ホワイトニングの歴史

唇のイラスト

歯のホワイトニングはアメリカで始まったものです。そもそも、アメリカでは1960年代頃から歯に対する美意識が人々の間で広まりはじめたと言われています。これはデンタルエステティックと呼ばれるもので、日本で言うところの審美歯科に該当するものです。

このデンタルエステティックが後の、歯科医院におけるホワイトニングにつながります。 アメリカでは、1980年代から歯科医院でのホワイトニングケアが開始されています。

それ以前から、歯を美しく保つことを意識していたアメリカ人にとって、歯を白くすることのできるホワイトニングは次第に普及していきます。一方、日本でホワイトニングが広く認識され、歯を白くすることに人々が注目しはじめたのは、1990年代中頃とそれよりだいぶ後のことでした。

日本でまず注目を集めたのは、ホワイトニング効果をうたう市販の歯磨き剤です。このテレビコマーシャルをきっかけに、人々は白い歯や美しい歯を目指すようになります。当初は市販品を使った独自ケアが主流でしたが、近年では歯科医院で施術をうける方も多いものです。ブライダルや就職面接など、訪れるきっかけは人それぞれですが、人と接することの多い職業の方も多くいます。

一方で、普及したとはいえ、認可された薬剤はほんのわずかで、アメリカにはまだまだ遅れをとっているという見方をする方もいます。

今後は歯科医院で施術を受けるホワイトニングだけでなく、ホワイトニング専用のマウスピースを作成し、自宅でケアを行う方も増えると予想されています。費用が抑えられるというのもその理由のひとつですが、その手軽さも人気の理由です。千葉や神奈川などの人が多く集まる地域は特に、ホワイトニングを導入している歯科医院は多いです。

歯に対する意識の変化

人体のあらゆる部分は、機能と形状という2つの側面を併せ持っています。2つのうち、基本的に重視すべきは機能です。ただ、形状も決して疎かにするべきではないです。 歯も当然、機能と形状を併せ持っています。歯の機能とは、噛むことです。歯で食べ物を噛み砕いてこそ健康が保たれるのですから、歯も機能を重視すべきだと言えます。ただ、歯は人から注目される顔に位置していますから、形状も重視すべきだと言えるでしょう。

実際、歯の見た目で、その人の印象は大きく変わりますし、そのことが原因で、信用問題に発展する場合だってあります。 ただ、日本人は欧米人と比較すると、歯の見た目に関心がないと言われています。確かに歯に注目して日本人と欧米人を比較すると、その見解は、あながち間違いではないように感じます。しかし、現代の日本人は、歯の見た目にも関心を持ち、自ら気をつけるようになっています。

但し、歯の見た目を改善することは、個人の努力では困難です。例えば、歯を白くしようと必死になって歯磨きをしても、歯は中々、白くはならないものです。 そういった時に役に立つのが、審美歯科です。審美歯科は、歯医者の診療科目の1つであり、歯の見た目の改善を目的にした治療を行うところです。

審美歯科の治療の1つに、ホワイトニングという治療があります。ホワイトニングとは歯を白くする治療であり、ホワイトニングの治療を審美歯科で受ければ、自分では白くできなかった歯が、瞬く間に白くなります。 ただ、審美歯科は比較的新しい診療科目であり、また、他とは系統の異なる診療科目であるため、設置している歯医者は少ない状況です。しかし、設置している歯医者は増加傾向にありますから、今後は身近な存在になることでしょう。

始める前に相談

3人の女性

以前、私は歯列矯正をしていました。元々物凄く歯並びが悪いという訳では無かったのですが、何本かだけ内側に入り込んでしまっている状態で、部分的に反対咬合の様な感じでした。小学生の時は特に気にした事は無かったのですが、やはり中学、高校と進んでいく中で見た目を気にするようになりついに歯列矯正をしてみる事にしました。

実際に歯医者さんにいって相談すると、よく見る歯の外側に装置を付けるタイプではなく、内側に装置を付けると言うタイプのものを勧められました。珍しいタイプで私自身初めて聞いたものだったので少し驚きと不安があったのですが勧められた事もあり、内側のタイプに決めました。内側のタイプの方が他の人から気づかれることがないので、気兼ねなく始められました。装置を作るために歯の型を取り、出来上がるまでには約1週間かかりました。

装置が出来上がって、いざ自分の口の中に取り付けられたのですが、思っていた以上の違和感があり、最初は喋る子も食べる事もままならない状態でした。何より歯列矯正を始めた年齢が遅かったため、痛みがありました。心地悪さに嫌気がさしたのも正直ありますが、綺麗な歯並びになる為だと言い聞かせ耐えました。

すると2,3ヶ月程経った頃から変化が見え始めずっと後ろに隠れていた歯が見えてくる様になったのです。変化が目に見えると不思議と頑張れるものです。そしてさらに数ヶ月経過するともうしっかりと元あるべき所に戻って来ました。自分で歯列矯正を経験して凄く大変で辛くもあったけれど、歯並びが綺麗になった事で自然と笑顔も増えた気がします。歯列矯正して良かったと心からそう思います。

具体的な治療内容

歯科クリニックで行われる治療といえば虫歯や歯周病、その他の主に口内に関係する症状に対するものが主になってきます。そして、大抵の人がこれらの症状が現れてから初めて歯科クリニックを受診するのではないでしょうか。実際、歯科クリニックといえばそれら症状を抑えるため治療を行うために通うところですから、それも致し方ないのですが、実はその考え方は間違っています。

というのも、症状が出てから歯科クリニックを受診するようでは、時には症状がより進行して治療の期間が長引いたり費用がかさんだりしてしまうのです。もちろん、すべての人がそうなるというわけではないのですが、できることなら早い段階、症状が出る前の段階で治療を開始していくのがベストなのです。

とはいっても、症状が出る前にそれを完治して治療を受けるなんてそう簡単にできることではありません。虫歯や歯周病の初期段階ではほとんど自覚症状がありませんし、それを自分でチェックすことも難しいものなのです。

ですから、早期治療を心がけようとするのであればできるだけ、日常的に歯科クリニックを利用するスタイルを確立しておくことをおすすめします。定期健診はもちろんのことですし、定期的な口腔ケアも非常におすすめです。定期的に虫歯や歯周病の原因となるプラークを除去することで、それ以上の症状の進行を防ぐことができますし、結果的に治療費削減、患者の負担削減にも繋がっていくのです。 今現在、歯科クリニックに通っているという人もそうでない人もこの点を十分に理解しておくといいでしょう。

 

 

 

 

Pick Up