矯正歯科の費用

矯正歯科の平均的な価格というのは、まず三十万円程度です。これは上だけやるとか下だけやるとかその違いがあるのです。 両方ともやれば、高くなります。自由診療ですから、金額は矯正歯科によって、まったく違うことになりますから、よく比較するべきです。ですから、矯正歯科を色々と調べるべきです。

実は価格自体は相当下がっていますから、今がチャンスではあります。何しろ、五十万円くらいはかかるのが当然であったのです。 矯正歯科は物凄くたくさんありますから、探すことはそんなに難しいわけではないのです。しかし、自由診療ですから、価格差はありますし、まして腕の差もありますから、出来るだけ情報を集めるべきなのです。信用できるところがよいです。

矯正歯科では、虫歯などの治療はあまり行っておらず歯の矯正を専門に行っている歯科です。その為に、矯正を行う専門の歯科医が在籍しています。 矯正歯科で行うことが出来る治療は、昔に比べると技術が進歩した事もあり非常に安く行うことが出来る様になりました。

また、歯医者によっては分割で治療費を支払うことが出来るところもあるために経済的負担になる事はあまりありません。 矯正歯科で行われている治療は、歯の矯正ですが期間によって料金が変動します。矯正を長い間行わなければならない場合には、治療費がかかってしまいます。その為に、実質あまり価格の変動は行われておらず昔から一定料金で運営しています。

矯正歯科では、年齢によっても価格変動する事がありこの場合は昔に比べると若干ではありますが安くなりました。

 

正しい位置に治す

矯正歯科は、歯列矯正とも言い、不正咬合や顎変形症を治療する歯科の診療科の1つです。いずれも普段聞きなれれない名前だと思います。顎変形症は、顎の発育異常で、顔面形成の異常や機能障害を伴うものです。先天性のものと後天性のものあります。この場合は一般的な矯正歯科の治療だけでは直りませんので、外科的な手術が費地となり、保険の適用にもなります。

一方不正咬合は、受け口、乱ぐい、八重歯、開咬、出っ歯などの種類があります。特に出っ歯は日本人に多い不正咬合です。ワイヤーなどによる矯正の治療により歯を正常な位置に異動させることで、審美性や口腔機能の回復やその予防を目的としています。不正咬合の多くは歯の重大な疾患や機能障害の原因となりますので、矯正歯科の役割はとても重要だと言えるでしょう。

不正咬合をそのままにしておくと、様々なトラブルを引き起こすことがあります。虫歯、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因にもなります。歯並びの悪さから顎の筋肉に負担をかけるという不具合から口の開閉が上手くできず顎関節の異常や肩こり、頭痛を引き起こすこともあります。

また、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や生理痛の原因にもなります。では、矯正歯科をすると逆にどんなメリットがあるのでしょうか。もちろん、上記で挙げたトラブルが解消するということもありますが、歯並びがよくなることで歯磨きがしやすくなり虫歯が減り、その予防にもなります。

ほかにも、歯と歯の間の隙間がなくなることにより発音がよくなったり租借能力も上がります。そして歯並びが悪いことによるコンプレックスを持つ人は自身を持って笑うことができるようになり、見た目だけではなく、心理的にもよい影響を与えることが出来ます。

 

子供であっても

私が子供の頃、ごくたまに歯に矯正器具を付けている子がいました。 子供心には奇妙にも思えましたが、今振り返って見ると羨ましいとも思えます。 歯の治療と言えば虫歯の治療が主であり、矯正歯科などという言葉はあまり聞かなかったものと思います。 その時代に歯の矯正を子供にしてあげた親は、先進的な方だったのかも知れません。

今でこそ目立たない矯正技術もあるようですが、当時は矯正の為のワイヤーが目立つ為に子供本人にも嫌がられた事でしょう。 しかし、その子も大人になる頃には矯正歯科に通わせてくれた親に感謝していたのではないでしょうか。 歯並びの悪さは歳を重ねるにつれ問題を引き起こします。 子供の時分に矯正歯科に通える機会があるのなら通うに越したことはないのです。

歯の矯正には結構な時間がかかります。 そして目立つ矯正器具というのは恥ずかしく思えるもので、子供には嫌がられるものでしょう。 例え大人でも、見ず知らずの人の前で矯正器具の付いた歯を見せるのは躊躇われるので当然です。 そんな風に需要があったのでしょう。目立たない矯正器具が開発されるのは必然の流れです。

現在はワイヤーを目立たない歯の裏側に付けて矯正したり、透明なマウスピースを付けて歯を矯正する器具があるそうです。 これなら今までのように、見た目の問題から歯の矯正を躊躇う必要はありません。矯正歯科を利用したい人達にとってはありがたい事ですね。

歯の矯正というものは虫歯や親知らずと違って放置されてしまいがちですが、結構大事な事だと思います。 矯正歯科の認知度が上がって、子供の時分で歯を矯正するのが一般的になれば、より健康に過ごせる時間が増すのではないでしょうか。

 

利用者の増加

歯科医のイラスト

最近普通の歯科だけでなく、矯正歯科の宣伝もよく見かけるようになりました。 やはり生まれ持って歯並びが良い人は限られるのだと思います。多くの人が何かしらの不満を歯並びにも抱いているのでしょう。 ダジャレと思われてしまうかも知れませんが、生物で言えば鹿なども角の伸び方が原因で健康を害する事があります。

生まれながらに完全に健康ということは、生物全体を見ても早々ない事だと思われます。 しかし、人間は知恵をもって多少の問題なら対処する事ができます。 歯並びが悪い程度の問題なら、いくらでも後天的に対処できるのです。これは非常にありがたい事です。これまでは周知の不足もあり、矯正歯科が顧みられることはそんなになかったと思います。 しかし、歯が健康にとってどれだけ大事かが知られるようになって来た今、矯正歯科の利用者は増えて行くのでしょう。

矯正歯科にかかるのなら子供の時の方が良いのは周知の事実でしょう。 大人になっては手遅れという訳ではありませんが、出来ることなら青春を迎える前に歯並びは整えてあげたいものです。 けれど、明らかに歯並びが悪いのならいざ知らず、ちょっとした問題を抱えている程度では気付いてあげられない事もあります。

特に、親御さんが歯並びが元々良かった場合には、子供の歯の噛み合わせなどには気付かないかも知れません。 実際、歯の問題は軽いものではありません。もし、噛み合わせが悪いというアドバイスを歯医者さんから聞いていた場合は、気に留めておくべきなのです。

子供自身は悪い歯並びでも慣れてしまっているので、歯の問題を解決出来るのは気にかけてあげられる大人だけだと言うことを知っておいてください。

Pick Up