神経の治療

歯

虫歯の治療には様々な方法がありますが、歯の神経や根の部分まで虫歯が進行してしまった場合、根管治療という治療が必要となります。 根管治療は細菌感染を起こさないように、歯の根の深い部分まで細菌等を完全に除去しなければならないので、時間をかけた丁寧な治療が求められます。しかし、レントゲン写真だけを頼りに奥の歯を肉眼で確認しながらの治療は難しく、詰め物やかぶせ物を使用した後に再発するということも少なからずありました。 しかし近年、この問題を改善するための方法として、顕微鏡導入による根管治療が行われるようになりました。根管治療に顕微鏡を用いることで、細かな根管内の神経まで確認することができ、従来よりも精度の高い治療が可能となりました。

 

顕微鏡を使った根管治療は、様々な利点があります。かつては取りきれなかった神経の残りかす等を除去でき、また、治療の過程で歯の根の部分に穴をあけてしまった場合でも、その場所を確認出来るようになったことで、穴を塞ぐ処置をすることができるようになりました。 顕微鏡の使用は根管治療の成功率を上昇させますが、全ての歯科医院が根管治療に顕微鏡を用いているわけではありませんので、顕微鏡を用いた治療を受ける際は、事前に確認しておくことが重要です。 歯科医院の中には顕微鏡と併せて、細菌の侵入を防止するため、ラバーダムというゴム製マスクを治療に使っているところもあります。 これらの器具の使用によって安心な治療が期待できますが、歯科医師の技術も重要な要素ですので、治療についての説明などを通して信頼できる歯科医師に治療を依頼することが望ましいでしょう。

 

見た目が美しい

歯科インプラントとは、歯がない部分のあごの骨に穴をあけて、そこに人工歯根を埋め込み、その人工歯根に義歯を取り付ける治療法です。この骨にあけた穴に埋め込む人工歯根の事をインプラント体、インプラント体と義歯をつなぐパーツをアバットメントと呼称します。つまりは、歯が抜け落ちてしまった際の治療法の1つです。入れ歯やブリッジと大きく異なる点は、あごの骨に固定する方法を用いるため、歯が動かない所です。そのため、噛み合わせに違和感がありません。また、見た目にも天然歯と遜色ないため、美意識の高い方には最適の治療法と言えます。天然歯が手入れ次第で半永久的に使えるように、インプラントもまた、手入れ次第で半永久的に使用可能です。

 

インプラント治療は、あごの骨にしっかりと人工歯根を定着させるため、噛み合わせに違和感がないと共に、あごの骨がやせる心配が無い事が大きなメリットです。さらに、見た目にも天然歯と遜色がないので、美意識の高い人にはお勧めの歯の治療法です。インプラント治療のデメリットとしてまず挙げられる事が、外科手術が必要である点です。また、治療期間が長い事と、自由診療のため、費用が高額になってしまう点があげられます。また、使用するパーツの中には金属製品が含まれますので、金属アレルギーを引き起こす可能性も否めません。メリットとデメリットをしっかりと把握し、自身にとってより良い治療法を見つけるためにも、無料カウンセリングなどをうけてみる事をお勧めします。

 

注意すること

歯科医院などを拠点として在宅診療も行われてくるのではないか、ともいわれています。その変化に応じた、新しい歯科治療に対応できる歯科器械や歯科材料の開発も進められているのです。 現在、口腔衛生の意識が高まり、予防を積極的に行う取り組みが強化されている流れにある、といわれています。そのため今後、歯科医院において、歯を定期的にメンテナンス行う人が増えてくるという予想もされています。 予防歯科では、虫歯や歯肉炎、さらに歯周病を予防することを目的としています。そのように、今後、口のトラブルを未然に防ぐということに、注目される傾向になりつつあります。

 

歯科で行うクリーニングのようにはいかなくても、自宅において自分でできる歯磨きで、歯の健康を維持することも大切です。 歯肉炎は、歯垢が原因で歯と歯茎の境目が赤く腫れてしまい、歯肉炎は子どもから大人まで、発症します。その歯肉炎は、歯磨きの時などに歯茎から出血しますが、放置していると歯肉炎から歯周病へと進行してしまう可能性があります。 その、歯肉炎を発症しないためにも、歯磨きは重要なのです。歯ブラシは、表面のエナメル質や歯茎を傷つけないように、柔らかいものを選ぶことが良いとされています。歯ブラシの交換時期としては、一般的に1ヶ月に1回といわれていますが、消耗度によっても違ってくるので注意します。 毎日行っている歯磨きですが、その歯磨きが本当に歯肉炎や歯周病の予防に役立っているのかを、歯科医院などで確認しておくと安心です。

 

歯に関する注意点

虫歯ができたり、親知らずが痛かったり、歯茎から血が出たりすると歯科に通いますよね。 口の中をみてもらうので、行く前は歯磨きをしていくのがエチケットです。 食べ物がつまっていたりすると、治療できなくなります。 歯科でもうがいはしますが、歯にはさまったものはとれないので歯磨きでおとしてから行きましょう。 また妊娠している場合もきちんと歯医者さんに伝えましょう。 親知らずなどを抜いたり、治療に麻酔を使うことが妊婦さんにはできません。 虫歯の治療のときも使うことがあるかもしれません。 気をつけてください。 歯科に行く前日からあまり刺激的な食べ物をさけたり、歯磨きは優しくゆっくりとしましょう。 治療のときにしみたり痛みがでたりします。

 

歯科へ通院する場合は間をあけずに治療にいきましょう。 痛みも少なく、早く治ります。 間をあけているとその間に虫歯が進行したり、痛みが増したりします。 1度治療してマシになったからといって通院を勝手にやめるのはダメです。 歯医者さんが治りましたというまではきっちり通いましょう。 虫歯や歯茎から血がでる人は口の中が弱い人です。 歯はいろいろなものとつながっています。 栄養のあるものをバランスをよくすることで口内炎ができなくなったり、歯茎からの血も止まります。 またしっかり硬いものを食べましょう。 歯茎や歯が弱い人は顎が弱っています。 しっかりと使い顎を使うことで口の中が強くなります。 日頃の日常生活がでてくるので気をつけてください。

Pick Up