美容と健康のために

手の上に花

インプラントは義歯としての役割を持っていますが、その「義歯」には入れ歯も含まれています。一般的に矯正歯科や審美歯科で行われる義歯の治療は、一度装着すれば二度と取り外せないというものが多いです。特にインプラントは、ボルトを歯ぐきに埋め込むことによってかなりの安定感を誇ることから、一本一本ボトルを埋め込み義歯を装着するというイメージが強いのではないでしょうか?実はインプラントを利用した入れ歯は有名であり、歯科ではインプラントオーバーデンチャーと呼ばれています。諸事情で上顎、もしくは下顎すべての歯を失った場合などに利用される方法であり、歯ぐきにボルトを2本ほど埋め込み、そのボルト部分を入れ歯のボルト部分とドッキングさせることで装着できます。この際のボルト接合部分は凸凹の形をしている為、ピッタリとフィットする訳です。審美歯科ではホワイトニングだけではなく、クリーニングも行っています。

インプラントなどの義歯に比べ、元々生えている歯は汚れやすいというのが現実です。また、矯正歯科が存在することからわかるように、生活習慣によって歪みが生じることも多いのです。歪みと汚れを並べた場合、やはり発生頻度が高いのは汚れとなります。見栄えが悪くなるだけではなく、歯周病を引き起こしかねない歯の汚れというのは早急に取り除くべき存在といえるでしょう。

また、通常の歯科で行われるものに歯石取りがあります。歯石取りとは、石のように固まってしまった歯垢を取り除くというものです。ピンセットのようなものでピンピンと歯の隙間から歯石を弾くようにして取り除くのですが、これを終えると歯の黄ばみも解消されるんです。結構癖になりますよ。ただ、施術後は少し歯が痛いこともあります。不安な場合は軽く麻酔をかけてもらうのもいいかもしれません。

インプラントを使う

白い歯

審美歯科は名前の通り、歯の審美的価値を高めるための治療を行っています。矯正歯科やインプラントと比べると「おまけ」として扱われることも多いですが、そんなことはありません。審美的価値を高めるということは、印象を良くする、気分が晴れやかになるといったプラス効果があるんです。もちろん、歯周病予防の観点から見ても、審美歯科は重要なポジションにいるでしょう。どういうことかというと、審美的価値を高める為には歯を白くする…つまりは日頃の歯磨きからしっかりと指導が行われるということです。歯磨きの質を高めれば、歯周病予防に繋がります。一時的な審美だけではなく、継続してきれいでいる為には日頃のデンタルケアをしっかりと指導してもらわなければならないのです。その点で審美歯科はぴったりと言えます。

インプラントは他の治療法に比べると比較的新しい存在です。近年はインプラント専門の歯科も登場しており、かなり普及していることが伺えます。そんなインプラントですが、果たして具体的などんな感じなんでしょうか?矯正歯科は歯並び全体を矯正することが多く、審美歯科は上から義歯をかぶせる方法を取ることが多いです。また、従来の義歯は「差し歯」と呼ばれる歯根が残った状態で使用するものが一般的でした。しかしインプラントの場合は、歯根もすべてなくなった場所に新しく義歯を装着させます。しかし歯根がなければ歯と骨をくっつけることが難しい為、インプラントではボルトを使用するのです。歯ぐきにボルトを使用するのは怖い!と感じる方も多いでしょう。とはいえ、実際にはボルトも歯根もそんなに差はありません。麻酔を使用するので痛みなどもほとんど感じないままインプラント治療は終わります。インプラントは歯根がない状態でも装着でき、なおかつ安定感がある義歯として重宝されています。定期的なお手入れは必要ですが、通常の歯と変わりない使用感があるからこそ、普及しているのではないでしょうか。

