入れ歯の傾向

総入れ歯

「加齢による変化で入れ歯がゆるむことも」年をとると新陳代謝が低下して唾液の分泌が少なくなり、どうしても入れ歯の吸着が悪くなります。また、長年のうちにあごの形が変わり、入れ歯がゆるくなることもあります。歯がすり減ることもあり(摩耗)、かみごこちが変わって、合わないと感じることもあります。部分入れ歯では、長年使っているうちに、クラスプ(金具の爪)部分が合わなくなって粘膜にあたり、痛むこともあります。放置しないで歯科医や歯科衛生士に相談してください。(合わない入れ歯はリライニングか作り替え)合わなくなった入れ歯を使い続けると、よくかめないばかりか、あごの変形がひどくなったり、発音が悪くなったり、入れ歯で圧迫された歯肉の血行が悪くなった潰瘍になったりします。

 

合わなくなった入れ歯は、義歯床に裏打ちをしなおして、ある程度まで部分的に調整できます。これをリライニングといいます。ただし、リライニングにも限界があります。繰り返しリライニングしても間に合わないほどになった入れ歯は、新しいものを作るべきでしょう。(入れ歯が合わないときとは)1入れ歯の縁が長すぎて唇の動きの妨げになったり、歯肉がこすれて痛んだりする。2入れ歯のかみ合わせに不均等な力がかかるところがある。3口腔粘膜に、入れ歯によって強く圧迫されているところがある。このようなケースは、すぐに歯科医に相談しましょう。(ブリッジと部分入れ歯の長所が合体)入れ歯の技術も、年々進歩しています。(ブリッジ・部分入れ歯)のよさを組み合わせたタイプもあります。すべて自由診療に限られますが、希望があれば歯科医院に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

自宅に来てくれる

 

歯科医院の数がコンビニの数よりも上回っている時代になってきました。 歯科を利用するのは、健康な人ばかりではありません。 一般の歯医者では、あまり訪問歯科を行っている歯医者はありませんが、最近では、高齢者や障害者向けに自宅まで訪問して治療をしてくれる訪問歯科の需要度が増えてきています。 また訪問歯科による治療については介護保険が適用されるため、このサービスを利用される方にとっても、治療費の一部を負担するだけで、安く利用することができるので、利用者にとってもとてもメリットが大きいと言えるでしょう。 訪問歯科を利用するには、まず訪問歯科を行っている歯科医院を探さなければなりません。 自分が住んでいる地域にある地域包括センターに問い合わせると利用できる医院を紹介してくれます。

 

高齢者の方や身体障害者の方の場合、なかなか医院まで行くことが困難な場合も多いのではないでしょうか。 医院の中には、車いすに乗った状態で治療を受けることができるところもありますが、介護者が必要な方の場合だと、なかなか外に出て医院に行くことはとても大変なことです。 しかし、自宅で訪問治療をすることが出来れば、寝たきり状態の方や、身体が不自由な方でも、その方に合うように治療方法を変えて診察や治療を受けることが出来るのです。 訪問歯科で治療を受ける場合には、移動可能なコンパクトサイズの施術器具を持ってきてくれるので、医院で行う治療と同じような治療が自宅で受けることができるので、利用者の方にとってはとても助かることでしょう。

 

子供のために

兄弟

お子様がいらっしゃる方で歯に関して気になることがあるかたは早めに受診されることをおすすめします。なぜなら、小さいうちは本当にリーズナブルに歯医者へ通うことができるからです。 保険をつかうことでそれなりにお得になるのがさらに、お得になります。歯科へへ一度行くことになるとそれなりに通うことになるので、リーズナブルに通えたらとても助かりますよね。 早めに歯科にいけば、虫歯でなくても予防することも可能です。一石二鳥になるので、おこさまが幼いうちにぜひ通われることをおすすめします。 娘も同じように通いましたがほとんど料金がかからず歯科の受診することができました。子育て中はいろいろと忙しいでしょうが時間を見つけて歯科へ通われると良いでしょう。

 

平均的な1回当たりの価格は1000円もいかないくらいです。虫歯を抜いたり、銀歯にしたりしたら価格は異なってくると思いますが値段自体はそこまでかかりません。 期間も早めに終わらせるのならば、1週間に1度ほど通えばそこまで頻繁に通わなくても大丈夫です。トータルしても大した金額にはならないはずです。歯科のあとに楽しみなどをお子様につけてあげると嫌がらずに通ってくれるかもしれません。 やはり、おとなでもそれなりに通うには勇気がいることもあります。おこさまならあの音をきくだけで怖い気持ちになってしまうこともあるでしょう。 これから歯医者へ通うことを検討中の方の参考になればうれしいです。小さいうちは歯が抜けますが、やはりきれいなほうが今後も安心ですものね。

 

矯正歯科で歯並び綺麗

 

矯正歯科治療とは単に歯並びを綺麗にし、見た目の印象をよくするだけの地路湯と思われがちです。そのため日本では治療として余り定着せず、二の次にされがちだとも言えるのです。しかし矯正治療の本質とは実は口内環境を整えることにあるのです。歯並びが良くなると出っ歯や八重歯などが見られなくなり歯ブラシが隅々まで行き届くようになるのです。そのことによってプラークや歯石の蓄積を抑制し虫歯リスクを回避することかが期待できるのです。また矯正歯科治療では噛み合わせも良くなり、正常な咀嚼の刺激が脳に伝わり、思考力や脳の発達にも良い影響を与えるといわれているのです。また奥歯のかみ合わせはスポーツなどする際に非常に重要で、力を適切に発揮できるようになり運動の記録を伸ばすことにも繋がるのです。

 

しかし様々なメリットが見られる矯正治療でも、歯の表面に装置をつけて治療しなければならず、治療中の見た目の悪さがコンプレックスになるので治療に踏み込めない人も多いのです。しかし最近では歯の表面に装置をつけない見えない矯正治療がトレンドになっているのです。裏側矯正治療は歯の裏側に装置をつけるので、見た目では矯正をしていることが一切わからないのです。裏側に装置をつけてもその効果は従来の治療と変わりなく、綺麗に歯が並んでいくようになるのです。また最近はインビザラインと言う透明のマウスピースを歯に装着する治療方法も人気が高まっているのです。マウスピースは食事や歯磨きの際に自分で取り外すこともでき、非常に利便性の高い治療法なのです。

Pick Up