治療方法の変化

歯の矯正をすることを歯列矯正といいます。歯列矯正は矯正歯科がある歯科クリニックで行うことができます。歯の矯正には小児矯正と成人矯正があります。以前は歯の矯正は子供がするものという常識がありましたが、今は成人矯正をする人のほうが多くなっています。

成人矯正をする人が増えたのは気づかれないで矯正できる矯正治療法が誕生していることも大きな原因のひとつです。最新の矯正にはインプラント矯正というインプラントを使用して歯を修正する矯正や、裏側矯正という歯の裏がわに装置をつけて行う矯正などがあります。蕨市の矯正歯科でも最新矯正ができるクリニックがあります。蕨市に住んでいるサラリーマンやOL、主婦などは蕨市にある矯正歯科で治療を受けることをお勧めします。

矯正治療をするときに必ずと言っていいほどつけるのが矯正装置です。矯正装置はワイヤーやメタルブランケット、マウスピースなどがあります。メタルブランケットは丈夫で破損しにくい素材で出来ていますが、金属アレルギーの人は使用できないと言うデメリットがあります。

セラミック製の審美ブランケットなら金属アレルギーの人でも使用できますが、メタルブランケットよりも強度が落ちるというデメリットがあります。 矯正装置によって使用方法や使用時間が異なるので、矯正をするときは医師に指示された通りに装置を着用することが大切です。蕨市で矯正をする場合も、決められた通院日時を守って定期的に通院して装置の調整や経過観察をする必要があります。

 

昔から人気

最近ではインプラントは歯科治療で注目を集めるようになって多くの人に認知されるようになってきたと思われます。インプラントはチタンを歯茎に埋め込み骨と結合させてからその上に被せものをする治療法です。 実はインプラント治療の歴史はかなり昔からあったようです。

2世紀から3世紀ごろの古代ローマ時代の人骨から上あごの骨に鉄製のインプラントが組み込まれていたものが発見されたというのです。インプラント治療はなくなった歯の代わりに人工材料を入れる治療ですが、この発想は古代からあったということになります。また南米でも7世紀ごろの人骨から下あごの骨に貝で出来たインプラントが組み込まれていたものが発見されたようです。インプラントの発想は時代や場所を問わず昔からあったようですね。

最近では歯科でインプラント治療を受ける人も少なくないようです。 インプラントの歴史は意外と古くからあるのですが、歯科の臨床に登場したのは20世紀に入ってからでした。1950年代にチタンと骨が結合することを偶然発見してからこのチタンを使った応用研究が始まります。その後歯科医療への応用など研究が進み、1980年代になると世界で広く認知されるようになりました。 そしてインプラントは今や失った歯の治療として代表的な存在となったものと思われます。

しかしながらすべてのケースでインプラントが成功するわけではないようです。歯周病で歯が溶けてしまったり、歯茎が下がっているケースでは治療が出来ないということもあります。今後はこのような条件が悪い患者に対してどうやって成功率を高めるかがカギになってくるようです。

 

歯を抜く治療

歯科医が抜歯と判断したときは、治療の最終手段として、どうしても抜かなければならない理由があるものです。では、どんな場合に抜かなければならないでしょうか。こんなときは歯を抜かざるをえないというパターンを見ていきましょう。

1つ目は歯冠が崩壊して根の部分までむし歯が進んでいる場合です。2つ目は重度の歯周病で歯を支える骨(歯槽骨)がほとんど溶けてなくなっている場合です。3つ目は歯が割れてしまって治療できない・歯の根の先端に病巣があって、治療しても改善されない場合です。4つ目は矯正治療のさい、歯が並ぶスペースがどうして確保できない場合です。5つ目は乳歯が永久歯に生えかわる妨げになっている場合(中・高年はほとんど無関係)です。6つ目は親知らず(智歯)のように、あごの骨に埋まった歯が周辺の歯や歯肉に障害をおよぼす場合(20〜30代で智歯周囲炎を起こし、抜歯される)です。7つ目は歯や歯の周辺に感染症の病巣があり、それがほかの臓器に病変をもたらす可能性がある場合が挙げられます。

以下の理由で抜歯が検討され、歯科医と患者さんの間で話し合うことになります。抜くか抜かないかを含め、最終的にどのような治療を望むかは、患者さんの意見が尊重されます。抜かなかった場合に歯と全身にどんなことが起こりうるか、などの点についても詳しく歯科医に説明を受け、納得したうえで治療してもらいましょう。

抜歯は最終手段ではありますが、いったん抜歯が決定した場合は逆に、それがよりよい治療のための第一歩であると前向きに考えましょう。抜歯は局所麻酔で行いますし、ふつう入院の必要などありませんから、リラックスして処置を受けて下さい。不安感の強い患者さんには、笑気ガスなどを鼻から吸入して気分をやわらげる鎮静法を取り入れている歯科医院もあります。希望する場合は、問い合わせてみてください。