治療を行なう

審美歯科と矯正歯科、矯正歯科とインプラントが時にはお互いの範囲をカバーしている事があるように、歯科の治療範囲はクリニックによって変化しています。例えば審美歯科の中にも、ホワイトニング専門の所と歯列矯正も行っている所がある、というように。とはいえ、やはりそれぞれにしかできない事があるのも事実です。小学校の歯科検診における歯並びへの指導はセルフケアか治療するかのみです。セルフケアの場合は「硬いものを食べましょう」という指導だったりします。そして、治療の場合は矯正歯科で矯正器具を作ってもらうのが一般的です。この矯正器具、使用するのは子供の内が推奨されています。その理由は、子供の場合は骨が柔らかく矯正がしやすいからです。また、歯に装着する矯正器具は目立ちますし装着期間も1年程と長い為、装着していてもあまり差し障りのない子供の内にしてしまうという考えもあるそうです。

歯の矯正は大人になっても可能です。その場合は矯正器具の他にマウスピースによる治療があります。マウスピースは家にいる間など、人目につかない間に使用するセルフケア用品です。無呼吸症候群の治療にも用いられるなど、高い汎用性を誇っており使用感も悪くないので、あからさまな矯正が苦手な場合にはマウスピースを希望してみるのもいいでしょう。また、審美歯科で矯正を行う場合は歯を削り、その上に義歯をかぶせて歯並びを整えるという方法を取ります。他にも歯を抜いてインプラントにするなど、一部分をまるごと交換する矯正も存在します。

歯の悩みを相談する

審美歯科ではホワイトニングや歯並び矯正を行っています。ちなみに、歯並び矯正は矯正歯科でも行われている事から、審美歯科と矯正歯科は近い物があります。生まれつき歯並びが悪い方もいれば、長年の習慣で歪んでしまった方もいます。また、それ以外にも虫歯で歯がほとんど無くなってしまったり変色したりというケースもあります。そうなると、お話をして口を開くのをためらってしまう時もあります。そんな時に、効果的なものが審美歯科です。

ちなみに、インプラントはインプラント専門歯科で行われる治療であったり矯正歯科でも施術可能であったりします。なので、必ずしも「審美歯科はホワイトニングのみ」「矯正歯科は歯並び矯正のみ」というわけではないようです。状況に合わせて自分にピッタリの歯科を探すことが大切です。歯科という場所は、虫歯の治療を行うだけの場所ではありません。

歯科は歯の健康状態を整えるために必要な場所になるのです。歯の健康状態を整えるということは虫歯を改善することはもちろんですが、ほかにも食べ物をしっかり噛むことができるかなどの機能性を整えることも大切です。機能性を整えるというだけではなく、歯の外見の美しさを整えるということも、すべて含めた上で歯の健康状態を保つということになるのです。

歯の健康状態を整えるためには多くの要素が必要になります。この多くの要素を整えるために効果的な専門歯科があります。歯の健康を機能面で整えることが できる歯科のことを、矯正歯科と言います。また、歯の健康を外見面で整えることができる歯科のことを審美歯科と言います。矯正歯科や審美歯科ではそれぞれ得意としている治療法が異なります。ではどのような治療を行なっているのかというと、矯正歯科の場合有名な方法として挙げることができるのがインプラント治療です。インプラント治療では歯の欠けてしまった部分を修復することができます。

欠けてしまった歯をそのまま放置ししまうと、歯の病気を始め口内にも多くの影響を及ぼします。欠けた歯を修繕するためには従来であれば差し歯などを行うことが一般的な治療法でした。しかし、差し歯などではどうしても安定感に欠けてしまう場合があります。

インプラントであれば、本物の歯のような素晴らしい安定感を実現することができるのです。機能面にこだわる矯正歯科ならではの治療法です。また、インプラントには差し歯の変わりになるもののほかに、入れ歯としての役割を果たす種類もあります。この機能性の高いインプラントを使用した入れ歯のことを、インプラントオーバデンチャーと言います。審美歯科では外見の美しさにこだわります。外見の美しさとして、歯を白くするという方法があります。審美歯科では歯のクリーニングを行なっており、歯のクリーニングを行うことによって歯の元々の白さを取り戻すことができるのです。この歯のクリーニング方法には、専用の風粉末洗剤を使用する方法や、歯を削って白さを取り戻す方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pick Up