注目のインプラント

インプラントは最近注目されている治療の一つになっており、歯を失ってしまった方も健康的な口内を維持する事ができる魅力的な方法になっています。そこでインプラントを受ける事で、今後口内の問題を起こす確率も減らす事ができ、安心して生活する事ができます。

ただしインプラントを希望する場合には、それに相応している技術とスキルを持ち合わせている歯科に依頼しないといけないです。実際にインプラントを希望した際に、技術とスキルが伴っていなかったのでトラブルが発生してしまっているケースも存在しています。

このようにインプラントは魅力的な方法になっているのですが、その分高い技術とスキルを持っていない方に依頼してしまうとトラブルが発生しやすいので、注意しないといけないです。

参考にしてもらいたい情報として、インプラントを行っている歯科でも支払う費用が全然違っていますので、治療を希望する場合には、お金の問題も気をつけないといけないです。少しでも少ない費用で優秀な歯科に依頼する事ができれば、安全にインプラントを実施してもらう事ができます。

多くの歯科でインプラントを行ってもらう事ができるのですが、安易に選択してしまうと多額の費用とインプラントの失敗を招いてしまうかもしれないです。そうなると再度インプラントを実施しなくてはいけないので、負のスパイラルが発生してしまいます。今では実施する前にどのくらいの費用が発生するのか確認する事ができるので、事前に資料や問い合わせを行って確認してもらいたいです。

 

矯正歯科をする

歯科医院

矯正歯科と聞くと一般的に子供の内に治療を済ませたほうがいいといわれているようですが、一概にそうとは言い切れない部分もあります。というのも、子供の場合、未だ骨格が不安定ということもあり、成長の段階でせっかく矯正した歯並びが崩れてしまうなんてこともあるのです。

もちろん、そうならないために矯正歯科ではあらゆる対策が練られていますし、矯正を行うタイミングを調節していくのですが、やはり対処しきれないケースもあるのです。 その点、大人になってからの矯正であればそれ以上骨格が変化していくことはないですし、場合によっては治療期間も短くなることもあるかもしれません。 もちろん、個々のケースで対応は異なってくるため断定はできませんが、やはり大人になってから矯正歯科を受診するほうが精神的、体力的な負担は少なくなってくる傾向にあるのです。

ここで気になってくるのが矯正歯科での治療にかかる費用です。矯正歯科の場合、治療には保険が適用されないことが多いので、どうしてもその費用は高額になる傾向にあります。治療の内容によってその金額は異なってくるのですが、多くは数十万円という金額になるようです。

とはいってもこれだけの金額を一度に支払うのは難しいという人も中にはいるでしょう。そんな人でも安心してください。矯正歯科クリニックの中には支払方法を選択できるというところもあります。一括で料金を支払うのが難しいという人は分割、もしくはカード払いで支払うという方法もあるので、経済的な負担も多少軽減することができます。

費用面の問題でこれまで矯正をあきらめてきた人は、一度チェックしてみてはどうでしょうか。

 

制度と高額

知らない人も中にはいると思いますが、医療費控除という制度があります。医療費控除とは、1年間に医療費を10万円以上(総所得金額等が200万円未満の場合は総所得金額等の5%以上)支払っている場合に受けられる所得控除の1種です。医療費控除を受ければ、納める税金の一部が免除されることとなります。

失った歯を補う治療法の1つであるインプラント治療は、ほとんどの場合、治療費が10万円を超えてしまう治療となっています。ですから、インプラント治療を受ける際は、医療費控除を受けるようにした方が良いでしょう。但し、医療費控除が受けられないインプラント治療もありますので注意が必要です。また、医療費控除を受けるためには、確定申告をする必要があります。

なぜ、インプラント治療の治療費が、ほとんどの場合、10万円を超えてしまうのかというと、ほとんどの治療が保険が適用されない治療だからです。 長らく保険が適用されなかったインプラント治療ですが、平成24年4月から保険が適用されることになっています。

しかし、保険適用の条件は非常に厳しいものであり、症状に関して条件が設けられているのはもちろんですが、歯科の設備や勤務体制等にまで条件が設けられています。その条件を多くの歯科がクリアできないため、ほとんどの治療が保険が適用されない治療として行われているのです。1本あたり30万円程度というのが、インプラント治療の平均的な治療費です。

インプラント治療は治療費が高額だからあきらめるというのはもったいない、とても有意義な治療です。ですから、医療費控除が役に立つのです。

 

ホワイトニングの施術

ホワイトニングは文字通り歯を白くする施術のことです。歯を清潔に保つよう心がけている方でも、食生活が原因で歯が着色することも多いですし、薬の副作用で歯が着色してしまうこともあります。こうした歯を白くするのがホワイトニングです。歯科医院で使用されている薬剤は特に濃度が高いこともあり、短期間で効果が得られるのが大きな特徴です。数回の通院で希望する白さを手に入れることができます。 歯科医院でホワイトニングを受ける場合、20000〜50000円程度の費用がかかります。歯科医院によって費用に差がありますが、近年では全体的に下落傾向にあるため、先述した価格帯よりも安い費用でうけることも可能です。また、利用可能な歯科医院も多いため、より気軽に受けられるようになっています。

ホワイトニングという言葉は今では広く普及していますが、日本で注目を集めはじめたのは1990年代中頃のことでした。そもそも、日本では歯を美しくするという概念が根付くのが遅く、アメリカなど外国に比べるとホワイトニングに火がついたのも遅かったのです。 日本でホワイトニングがブームになったのは、ある歯磨き剤のテレビコマーシャルがきっかけでした。市販の歯磨き剤から火がついたわけですが、歯科医院でホワイトニングを受けるという方も徐々に広がりをみせます。今では、ブライダルを控えた花嫁や就職活動中の学生、また人と接することの多い職業の方など様々な方に利用されています。とはいえ、アメリカに比べると認可されている薬剤が極端に少なく、専門家の間では今なお遅れていると捉えるかたも少なくはありません。

Pick Up