歯科の治療

医療器具と人の手

同じ症状だとしても歯医者によって見解が異なります。最近では歯を削らない治療法を推進している歯医者も増えてきましたのでより治療法が多様化してるといっても良いでしょう。そして更には歯医者の数も増えていますから、近所にたくさん歯医者がありすぎてどこの歯医者に通えばよいのかわからないということもあるでしょう。基本的に虫歯の治療に関しては一般歯科で行います。美容目的のデンタルクリニックもありますから、まずはどのような用途の歯医者なのかを確認しておきましょう。 虫歯を削る音が苦手という方もたくさんいるので、そういった方は歯を削らない治療を推進しているようなクリニックが合っているでしょう。自分に合ったクリニックを探すことも大切なのです。

自分の元から生えている歯を白く保つことは簡単なようで実は難しいことでもあります。虫歯を防ぐためには正しい歯磨きを食後にすることが大切です。しかし飲み物やタバコのヤニなどで歯の色素はどんどん沈着されてしまいますから、気づいた時には黄ばんだり黒ずんだりしていることがあります。

その沈着に関しては歯磨きをしても取ることが出来ませんから、歯医者に行ってホワイトニングなどを施す必要があるのです。歯も美容の一部と考えている方は定期的にホワイトニングや歯の清掃をしに歯医者に通っています。手入れを簡単にするためにもインプラントに変えてしまうひともいますが、インプラントは高額な治療費と材料費がかかりますから余裕があれば考えても良いかもしれません。

矯正でキレイ

紫色の服をきた女性の笑顔

歯並びは人にとって非常に重要なものなのです。歯並びの良し悪しでその人の印象は大きく変わって来るからです。少々目が小さく鼻筋が通っていなくても、歯並びが非常に綺麗であるとその人が非常に美しく魅力的に感じるものなのです。

そのため女性が美しくなりたいとして美容整形などを考えるよりも、まずは歯並びを改めて見直し、必要に応じて矯正歯科治療を施した方が良いと言えるのです。矯正歯科治療を施せば当然歯並びが綺麗に整い、笑顔の魅力が一層増し魅力を増幅させることができるようになるのは言うまでもありません。また矯正歯科治療を受けると噛み合わせも良くなるので咀嚼や発声が綺麗になるのです。また慢性的に悩まされていた肩こりや頭痛が解消される人もいるのです。

矯正歯科治療をすれば様々なメリットがもたらされるものの、その治療費が高額であることが悩みの種になるのです。それは矯正歯科治療が健康保険適応外の自費治療になるからなのです。一般的な矯正歯科治療で100万円以上の治療費がかかるのが一般的なのです。しかしクリニックによっては医療費控除が受けられるように診断書を書いてくれるところもあるので、クリニックとよく相談してみるのも一つの賢明な方法なのです。

またクリニックによっては医療ローンを用意している所もあるのでこうしたクリニックを利用すると、毎月の費用が軽減され治療を受けやすくなるのです。また治療が目立ちやすい上顎だけを歯の裏面に装置をつける治療法、下顎だけ従来の治療法にすると比較的リーズナブルに、人に治療を悟られずに治療することができるようになるのです。

矯正方法を知る

矯正歯科治療を行う上で、噛み合わせの向上は非常に大切な事です。悪い歯並びをそのままにしておくと、いろいろな問題が起こる可能性があります。歯並びが悪い事で虫歯や歯槽膿漏の原因であるプラークがつきやすくなります。また、消化不良を起こすケースもありますし、噛む力が均一でないため、顔がゆがんだり、首や肩の凝り、耳鳴りや頭痛などの症状も、歯並びの悪さゆえの問題である可能性も否めません。

不自然な位置にある歯やあごの位置を正して歯並びを整えると、歯磨きがしやすくなりますので、歯の健康を保つ事ができるようになります。また、噛み合わせの向上によって消化を助け、身体のバランスが整い、全体の健康に良い結果をもたらします。

矯正歯科治療とは、出っ歯や受け口などの噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療する方法です。矯正歯科の装置は基本的に取り外しができません。針金を使った装置を歯に取り付け、ゆっくりとはを矯正していくのが一般的です。その装置を装着してしばらくは、歯が無理に動かされているような違和感とともに、鈍い痛みを伴います。

しかしこの痛みは痛みどめを服用するほどの痛みではない事が多く、途中で慣れていく人が大半です。口内炎などの症状が現れる場合には、消毒をしたり、軟膏を塗布して対処していきます。矯正歯科の方法は近年種類が増え続けており、今後も増えていくのではないかと考えられています。この方法以外はない、といったことはありませんので、歯の状況に合わせて適切な処置を選ぶ事が重要です。

矯正治療システム

アメリカでも一大ブームとなった矯正装置のひとつに、セルフライゲーションシステムがあります。この装置はさまざまな特長を持った治療を行なうことができ、現在日本の矯正歯科におけるトレンドとなっています。

主な特徴として、従来の治療法と比べると治療期間を短縮することができます。ローフォース・ローフリクションという考え方を軸に、今までの治療にかかっていた期間よりも早く歯を矯正することができます。また、ゆるやかな力を歯に加えることで歯と歯の摩擦を抑え、痛みを感じることなく矯正歯科治療を行うことができます。 さらに、セルフライゲーションシステムは抜歯のリスクが低いという特長も持っています。これにより健康な歯を抜く機会が極端に減ったとも言われています。

セルフライゲーションシステムを専門としている矯正歯科医院も存在しますが、基本的には取り扱っている歯科医院は全国的に見ても少ないと思われます。

よって、歯科医院を選ぶ際にはセルフライゲーションシステムを取り扱っているかどうかを事前に確認しておく必要があります。 さらに、セルフライゲーションシステムは通常の矯正装置と比べると要求される技術力が高いと言われています。矯正歯科治療を専門としている歯科医師であれば問題ないとは思いますが、歯科治療を全般的に受け付けている歯科医院であればしっかりと担当される歯科医師を確認しておくことが大切です。

なるべく質の高い治療を受けたいということであれば、多少の労力は仕方ないとして遠出をする覚悟で歯科医院を探すほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

Pick Up