医院の選び方

インプラントも、ホワイトニングも治療の良し悪しは、医院の良し悪しにかかっているといっても過言ではありません。そこで、より良い医院を見つけるために、歯科医院の選び方をご紹介します。インプラント治療が得意な医院の選び方としては、インプラント専門医が在籍しているかどうかをチェックしましょう。WEBサイトを見れば、どんな経歴の医者が在籍しているかが分かるので、チェックをすれば専門医の治療かどうかが分かります。また、ネットの口コミを見れば、治療に対する患者の反応がわかります。外科処置を含む治療なので、久留米市の医院の選び方には注意が必要です。

ホワイトニングに関しては、完全に審美的な治療ですが、準備が必要な治療でもあります。従って、治療が始まる前の治療として虫歯の治療や、歯石を取り除くなどの処置に問題がないようにする必要があります。ホワイトニングそのものは、薬剤を歯全体にしみこませるというものですが、しみないようにしたりするのは歯科医独特の技術が必要です。インプラントと同様に、ホワイトニングを専門に取り扱う医院が好ましいと言えるのではないでしょうか?これらの治療は、まだまだ日本では広まったばかりの治療です。従って、専門の医院も都市部に数か所あるかどうかです。ですが、日本でも最近やっと歯の審美治療の必要性が理解されてきました。自分にあった治療を施してもらう為にも、しっかりと医院を選んでいきましょう。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの治療

ホワイトニングには、種類があることをご存知でしょうか?歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの二種類です。オフィスの方は、歯科医が行うので、使う薬剤からやり方までプロ仕様です。つまり、薬剤も効き目が強いものが使えるので、白くなるまでの時間が短くてすむということです。価格は、当然歯科医に診てもらうわけですから、こちらの方が高くつきます。一方で、自宅で行うほうは、歯科でマウスピースを作ってもらいそこに薬剤を流し込んで漂白します。薬剤が、プロ仕様に比べると、格段に効果が低いものが多いのでどうしても効果が出るのに一ヶ月以上はかかります。自宅でできる利点としては、価格が低いことと、自分のペースで行えることです。しかしながら、白くなるまでに長期間時間がかかることや、手間を考えると多少お金がかかってもオフィスの方が良いと思われます。また、使う薬剤などは、プロが様子を見ながら使ってくれるので、問題があっても対処ができます。しかし、自宅で行う方は、口腔内に問題が起きても対処が難しい面があるわけです。

ホワイトニングを行う際は歯科に行き、どのような方法でホワイトニングを行うといいか問い合わせてみるといいでしょう。ただ、コストを抑えてホワイトニングするなら簡単に行えるホワイトニングのほうがいいといえます。ただ、ホワイトニング剤の選び方も大切です。ホワイトニング剤によって歯のしみ方が変わってきます。

どう白くするのか

ホワイトニングが初めての方は、どんな治療を施すことで歯を白くするのか気になる人も多いことでしょう。そこで、その治療方法について紹介していきます。歯を白くする治療が、まだ一般的でなかった頃は、歯の表面を削ってセラミックのかぶせ物をしていたそうです。ですが、ホワイトニングは、そのような治療をする必要はありません。基本的には漂白の為の薬剤を取り入れて、歯の表面の汚れを分解して歯を白くします。

このホワイトニングの効果は、もちろん経年とともに薄れていきます。生活習慣などは、人によってまちまちなので、タバコを良く吸う人やワインを飲む人はすぐに戻ってしまうかもしれません。しかし、通常はホワイトニングの治療効果は、何年も持続可能だと言われています。使う人の特徴としては、結婚式前のご婦人とか女性が多いようです。やはり、歯が黄色くなったままで結婚式にでるのは、少し躊躇される人が多いのではないでしょうか。歯も顔や表情の一部だということを認識しましょう。歯を黄色くするためにはかなりのコストがかかるのではという人もいますが、一般的な治療により、ホワイトニングのコストは少ないといえます。オフィスホワイトニングを行う際は歯科にどのくらいコストがかかるか問い合わせて把握することも大切です。ホワイトニングは色素沈着を取り除いてくれるため根本的にホワイトニングすることが可能です。ホワイトニングの方法は歯科によって変わってくることもあります。

治療前に必要なこと

歯のイラスト

インプラント治療でも、ホワイトニング治療でもどちらも特殊な治療方法なので、やる前にそれなりの準備が必要です。インプラントの場合は、治療前には虫歯を完全に治療する必要があります。また、顎骨に人口の歯を埋め込む必要があるので、どうしても骨の造成などが必要なことがあります。ホワイトニングの場合は、インプラントと同じく虫歯の治療をする必要があります。治療の過程で使用する薬剤が、しみる可能性があるからです。

また、同じ理由で歯石をきれいに撮る必要があります。どちらの治療にも、準備ができていないとうまくいかないところがあるので、きっちりと準備を行いましょう。特に、虫歯の治療を放っておくと、そもそも審美的悪影響があります。それは、歯が黒くなったり、欠損が出てしまうおそれがあるからです。せっかく、インプラントやホワイトニングできれいにした歯を、虫歯によって邪魔をされてはかないません。治療の前に、適切な準備ができないと審美的な治療には移れないということです。虫歯を防ぐためには歯磨きが欠かせないといわれています。ただ、歯磨きではどうしても抑えることができない虫歯もあります。そのような虫歯を抑えるためには歯科に行き、虫歯を減らすことが大切です。虫歯の治療法の一つにオゾン治療があります。どのような治療か把握しておくと、虫歯の際に対応することが可能です。オゾン治療はほとんど削らずにすむ、治療法です。虫歯を治すことによって歯の減り方が変わってきます。

 

Pick Up