矯正歯科の利用

口が開いている男性

歯並びが悪いと食事をおいしく食べるということが難しくなります。噛み合わせが悪くなってしまいますので、そのぶん力が逃げていきますので、余計な力を使わないといけなくなるということもあります。さらには、笑った時でも相手に対しての与える印象というのはいいというものではありません。そのようなことから、矯正歯科を利用をして歯並びの矯正をするという人が沢山います。

それには長い時間が必要にはなりますが、治療方法としては矯正歯科を利用をするしかありませんので利用をするのならしっかりと矯正歯科選びをするということが大切なことになります。今後についてもこの矯正歯科は利用をされていくと思いますので情報をしっかりと把握をしましょう。矯正歯科によってその取り組みというのは異なるものになっています。ですので、より自分にとってよい治療をしてくれるという矯正歯科を選ぶということがよりよい歯並びを実現することが出来るということになります。

その治療方法はどこも一緒ですが、定期的に金具の交換をするなどして歯並びをよくするのをはやめるということをしているとこも沢山あります。はやく治したいという人はこのような取り組みが活発なとこを選ぶとよりはやく歯並びをよくすることが出来るということになります。ですので、まずは矯正歯科の情報を集めるとよいでしょう。このようなことに注意をしながら歯並びの矯正をすすめていくと、より効果的になるということになります。

歯並びを良くする治療

歯並びはその人の顔の印象を大きく左右する重要なものです。歯並びを適切に矯正歯科治療しただけで、まるで美容整形したかのごとく美しく生まれ変わる人もいるほどです。歯並びは自分が思っている以上にその人の印象を変えてしまうものであり、とても大切なのです。矯正歯科治療を受けるには、矯正歯科クリニックを受診することが大事です。

レントゲン撮影によってその人の歯並び、顎の大きさなど多角的に検査し、歯科医はその人にベストな治療方法を提案してくれるのです。矯正歯科治療も従来の歯の表面に装置を装着する治療方法のほか、インビザライン、裏側矯正治療など様々見られるようになっています。裏側矯正に関しては専門知識や高度な技術が必要で、それに特化したクリニックで受診することが大事です。

インビザライン、裏側矯正治療とは、歯の表面に装置を装着しないので人に治療していることを悟られる心配がありません。人に治療を指摘されないので、安心して社会生活を営めるのです。そのためこうした見えない矯正歯科治療は大人になってから治療を始める人に多く用いられています。特に接客業や芸能関係の人から利用されることが多いのです。

しかし裏側矯正などは特殊技能が歯科医に求められるのでその治療費が割高になるのです。また従来の歯の表面に装置をつける治療法を用いる人も少なくありません。小学生や中学生など成長期の子供に用いられることが多いのです。治療費が比較的安く、短期間で治療を完了させることが出来るために学生に利用されることが多いのです。

綺麗にする

女性の顔

ホワイトニングをすれば歯を輝く白さにできます。ホワイトニングには審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、セルフケアのホームホワイトニングがあります。また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせたデュアルホワイトニングもあります。審美歯科に行けば何通りかコースが用意されているので、自分のライススタイルに合わたコースを選べます。

審美歯科に通院する時間がない人にはホームホワイトニングがあります。クリニックで自分専用のマウスピースを作ってもらい、自宅でホワイトニングをする方法です。寝ている間にできるナイトタイプもあり、就寝時間を利用してホワイトニングができます。時間がない人でも工夫しだいで歯を白くできます。

最近のトレンドは「ワンコインホワイトニング」です。ワンコインホワイトニングとは審美歯科やデンタルエステなどで出来るリーズナブルなホワイトニング治療です。1本500円でできるので、好きな本数を選んでホワイトニングができます。

ワンコインホワイトニングは、ポリリン酸を使った「ポリリン3Dホワイトニング」というシステムを使って行います。ポリリン酸とは生物の体の中に存在する成分です。副作用やアレルギーなどもなく、安全にホワイトニングができます。 痛みがごく最小限で、知覚過敏が起こることもないので痛みが苦手な人でもできます。一度やれば白く透明な歯が長期間持続します。エナメル質の表面を守り、歯質を強化することもできます。

インプラントの利用

インプラントとは歯に人工歯根を植え込み、その上に義歯をかぶせる治療法のことを言います。インプラントとは、人体に埋め込む人工的な関節や軟骨なども含めて言いますが、通常、デンタルインプラントを指すのが一般的です。 治療法としては、人工歯根については骨との親和性からチタンやチタン合金が使われることが一般的です。