 

発展の影響

歯のイラスト

矯正歯科治療の歴史は紀元前まで遡ります。エストニアで当時使用されていたとする矯正器具が出土していることから、古くから人類が歯列矯正に興味を示していたことがわかります。現代における矯正歯科治療の基礎が出来上がったのが100年ほど前ですから、矯正学の歴史自体は比較的浅いことがわかります。

また、矯正歯科治療の発展はゆるやかに進んで行きました。基礎が出来上がってからも、矯正治療には抜歯が必要不可欠であるとされてきたからです。顎に納まりきらない歯は抜いてしまえという考え方ですが、最近ではこのような考え方が否定される風潮にあります。

日本では「ハチマルニイマル運動」というものがあります。これは、80歳までに20個の歯を残すことを目標とする運動のことであり、このような背景から抜歯に対して否定的な意見が大きくなったとも考えられます。とはいっても、抜歯自体が完全なる悪ではないことも承知しておくべきだと思います。症状によっては必要不可欠なケースも珍しくありませんし、抜いたほうが良いケースのことも十分考えられるからです。

矯正歯科治療における発展は矯正装置に深く影響を与えます。治療に関する新しいシステムが発見されれば、そのシステムに合わせた矯正装置が開発されるものです。 セルフライゲーションシステムの「ローフォース・ローフリクション」という仕組みは、ゆるやかな力のほうが歯がスムーズに動くことから名付けられたものです。この発見により、各メーカーからさまざまな矯正装置が生まれました。

有名なものではデーモンシステムやクリッピーCなどが当てはまります。これらは従来の治療法にはない新たな特性を見出せることから、アメリカで一大ブームになったのです。 つまり、新たな特性・特長を持った矯正装置は注目を集め、より矯正治療が普及していくことにも繋がることになります。よって、今後も新たな特性を併せ持った矯正装置が開発され続けると思われます。

 

基準を知ろう

普通の病院にかかるのと同じで歯科の値段はいつもわかりにくく高額なイメージの方が多いはずです。診療報酬点数なので、専門家ではない一般の方は理解できない計算ですので、一般的な金額の相場を紹介したいと思います。

歯科によって多少は金額は前後しますが、まず歯科を始めて受診する際にかかる金額は1000円前後です。そこでレントゲンを撮ったり歯磨き指導など入ると2、3000円ぐらいする場合があります。虫歯の治療に関しては虫歯の状態にもよりますが、軽度ですとトータルで1500円から3000円です。中度になると2000円から10000円になります。さらに重度の場合は7000円から23000円になります。値段を見てしまうと早めに歯科に受診した方がいいと思うでしょう。

以前までは、歯科では虫歯や矯正や入れ歯の治療が主でしたが、最近では医学や医療材料の進歩により、健康保険だけではなく自由診療と言われる健康保険適用外の診療も増えてきています。治療費は健康保険でできる場合もありますが、それに伴う医療材料は健康保険適用外になる場合があります。

症状や希望の治療によっては全額実費になるケースもあるので、よく医者と相談して施術を行う必要があります。場合によっては、医学の進歩にできなかった事ができるようになったり、逆に高額な治療費の割りには施術のせいで歯のトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるので、セカンドオピニンの活用や希望の施術の説明をよく聞くことも必要になりました。

 

ホワイトニングの持続

笑った時に見える白い歯、それは笑顔をさらに美しく見せてくれるものなのです。その反対に歯が黄ばんでいると失礼ながら残念な印象を与えてしまうもので、ささやかなことであるのですが、それゆえに重要ともいえるのです。

しかしながら歯というのは普通に生活してればどうしても黄ばんでしまうし、セルフケアでホワイトニングをしても追いつかず、結局は途中であきらめてしまうことが多くなってしまうというわけです。困ったことですがそれが現実であり、努力しても無理なことはあるのです。本気で何とかしたいのなら歯科医に行ってホワイトニングの治療を受けるのがよく、セルフケアとは違ってプロの手にかかれば完全な白さを得ることが出来るのです。

ただし注意が必要で、ホワイトニング治療は基本的には保険の適用外となってしまし、全額が自己負担になるのでそれなりに費用が高くなったりするのです。それでも白い歯に憧れるのなら治療を受けるのが良いですし、社会人でしたら金銭的な問題は大したことがないはずです。

それよりもホワイトニングによるメリットは大きく、歯が白くなるというのは単純に考えればそれだけですが、しかし見た目にも綺麗ですし、自分の気持ち的に納得するのなら些細な金額などどうでもいいはずです。見た目が変われば人生も自然と変わっていくものですし、ささやかな変化だとしても自分に自信をつけてくれるのなら、ホワイトニングを試してみるのもいいかもしれないのです。

Pick Up