義歯を固定する

インプラントとは体内に埋め込む医療機器や材料のことを言います。心臓ペースメーカー、人工関節などです。一般的に言われているインプラントとは、デンタルインプラントのことで歯がなくなったときにあごの骨に人工の歯根を埋め込むことを指します。

デンタルインプラントはの歴史は非常に古く紀元前にまでさかのぼります。ヨーロッパでは鉄製のインプラントが埋まっている人骨が発見されています。中南米では貝が埋め込まれていた人骨が発見されてます。しかし、いずれのインプラントも成功はしておらず、確実な治療法になったのは最近のことです。骨と結合する材料が見つからなかったからです。チタンが骨と結合することが発見されインプラントの技術が発達したのです。紀元前から使われてきた方法なので、効果の高い治療だと言えるのではないでしょうか。

インプラント治療のメリットは義歯をしっかり固定できることにあります。残っている歯を削ったり、義歯を安定させる装置を付けたりすることはありません。残っている歯になるべく負担をかけずに行うことが最大の利点といえるでしょう。

デメリットとしては、埋め込むための手術を行う必要があるため全身の状態がよくない人には行えないこと、治療に時間がかかること、治療費が高額であることがあります。 他にも天然の歯に比べると感染に弱い、インプラントを埋め込む部位の骨が薄い・弱い場合、治療が行えないことがあります。

最近外傷や腫瘍などのあごの骨を失い骨移植により骨を再建した場合、先天的に歯やあごの骨がない場合に限り保険が適用されることになりました。すべての治療が終わるまでの費用をしっかり確認してから治療を行いましょう。

 

情報サイトの活用

インターネット上には、全国の矯正歯科を探す際に便利な情報サイトが多数存在しています。矯正歯科に関する情報を扱った多くのサイトでは、地域や治療内容など条件を指定することで、条件に合った矯正歯科を探すことができます。矯正歯科についての基本的な知識についての掲載がありますので、矯正歯科での治療はどのようなものかを知りたい場合の情報収集にも使えます。

多くの歯科の情報が一箇所に集まっているため、それぞれの歯科のホームページにいって情報を収集する必要がないため、効率よく情報の収集を行うことができます。矯正の治療にあたっては、はじめてであるという人が多いため、不安に思っていることがたくさんあると思います。事前に情報を入手しておくことで、安心して治療を受けることができます。

矯正治療にかかる費用は、健康保険の適用外になるケースが多く、高額になる場合が多いです。治療を受ける矯正歯科を選ぶ際には、さまざまな観点で比較をし、実際にいくつかの医師に相談を行った上で決めることをおすすめします。

矯正歯科に関する情報を集めたサイトでは、通院する前の情報収集ができるように、さまざまな情報が提供されています。運営スタッフが実際に矯正歯科を訪れた様子をレポートした記事などを掲載したサイトもあるため、非常に参考になります。実際に矯正歯科を利用した利用者の体験談や口コミも数多く記載されているので、歯科のホームページの情報だけではわからないような、実際の医師の対応の様子などについても知ることができます。

 

治療費を知る

歯の模型

インプラント治療を受けるにあたって、どのくらいの治療費が発生するのか?ということは、気になるポイントでしょう。そこで、費用についてお話します。インプラントは自由診療なので、歯科によって治療費は変わります。ただ、ある程度相場があります。

インプラントは1本あたり30万円程度です。高額な治療ではありますが、半永久的に使用することが出来る、自然の歯と変わらずに使用することが出来る、審美性が高いといったメリットがあります。こうしたことを考慮すると決して高額な治療ではありません。

また、インプラント治療は高額な治療ということで医療費控除を受けることができます。医療費控除とは所得控除の1つです。医療費控除は、1年間に10万円以上、医療費の支払いをしている場合に受けることが出来る制度です。医療費控除は確定申告の際に申請することで、医療費として支払ったお金の一部が戻ってきます。ですから、一時的に高額な治療費を支払う必要はあるのですが、結果として、治療費の負担は軽減されることになるのです。

インプラント治療が極めて優秀な理由は、歯を失ったとしても歯を失う前の状態に戻ることができるからです。 インプラント治療の手順は、まず歯を失った場所に人工の歯根を埋め込みます。埋め込まれた人工の歯根は、顎骨と結合します。その後、人工歯根に人工歯を装着します。

このように、インプラント治療で補った歯は顎骨に固定されていますので、強く噛んだとしても、まったく問題ないのです。天然歯と同じように噛んだとしても大丈夫です。 しかし、インプラント以外の治療法の場合は、補う歯の固定方法に問題があります。ですから、強く噛むとなると、どうしても不具合が生じてしまうのです。

従って、治療費の負担を軽減させるために面倒な手続きをしなければなりませんが、インプラント治療は受けるべき治療なのです。

Pick Up