怖い病気は歯周病

歯 キャラクター

虫歯とともに患者数が多いとされる歯科疾患が、歯周病である。歯周病とは、主に歯周炎と歯肉炎の二種類の病名に分けられる。歯周炎とは俗にいう歯槽膿漏のことで、歯周病菌により歯を支えている骨が溶け始め、歯がぐらついてくるという病気である。歯肉炎とは菌やブラッシングの不備などにより、歯茎から出血したり、歯茎が腫れ上がったりする病気。

どちらにおいても毎日の食事ができなくなるような日常生活に大きな支障をきたす口の中の病気である。現代では全身疾患への原因とも言われている恐ろしい病気となっている。歯医者での治療方法は歯周病の中でも歯周炎と歯肉炎によって分けられる。

歯周炎は主に歯周病菌が原因のため、菌検査をし、陽性反応が出た時点で治療となる。一般的に抗生剤と歯のクリーニングを併用した最先端の治療が効果的だと言われている。治療をしても再発する可能性もあり、定期的な検査が必要とされている。歯肉炎は正しいブラッシングをすることが重要となり、歯と歯茎の間にたまったプラーク(歯垢)が原因であることがほとんどで、まれに血圧の薬の副作用としても症状が見られる。

歯周病を疑う症状としては、歯のぐらつき、痛み、噛み合わせの変化、口臭、歯茎からの出血、腫れ、などがある。特に口臭は独特の匂いがあり、ブラッシングや洗口剤を頻繁に使用したとしても治療しない限りなかなか匂いを消すことは不可能。周りの人から言われて歯科医院へ来院することも多い。噛み合わせの変化については、歯がぐらつき始めるので負担のかかる方へと歯が移動し全体の歯並び、噛み合わせを狂わせていくという流れになる。

歯の審美治療

虫歯とは、口腔内の虫歯菌が発生する酸の影響によって歯のエナメル質が溶かされ、侵食した状態を指す。そのまま放置しておくと、歯の内部まで侵食し、歯根や顎の骨にまで到達してしまう。通常痛みを伴ったり、歯に食べかすが挟まるようになるので、最悪の状態になる前に気づくことがほとんどである。これを予防するには、原因菌を増殖させないのが一番であるため、丁寧な歯磨きが最も有効である。歯科では治療だけではなく、予防のため検診や丁寧な歯磨きの指導をしているところがほとんどである。また、虫歯とともに歯周病などの口内の疾患なども起こっていないか、定期的な検診に行くことが望ましい。

虫歯になってしまえば、早急に歯医者へ通院し、治療し進行を食い止めることが必要とされる。通常は原因菌を除去するため侵食された患部を削り取り、原因菌を滅菌する薬剤を塗り、金属などの被せものをする。侵食がひどい場合は、神経を抜き差し歯をしたり、最悪のケースは抜歯して義歯を装着する。通常は公的保険を適用した治療によって行うが、審美的な治療を求める場合は、公的な保険を使用しないセラミックなどの被せものや義歯を使用する場合もある。

虫歯によってしょうがなく抜歯してしまった場合、ブリッジや部分入れ歯による治療は、健康な他の歯を痛めてしまうため、人工歯根を用いたインプラント治療で義歯を装着する方法もある。抜歯した歯肉にメスを入れ、顎の骨にインプラントを埋め込んで義歯を装着する。この方法は公的保険が適用されない自由治療になるため費用も高額になる。だがブリッジや部分入れ歯とは異なり、ものが歯肉と義歯の間にものが挟まることがないので、今までと同じ咀嚼が可能である。

保険治療で歯を改善

歯は定期的にケアしないと虫歯や歯周病などになってしまいます。もし歯のトラブルが発生した場合は大正区の歯医者に依頼をして治療を行いましょう。大正区の歯科では様々な歯のトラブルに対応できるように沢山の治療方法を用意しています。しかし基本的には極力歯を削らず形を残す事で歯を治療していきます。

歯が虫歯になって場合は削ったり抜いたりしますが長期的に見ると歯に負担を掛けてします場合もあります。その為大正区の歯医者は出来るだけ入念にカウンセリングを行い治療にあたります。さらに大正区の歯医者は患者の痛みを考え無痛治療も行っています。歯の治療の際には必ずと言っていい程痛みが生じますが、大正区の歯医者はあらゆる方法で痛みの軽減を行ってくれます。

例えば歯茎に麻酔を打つ場合に使用する注射針を極力細い物に変えます。採血の際に使用する針と比べると4分の1程の細さの針なので痛みはほとんど感じません。さらに、歯茎に刺す針の痛みを抑える表面麻酔にもこだわっています。表面麻酔はゼリー状になっているので麻酔成分が歯茎に浸透しやすくなっています。その為注射の際には感覚が麻痺して痛みを感じずに済みます。

歯の治療の際に生じる痛みを抑える事で的確でスピーディーな治療を行う事が出来ます。大正区の歯医者は歯周病にも力を入れて治療に取り組んでいます。成人の8割が歯周病になっていると言われている現代では定期的に歯周病検査を行わなければいけません。

金属を使わない歯の治療

歯を治療する場合金属の使用が行わる事があります。実は日本以外の国では歯の詰め物や差し歯に銀を使う事がありません。審美的な観点や安全面からもセラミックスの素材で作られた詰め物や差し歯の使用を行っています。銀歯は白い歯に比べて目立ってしまします。自分ではあまり気にならないのですが、話す時など相手に見られています。

さらに銀はイオン化する成分なので歯の治療に使用すると成分が溶けて歯茎を黒くしてしまう事もあります。その為歯茎は不健康に見えてしまいます。さらにイオン化した銀成分が体内に浸透してしまうと金属アレルギーを引き起こしてしまいます。金属アレルギーは皮膚のトラブルや体の不調を招いてしまいます。野田市の歯医者は健康を考えて治療には金属の使用を行いません。

野田市の歯医者はセラミックを使って歯の被せものを作ったり差し歯を作ったりします。価格も昔に比べると低価格になりました。中には天然歯に近い耐久性や強度を持ったセラミックも存在しています。歯を丈夫に長く使用するには金属の使用を控えてセラミックに替えていく方が良いと言えます。さらに野田市の歯医者は小児歯科にも力を入れて治療を行っています。

小さい子供は歯の治療を怖がってしまいますが、痛みを抑える麻酔を使用し、日ごろのケアを丁寧に教える事で野田市の歯医者が怖いというイメージを払拭しています。小さい頃から正しい歯の知識をつける事こそが健康な歯を維持する事には必要です。

 

Pick Up