簡単にケア

白い歯のイラスト

美しい口元を保つには毎日の歯磨きが大切あることは言うまでもありません。しかし言うまでもないことですが、歯磨きは表面についた汚れなどを落とすことはできても、歯がもともと持っている本来の色を変えることはできません。そのため、本来の色が黄ばみがかっているために引け目を感じている人の問題解決にはなりません。 そんな人たちの助けとなるのが、ホワイトニングという技術です。ホワイトニングとは名前のとおり歯を白くすることをいい、歯科医院で提供されています。本来の色以上に白くすることもできるというところがミソで、黄ばみコンプレックスの解消に役立ちます。他人を惹きつけるほどの白く輝く口元を実現する、それがホワイトニングです。

ホワイトニングはかつては機械で歯の表面を削り取るといった方法がとられることもありましたが、現在ではあまり行われていません。その代わり、特殊な薬剤を表面に塗って白くする方法が広く普及しています。この薬剤には色素を変性させる作用があり、これによって歯の内側の白い部分が透けて見えるようになるのです。 薬剤を使ったホワイトニングにはクリニックで直接行う方法と自宅に持ち帰って自分で行う方法との2種類があり、それぞれにメリットがあります。クリニックで行うオフィスホワイトニングは作用の強い薬を使ううえにさらにレーザーを当てるなどして効果を増強させることができるので、短期間で効果が出ます。一方、自宅で行うホームホワイトニングは費用が安くて済みます。また効果が出るまでに時間がかかる代わりに効果が薄れるのも比較的ゆっくりです。

危ない歯周病の治療

「歯」への意識が高まる中、多くの人が何らかのオーラルケアを行なうようになってきました。今日では、若年層の虫歯人口が減少していることなどからも、意識の高まりを感じることができます。 一方、中高年の「歯周病」発生率は増加しています。歯の喪失の原因と言われている「歯周病」は、20代後半から始まります。年齢を重ねる程に、リスクが高まります。 一昔前は、「年をとれば歯を失うのは仕方のないことだ」という風潮がありました。しかし医学が飛躍的に進歩し、歯周病が他の病気を引き起こす原因になると分かってきました。「健康の基本は歯にある」と考えられるようになりました。 このような流れの中で、政府は「歯の健康維持」に努める運動を行なっています。80歳で歯を20本残そうと言う運動(8020運動)は、広く浸透するようになり多くの場面で目にするようになりました。自分の歯を維持するためには、日常のケアと定期的な歯科検診で「歯周病」を予防することが必要なのです。

「歯周病」の前段階である歯肉炎は、正しい歯磨きを行なうことで改善されます。しかし症状が進行してしまうと、歯周病治療を受ける必要があります。この歯周病治療には、様々な方法があります。症状が軽度の場合は、歯科医院で歯石を除去してもらいます。近年では、より効果が高い超音波で治療を行なうようになっています。また、レーザーで歯石除去や歯周ポケットを小さくする治療を行なう歯科医院が増加しています。重度の場合の歯周病治療には、外科的手術が必要になります。骨を再生する必要がありるのです。近年、この手術は目覚ましく進歩しており、多くの治療方法が確立されています。現在も研究がおこなわれ、更なる可能性が広がるものと考えられています。 今日では医療技術の進歩のおかげで、重度の場合でも歯周病治療を受けられるようになりました。今、歯周病であっても適切な治療を受けることで、改善することができます。症状がない場合は、歯科医院で定期検診を受け、予防に努めることが大切です。

歯を白くする方法

真っ白で綺麗な歯は表情を生き生きと魅力的に見せてくれます。 そんな綺麗な白い歯にするには歯科医院でホワイトニングをしてもらうという方法もありますが、実は自宅のケアでも可能なのです。 その一つが食べ物です。 例えば、リンゴやニンジンなどは、歯の汚れを落とす効果があります。 そして、歯のエナメル質まで落としてしまうことがないので綺麗に白くすることが可能なのです。 また、乳製品には、エナメル質を再生してくれる力がありますので、積極的に摂取することで表面が綺麗になり、虫歯の予防にもつながります。 そして、食事の際にレモン水を飲むことも、歯を白く見せてくれます。 このように、日頃口にする食べ物でもホワイトニング効果があるのです。

食べ物と同時に、磨くときにも少し工夫をすることでホワイトニング効果をより実感できるようになります。 まず、ホワイトニング効果のあるハミガキ粉を使うことです。これは、通常のものよりも色素を分解する力があるので、黄ばみまでしっかりと落とすことができます。 また、磨くときにはハブラシは水につけず、乾いたまま磨きます。 そして、磨くときにはなるべく食後の30分以上経ってからを心がけるようにしましょう。 食後すぐの口の中は、食べ物の影響でエナメル質が弱くなっています。この時に磨いてしまうと歯を傷付けてしまうことになり、逆効果です。 ですので、食後磨く際は30分以上経ってからにしましょう。 このように磨き方にも一工夫をすることで、より綺麗な歯を手に入れることができます。

通いさすさも大切

治療椅子

一般的な病気に比べて、歯の病気は軽視されがちです。そのため、歯科医院選びも適当に行っている人がほとんどです。しかし、歯や口というのはとても重要な部分で、歯や口の病気が原因で体が調子悪くなることもあります。健康な体を作るためには、歯や口の健康を維持することも大切なのです。それを考えると、歯科医院もしっかりと行なう必要があります。右京区には多くの歯科医院があります。その中から、良い歯科医院を探すために、いくつかのポイントを抑えておくと良いです。そのポイントは様々ありますが、通いやすさや治療内容、従業員や歯科医院の人柄などです。歯科医院は一回の治療で終わりというのではなく、定期的に通い続けるものなので、通いやすいかどうかは重要です。良い歯科医院でも自宅から遠すぎると、利用するのが億劫になってしまいます。そうならないように、なるべく通いやすい歯科医院を選ぶことも大切です。

右京区には様々な歯科医院があります。その歯科医院によって得意分野は異なるので、症状別に右京区の歯科医院を使い分けているという人も少なくありません。治療の得意、不得意は歯科医院によって異なるのですが、症状に合わせて変えるよりも、かかりつけ医がいた方が良いです。その理由は、かかりつけ医だと、異常があるとすぐに察知してくれますし、個人に合った的確なアドバイスをしてくれます。治療内容によっては、かかりつけ医ではできないこともありますが、そういう場合は、他のクリニックを紹介してくれるので、安心できます。右京区の歯科医院選びに悩んでいるなら、まずは腕が良い歯科医を探して、かかりつけ医にするかどうか決めると良いでしょう。

Pick Up