年々増える歯科

治療室

歯科の数は年々増加傾向にあります。家の近所にもたくさんの歯科が合ってどの歯科に通ったらよいのかわからないときもありませんか。何を参考に歯科を選べばよいかと言いますと、やはり一番確実なのは近所の口コミなどでしょう。インターネットの口コミを参考にしても良いのですが、やはり確実なのは実際に行ったことのある人の話を聞くことでしょう。 自分に合う歯科を探すことが出来れば一番なのですが、基本的に治療に関して多少の差はあるのですが、保険内で行う治療に関してはさほどの金額の差はありませんから高額な治療費を請求されることは稀ですので安心してください。あとは医師との相性も大切になってきますから合わないならセカンドオピニオンを受けましょう。

通常の虫歯に関しては治療の際に痛いということはあまりないのですが、大がかりな治療になりますと医師の腕によって左右されるでしょう。麻酔を使用して行う治療に関しても医師の腕によって痛さが異なってきます。親不知の抜歯に関しては麻酔をしてたとしてもテコの原理で歯を抜かなくてはならないので歯自体よりも口が痛いこともあります。雑な医師ですと、とてつもなく痛くて歯科に通うのが嫌になってしまうこともあるでしょう。 患者のことを一番に考えて治療してくれる歯科が良い歯科だとも言えます。素人が見極めるのはとても大変ですから、出来れば一度通ってみて治療についてしっかりと説明してくれるかどうかで判断してみても良いでしょう。

美しい歯を目指そう

矯正治療は子供の頃に済ませておくことが理想ですが、大人になっても決して遅くはなく治療を行なえば美しい歯並び、正しい噛み合わせを得られるようになります。大人になると、やはり子供の頃に比べ装置が目立ってしまうことに抵抗を感じるようになりますが、今は裏側矯正のように装置を目立たせずに治療できる方法が色々と用意されています。裏側矯正だけではなく、マウスピースのような装置で目立たせずに治療を行なったり、透明の装置が用意されていることもあります。こうした目立たない矯正装置をつけることで、大人世代も装置が目立つことを気にせずに治療を行なえるようになります。今後はさらに装置が目立ちにくく、より快適に矯正が行なえる治療方法が登場することが予想されます。

裏側矯正をすれば装置が表に見えずに矯正治療が行なえますが、やはり気をつけなくてはいけないことがあります。裏側矯正は表側に装置をつける治療よりもさらに難しく高い技術が必要となりますし、効果が出るのにやや時間がかかる場合もあります。 さらに裏側矯正を行なった場合は、装置の装着に舌が慣れるまでしばらく発音がしづらい場合もあります。そのほかでは表側につける場合と違い、装置が見えにくいので、その分、清掃がやや難しくなるということがあげられます。それゆえにきれいにするためにはより丁寧に歯磨きが必要です。裏側矯正は目立たずに治療できることはメリットですが、一度取り付けると勝手に外すことはできませんので、注意点についても良く理解しておきましょう。

歯科で治療する

虫歯は虫歯菌の酸が、歯のエナメル質を徐々に溶かして発生します。その結果、虫歯になってしまいます。歯科医院では、虫歯にならないように色々な予防ケアを行っています。その1つが、ブラッシング指導です。これは、正しい歯の磨き方を教える予防法です。毎日、正しい歯みがきを行うことで、虫歯の元となる歯垢を効果的に取り除くことができます。その他にも、歯科医院では、虫歯にならないようにフッ素塗布を行います。フッ素には、歯の脱灰を抑え再石灰化を促進する作用があります。よって、歯の質を強くして、虫歯を防いでくれます。

世の中には、たくさんの数の歯科医院があります。その中から、最適な治療を受けられる歯科医院を選ぶにはポイントがあります。まず1つは、その歯医者のホームページに情報が十分載っているかどうかです。ホームページというのは、患者を安心させて治療を受けさせるのに必要な情報がないといけません。なので、院長の名前、経歴、治療方針など具体的な情報が掲載されていないと信頼できません。詳細な情報がない場合は、患者に不親切な歯科医院と言えます。なので、治療を受けるのを避けたほうが良いです。その他にも、あまりにも忙しすぎる歯科医院も避けたほうが良いです。というのは、お金目的で、患者への治療が雑になっている可能性があるからです。落ち着いて治療を受けられる歯科医院を選ぶと良いです。

矯正歯科の現状

矯正歯科治療に矯正器具の装着は必須ですが、従来の矯正器具は、あまりにも目立ち過ぎました。目立ち過ぎる矯正器具を装着したくないという理由で、矯正歯科の治療を受けることを拒んだ人も多くいたことでしょう。しかし、現在では新しい矯正器具が開発され、従来よりも目立たないようになっています。なぜ、目立たないのかというと、従来は金属製だった歯に接着している部品が金属製ではなくなり、しかも、色が透明や白になっているからです。また、歯の裏側に装着するタイプの矯正器具もありますので、目立たないどころか、まったく人目に触れることすらないということも今では可能なのです。これらの新しい矯正器具は、まだ限られた歯医者でしか使用していませんが、今後は一般的になることでしょう。

但し、残念ながら、治療が受けにくい面も矯正歯科治療には残されており、その問題の解決の目処は、未だに立っていない状況です。解決の目処が立っていない問題とは、治療費です。治療に保険が適用される場合、患者の治療費負担は一般的には3割です。矯正歯科治療にも、保険が適用されます。しかし、保険が適用される治療は、ほんの僅かしかありませんので、ほとんどの矯正歯科治療は保険適用外で行われています。つまり、矯正歯科の治療を受けるつもりならば、治療費の全額自己負担を覚悟しておかなければならないのです。しかも、矯正歯科治療の治療費は高額です。平均すると、子供の場合は50万程度、大人の場合だと100万円近くしてしまいます。さすがに、これほどまでの大金を用意することは容易なことではないでしょう。そして、今のところ、保険の適用条件が見直される予定はないようです。ただ、医療費控除を受ければ、負担を軽減させることはできます。1年間に医療費の支払いが10万円以上あれば、納める税金が一部免除されるというのが医療費控除です。ですから、医療費控除を受ければ、実質、治療費は安くなるというわけです。

Pick Up