己負担で行うものですが、それを行うことによって未然に虫歯を予防することができたり、姿勢を改善できたりと良いことも起こりうるのです。

歯並びは人の印象を大きく左右するものですから、綺麗にしておくことに越したことはありません。そして、子供のうちの矯正歯科は歯並びが綺麗になるだけでなく、将来的な病気を予防することにもなるのですから得られるメリットは案外大きいものなのです。 要は、後々になってかかってくるであろう虫歯や病気の治療費をどれだけ初期投資に回せるかということなのです。

では、具体的に子供が歯科矯正を行うのはどんなタイミングが良いのでしょうか。多くの矯正歯科クリニックでは子供の歯がすべて生え変わったタイミングで矯正を行うのがベストだとしています。乳歯の時にどれだけしっかりと歯科矯正を行っていようが、生え変わりの際にそれが崩れてしまう可能性があるのです。ですから、出来るだけそのリスクの少ない生え変わりの後、小学校高学年から中学生程度がベストなタイミングを言えるでしょう。

ただ、そのころの子供といえば思春期真っ盛り、中には人目を引く矯正器具に抵抗を表す子もいるでしょう。 最近では、比較的人目を引かない透明な器具、あるいは歯の裏側から治療を行う治療法もあります。そういった心配のある子供でもこれなら挑戦しやすいのではないでしょうか。

 

矯正歯科治療の現状

歯科医と歯のイラスト

日本人は歯並びと言うものを非常に軽く見る傾向にあるのです。それは西欧諸国のように歯を見せて笑う文化があまり定着しておらず、日本人の多くがアルカイックスマイルと言って微笑を見せる傾向にあるからです。しかし会話などしていると自分が思っている以上に歯は目立っているものなのです。魅力をさらに高めるには綺麗に歯並びを整えることが大事なのです。

歯並びを綺麗にするには矯正歯科治療が非常に有効です。矯正歯科治療は歯に装置をつけたり、治療期間が長いなどデメリットも多いものですが、長い目でみるとメリットが非常に多い治療なのです。治療をすれば歯並びが綺麗になるほか、噛み合わせもよくなって咀嚼や発音が正常になるのです。また慢性的な頭痛や肩こりが解消される人もいるのです。

メリットが多い治療だけに、大人になってから矯正歯科治療を考える人も多いものです。こうした大人の矯正歯科治療で人気なのが、マウスピース矯正なのです。マウスピース矯正は透明のマウスピースを装着し、歯に微弱な圧力を加えます。一ヶ月に一度歯の動きに合わせてマウスピースを交換し、理想的な歯並びにするのです。

このマウスピース矯正であると、治療していることが他人に知られることはありません。また治療中でもマウスピースを外して食事を楽しんだり、歯磨きを徹底させることができるのです。そのためこの治療法は幅広い年齢層の人にも最適な治療法であり、矯正歯科治療のトレンドであると言っても過言ではないのです。ただ自分で着脱可能な装置なので、自己管理を徹底し、長時間装着し忘れることの無いようにしなければいけません。

 

専用器具での治療

矯正歯科治療のための矯正装置にはさまざまなタイプのものが存在しています。中でも、ブラケットとワイヤーを組み合わせた「マルチブラケット」は、材質や装着場所を変えることによりさまざまな特性を作り上げることができます。 例えば、ブラケットの部分を白や透明の材質に変更することで周囲から気付かれにくくすることができます。

従来のものは金属タイプのものが定番とされてきましたが、このような審美性を強化したものは大人の患者さんから人気が集まりました。 さらに、歯の裏側に装着することにより周囲から見えにくくする「リンガルブラケット」にも注目が集まりました。マルチブラケットと同様にワイヤーやブラケットによって矯正しますが、こちらも大人の患者さんに人気があります。

審美性を高めた矯正器具ということであれば「インビザライン」と呼ばれるマウスピース型矯正器具があげられます。インビザラインは従来までのワイヤーやブラケットを使用せず、透明で薄いマウスピースを装着することにより矯正歯科治療を進めます。これにより、今までの矯正器具には無い特性が誕生しました。

特長的とされたのが、マウスピースであるがために着脱可能という点です。従来の装置は矯正歯科治療中に取り外すことができず、食事や歯磨きの際に違和感を感じる方も多くいました。しかし、インビザラインは着脱可能ということなので、食事前や歯磨き前に外しておくことで不快な思いをしなくて済むようになったのです。

また、矯正歯科治療において現在ある矯正器具の中でも最も審美性が優れているとされ、着用していても周囲の人に気付かれなくなりました。

 

治療器具について知る

透明のマウスピース

矯正歯科治療にはさまざまな種類の矯正器具があります。各器具ごとに長所や短所が違うため、医師と相談しながら適切な矯正器具を選ぶことが重要です。 矯正歯科治療には、ワイヤーとブラケットを使用した「マルチブラケット法」、マウスピース型の「インビザライン」、ゆるやかな力で歯を矯正する「セルフライゲーションシステム」などがあります。

「マルチブラケット法」は最もポピュラーな矯正歯科治療であり、皆さんが思い浮かべる器具だと思います。コストがかからず、さまざまな症状に合うことから一番長い歴史を持つ治療器具です。 「インビザライン」本体が透明で薄く、着脱可能の矯正マウスピースです。審美性の良さから、職場で働く大人の患者さんから絶大の支持を受けています。

「セルフライゲーションシステム」は従来のような矯正力よりも小さな力で矯正することで治療期間を短くする装置です。代表的なもので「デーモンシステム」などがあげられ、これからはより主力として普及していくものと考えられています。

矯正歯科治療は、矯正装置の違いによって治療費が多少上下することになります。 「マルチブラケット法」は矯正装置の中でも費用がかかりませんが、ブラケットの材質を変更することにより多少金額がかかるようになります。変更する理由としては、主に審美性を高めることがあげられます。

一般的な金属ブラケットですと、大人の患者さんであれば70万円前後となるようです。 「インビザライン」は症状にもよりますが、100万円前後とされています。しかし、審美性が高く着脱可能なことから積極的に利用される方も多いようです。 「セルフライゲーションシステム」は各メーカーにもよりますが80万円前後となるようです。治療期間が短く済むため、マルチブラケット法よりも好まれる方は多いようです。

Pick Up