健康な歯を保つ

歯

現代では、高齢化社会に突き進んでおり、いずれ平均年齢は確実に上がっている、と考えられている日本では、高齢まで健康な歯を保っていくことは重要なことと考えられています。歯が健康な人は高齢になっても、自分の歯で食事をとることができ、食べれるものの幅もせばまらないことで、より健康を保てるといわれています。また、自分の歯でさまざまなものを食べることができるため、食べることに対しての喜びも維持していくことができます。そういった意味でも、健康な歯を保つための歯科の役割は多くなってきています。適切な治療を施すことはもちろんですが、いかに自分の歯を長持ちさせるかということも、歯科に求められる大きな仕事の一つになってきています。品川区の大崎や中延のような地区には、歯科医院が多く存在しています。

 

今後は、歯科の役割の中に、歯を維持するための仕事が多く含まれることが予想されます。これまでは、どうしようもなくなってから、歯科を訪れる、という考えの人が多い時代が続いていました。それでも、一部の人の間では、すでに予防歯科という考え方が浸透してきております。定期的に、虫歯の原因となる歯垢を除去したり、クリーニングを行ったりといった、定期点検を積極的に取り入れる動きが進んでいるのです。最近では、子供にフッ素加工を行うなど、虫歯を防ぐための動きも活発化しております。こういった取り組みは、少しでも長く自分の歯で食べ物をとることができる、ということにつながっていくことから、予防歯科への取り組みが、ますます盛んになることが予想されております。

 

矯正の大きな魅力

歯科医院で歯の歯列矯正をするにあたっては、気を付けたほうがいい点がいくつかあります。まず基本となるのが毎食後のブラッシングです。虫歯や歯周病になると矯正治療をストップせざるを得なくなります。そうならない為にも、必ず食後に時間をかけてブラッシングをして虫歯予防に努めることが大事です。そして矯正装置を正しく装着することも基本中の基本です。ヘッドギア、チンキャップ、マウスピースなど、取り外しができる装置をきちんと装着していないと、それが原因で歯科医院で最初に立てた矯正計画が遅れてしまいます。歯科医院で指導された通りにしっかり矯正装置をつけておくことで顎の骨の成長もコントロールできて、矯正計画通りに矯正が進み、美しい仕上がりになります。

 

歯科医院で矯正をすることは、口元の見た目を改善するだけではなく、その他にも沢山のプラスの効果があります。歯と歯の隙間や歯と歯の重なりがなくなることで食べかすが挟まりにくくなり、ブラッシングがしやすくなります。それによって虫歯になるリスクを減らす事ができます。また、上下の歯の噛みあわせが合うと食事をしっかり咀嚼して食べれるようになります。噛みあわせが悪いと食事をあまり噛まずに食べるクセがついてしまい、肥満の原因になることもあります。つまり、歯列矯正をすることでちょっとしたダイエット効果もあるのです。さらに歯の噛みあわせが合うことで集中力が増して学力や運動能力がアップするという効果も期待できます。

 

矯正治療の費用

 

歯医者の矯正治療は矯正の種類によって治療費が異なります。大人になってから行う矯正には裏側矯正やインプラント矯正、マウスピース矯正などがあります。裏側矯正は舌側矯正とも言われていて、歯の裏側から矯正をする治療法です。裏側矯正は120万円〜150万円位の費用がかかり、あらゆる矯正治療の中で最も高額になります。インプラント矯正は矯正用のデンタルインプラントを歯茎に埋め込み、それを固定源にして歯並びを整える治療法です。たいだい一本あたり35万円位します。マウスピース矯正は透明な薄いマウスピースをつけて行う治療法で、歯磨きをするときは取り外す事ができます。マウスピース矯正は60万〜80万円かかるのが一般的です。

 

歯の矯正の歴史は古く、紀元前のギリシャやエジプトの遺跡の中から矯正装置が発見されています。現代における矯正治療の歴史は18世紀にフランスの歯科医師による研究から始まりました。この時代にフランスの歯科医師がまとめた「外科歯科医」という本に、今の矯正装置に似た記述がみられます。それからしばらく年月が過ぎたころに健康な歯を抜歯して矯正をする治療法がジョンハンター医師により提案されました。そして19世になるとアメリカのアングル歯科医師が歯科矯正学という分野の科学的基礎付けを行いました。アングルは近代矯正学の父と言われています。アングルが提案した矯正の治療技術は100年以上経った今でも応用されています。

 

患者の立場に立つ

歯科医院選びは難しいです。数が多いので見つけるのは簡単ですが、その医院が自分に合うかどうかは分かりません。多くの人は、通う前に良し悪しを知りたいと考えますが、通ってみないと分からないことがほとんどです。しかし、1度通ってしまうと通い続けるケースが多いと言われています。納得して通う人もいるでしょうが、そうでなくても通い続ける人が多いのです。院内があまり清潔ではないと言う場合でも、医院を変えることはあまりありません。面倒だからと言う理由が多いですが、それではいけません。歯と言うのは人間にとって非常に重要です。院内が清潔でない医院では、満足な治療が受けられないと考えるべきでしょう。次回から違う医院に行くことです。

 

最近の歯科医院では、患者のカウンセリングに力を入れるところが増えています。評判の良い歯科医院の多くは、患者の立場に立ったカウンセリングをしているのです。カウンセリング自体はさほど珍しくありませんが、従来のカウンセリングは治療の説明しかしないことがほとんどでした。患者の悩みや不安をしっかり聞く歯科医師は少なかったのです。しかし、競争が激化している現状では、それは命取りになってしまいます。患者の立場に立てない歯科医師は、生き残ることができません。そう言うこともあり、治療の説明だけでなく、患者の悩みを聞くことを大事にする流れができたのです。当然、そのような医院は人気が高く、段々と数を増やしてきました。

Pick Up