その人に合う矯正方法

矯正歯科では、歯並びや噛み合わせの不具合を正す治療が主に行われています。 こうした矯正というのは、昔は表面に特殊な器具を装着する治療方法がとられていました。 しかしこれは目立つため、口を開けると矯正を行っているのが一目瞭然という状態だったのです。

そこで矯正歯科では、もっと目立たずに、更には傷みも少ない矯正方法の開発が進んでいきました。 その結果、歯の裏側から矯正する方法や、目立たないタイプの矯正器具などを手に入れたのです。 しかもそうした進化は止まらず、近年では矯正期間の短縮や子どもでも安心して行える矯正方法も登場してきました。

また、リラックスして治療を受けられるようにと音楽やDVDを流したり、カウンセリングを実地したりといった工夫をしているところも増えてきています。

近年では歯への関心が高まっており、矯正歯科へ通う人も増えてきています。 歯や神経を抜かない矯正方法もあるため、今まで躊躇していた人でも気軽に矯正を行えるような流れになってきているのです。

そこで今後は、子ども専門の矯正歯科が増えていくのではないでしょうか。 現在でも子どもでも行える矯正歯科は存在していますが、まだ数はあまり多くはありません。 矯正は怖くなく、気軽に受けられるものだという風潮がある今だからこそ、子ども専門の矯正歯科が爆発的に増えていってもおかしくないような気がします。また、義務化とまではいかないとしても、永久歯が生えそろったところで矯正を行うのが一般的になっていくような気もします。そうした流れを支える意味も込めて、矯正歯科は子どもへの対策に進んでいくのではないでしょうか。

 

信頼できる歯科へ

歯科治療器具

矯正歯科は、専門医に診ていただく事をお勧めします。 矯正歯科のみ、看板をあげている医院もありますが、一般歯科や小児歯科と一緒に看板をあげているところも多くあります。 そういう医院は、矯正歯科専門の先生が、 決まった曜日に来て、診察してくれます。

一般歯科と先生が違いますが、矯正歯科と続けて予約を取れば、虫歯の治療や定期検診と同じ日に受診出来るので、何度も行く手間が省けます。 昔は銀のワイヤーを歯の表側につけるのが ほとんどで、痛みがあったり見た目も目立つので、あまり矯正によいイメージはありませんでしたが、 現在は、夜間だけつけるマウスピースや 上顎につける床矯正などもあり 見た目をきにすることなく、矯正をする器具も増えてきました。

矯正は保険が効かないので、費用が気になります。 初回に全額支払う場合や、 治療の都度支払う場合など、 病院によって異なります。 矯正を検討している場合は、 矯正期間はどのくらいかかりそうなのか、 費用はどのくらいかかるのか。

また、矯正が終了した後に、 歯並びが再度乱れてくる可能性はどのくらいあるのか等、 先生に事前に確認しておくと安心です。 矯正歯科にかかわらず、 信頼出来る先生に治療してもらうというのは とても大切です。不安に思ってることや、分からないことなどを 質問したとき、誠意を持って答えてくれる 先生は、大切にしたいものです。

矯正歯科は、保険は効きませんが 小児で成長に影響があると判断して おこなう矯正歯科は、年末の医療費控除を申請できる場合がありますので、領収書をなくさず忘れずに申請します。

 

早めの診療が大事

歯科医院での歯の治療は大人でも嫌がる人は多いですね。子供の頃から歯を大切にする習慣をつけたいものです。生まれつき歯並びや噛み合わせが悪い場合も子供の頃から矯正歯科で治療することにより、自分の健康な歯を保ち続ける事ができます。矯正歯科で子供が治療することによる効果をみていきましょう。

指しゃぶりが原因で上下の歯が噛み合わない(開咬)や出っ歯、受け口等が原因で歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすくなります。食べ物を上手に噛むことができず、スムーズに発音しにくくなります。噛み合わせが悪いことが原因で、肩こりや頭痛が起こる場合があります。思春期に歯並びの悪さを気にして口を大きく開ける事ができず、コンプレックスを感じるようになります。

子供の矯正歯科での治療は、乳歯や永久歯が生え揃う前の3歳〜10歳頃までに治療を開始する1期治療と、永久歯が揃う10歳以降の2期治療に分かれます。子供の歯やあごの骨の状態により、1期治療で終了する場合もあります。

1期治療では、あごの骨が柔らかいうちに矯正することで、あごの骨のバランスや大きさをコントロールし、永久歯がきれいに揃うようになります。低年齢の治療には夜間にマウスピース矯正を用います。1期治療を終えた子供の2期治療にはワイヤーやブラケット等による矯正を行います。

治療費は健康保険が使えず全額負担となりますが、成長途中の子供の矯正の場合は医療費控除の対象となります。大人になってからの矯正歯科での治療よりも負担が軽く済みます。歯並びや噛み合わせが悪い場合は、子供のうちの矯正をお勧めします。

 

綺麗な歯並びを実現

歯並びが悪いことが気になっているという方も多いのではないでしょうか。歯並びが悪いと食べ物が歯に挟まりやすくなったり、歯をきちんと磨くことが出来ないことから虫歯や歯周病などの原因となる場合があります。

また、見た目が気になってしまい人前に出るのが億劫になってしまったりすることもあるのです。 そこで歯並びの悪さが気になる方におすすめなのが、矯正歯科で歯並びの矯正治療を受ける方法です。矯正歯科では事前に念入りなカウンセリングを行った上で、矯正手術を行ってくれるので安心ですし、歯並びがきれいになることで歯をきちんと磨くことが出来るようになるし、自信を持って人前に出たり話をすることが出来るようになるのです。

矯正歯科で歯の矯正治療を受ける場合に重要になるのが矯正歯科選びです。数多くの中から矯正歯科を選ぶ際のポイントとして、豊富な実績があるかどうかや矯正手術にかかる費用などが挙げられます。

選ぶ際におすすめなのがインターネットの矯正歯科の比較サイトを利用する方法です。さまざまな比較ポイントで数多くの矯正歯科を比較することが出来るので、自分に合った矯正歯科を簡単に見つけることが出来ます。 また、実際に歯の矯正治療を受けたことがある人の口コミ情報を参考にしてみる方法もあります。

歯の矯正に関する口コミサイトでは通って良かった矯正歯科の情報や、矯正治療にかかる費用についての口コミが数多く掲載されていますので参考にしてみると良いでしょう。

Pick Up