その料金は、手術費も含めますので、入れ歯を作るよりも高額になります。ですが、それに被せる義歯については値段や仕様により様々です。プラスチックの義歯を詰めると、健康保険がききますので治療費は3割の負担で済みます。ですので、料金は比較的安く済みます。セラミックはきれいな歯を手に入れられる反面料金が高い傾向にあります。

インプラントは、歯周病や虫歯で歯を失った人が同じように噛むことのできる人工の歯を作られる画期的な治療法です。歯根を埋め込むための手術をするため、その料金は高額になる傾向があります。

現在では、歯を失った人もそうですが、きれいな歯並びと白い歯を手に入れるためにインプラント治療を行う人も増えてきています。歯は、食べ物を咀嚼するという役割以上に、自分らしく美しい口元を手に入れるためのツールであるという意味合いも大きいからです。 現在では、人工歯根に被せる義歯について、セラミックやメタルボンドというセラミックよりも硬度の強いもの、ハイブリッドというセラミックとプラスチックを混ぜて比較的料金の安いものなど様々な種類があります。

料金を知る

歯科矯正には種類があります。ワイヤーなどの器具を歯に固定して、歯並びを改善する方法と、健康な歯を削って差し歯にしてしまう方法、健康な歯を抜いて、インプラントにしてしまう方法などがあります。 矯正器具をつかった歯科矯正の場合には、大人なのか子供なのか、銀色の矯正器具を使うのか、目立ちにくい透明の矯正器具を使うのか、いつまで矯正を続けるのか、どのような方法で器具を使っていくのかなど、一人ひとりの歯の並び方によって料金のは変わってきます。

大人の場合の器具自体の価格は50万円から100万円ぐらいで、その価格に診察料などがかかってきますので、合計の費用は200万円ぐらいかかります。また、差し歯やインプラントになるとさらに高額になる場合があります。

昔から行われている歯科矯正は、矯正器具を用いての治療でした。しかし、最近では審美歯科という治療方法が生まれました。また、インプラントなどの場合は、手術にかかる料金と、歯の料金で1本当たり10万円ぐらいの料金がかかります。しかし、矯正器具を使って治療をしないので、短期間で歯並びが綺麗になります。

また、これらの歯科矯正治療は自由治療に当たるので、保険は適用されません。それぞれ高額な治療費を支払って綺麗な歯並びにする必要があります。 しかし、歯並びが悪いと、虫歯になりやすかったり、かみ合わせが悪くなって顔や顎が歪んでしまったり、猫背になって肩がコリやすくなってしまったりと、さまざまな疾病を引き起こします。

治療と予防

私はたまに頭痛を感じていました。症状からするに偏頭痛とも違い、また緊張性の頭痛とも違い、自分では原因がわかりませんでした。そのとき友人が歯医者で頭痛の原因を特定できたという話をきき、私も歯の定期検診を兼ねてきました。

すると歯医者でのしっかりとしたカウンセリングを受けた結果、親知らずが歯を圧迫していることと、歯ぎしりにがかなり激しいことを指摘されました。頭痛の原因にもなりということで治療を受けたところ、顎の負担が減り、朝よくなっていた頭痛もマウスピースをすることで全くなくなったのです。  歯医者できくと、頭痛の原因は歯ぎしりによる顎やこめかみの疲労が原因のこともあるそうで、現在多くの歯医者でマウスピースの睡眠時の着用をすすめており、治療に取り組んでいるそうです。

歯ぎしりの負担を軽減し、歯の摩耗を減らし歯だけでなく顎の骨も守るマウスピースは歯医者でつくることができます。  歯医者では保険が適応されますので、5000円から6000円程度の治療費で作成することができます。

マウスピースの作成にかかわっている人は歯医者だけではありません。  歯医者の指示書をもとに実際に作成しているのは歯科技工士と呼ばれる人たちです。歯の型取りから概ね5日から10日ほどで完成します。  また歯の型取りをするときなどは、歯医者と共に歯科助手などがフォローに入ってくれます。  またマウスピースということであれば、その洗浄には使う薬品などを入れ歯洗浄剤などをつくっている製薬会社がおり、扱っている事業者は多くいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pick Up