歯並びの状態とメリット

子供達が小児歯科に通う理由として多いのは歯並びの矯正です。昔に比べて歯並びが悪い子供達が増えている事もあり吹田の小児歯科でも歯並び矯正が人気のプログラムとなっています。歯並びは顔の印象にも影響を与える部分であり、顔の印象の半分を担うとも言われています。口元の力によって顔の表情筋に影響を与えるからと言われています。笑顔の際にも歯が見えますので、綺麗な歯並びの方が効果的なスマイルとなります。

悪い歯並びとして乱ぐい歯、出っ歯、受け口、すきっ歯、開咬などがあり、口内の状態もあまり宜しくない環境となっています。利用的な歯並びは、下戸ボコがなく、左右対称的な状態であり、綺麗な湾曲を描いた歯です。健康的で美しい歯という印象を相手に与えます。

歯の矯正をする事で得られるメリットとして、歯の状態が良くなる、食べ物をよく噛める、発音が綺麗になる、顎の関節の不調の軽減、顎に影響がなくなる、顔立ちが良くなる、コンプレックスの解消などがあります。デメリットとなる事がないので、歯を矯正する事は良い事だらけなのです。

治療方法も充実してきており、近年人気の治療方法としてインビザラインがあります。透明なマウスピースを使用するので子供たちも安心して利用する事が出来ます。治療をする事で歯並びを矯正する事が可能ですが、治療した後のケアも大切です。ケアを怠る事で再発する事もあり、再治療をする可能性もあります。後戻り防止の装置もあるので、それらを使用して後戻りを防ぐ事も可能です。

子供の内に小児歯科で治療する事が望ましく、大人になってからの治療よりも効果的です。親御さんの理解が大切なのでしっかりと現状を把握して、子供異変に気付いたら小児歯科で治療を受けましょう。

 

親御さんの理解が必要

私達の歯は失うと戻ってこない貴重な存在です。日常的にケアを行う事でリカバリーする事が可能ですが、自分での治療方法では限界を感じる事があります。小児歯科を利用する事で小さい頃から歯を直す事が可能となります。

子供のうちの治療であれば成長過程で補正する事が可能なので、大人になってから治療する方法と異なります。歯への負担も少なく、柔軟な対応をする事が出来るのが特徴です。小児歯科では子供たちの歯の状態を見ながら一人一人に適切な方法を見つけて治療します。

歯の状態や成長速度は千差万別なので、医師の目で確認しながら治療方法を決めていくのです。そのため、ミスの少ない方法で治療を行う事ができ、安全に治療していくことが出来ます。大人になる前から治療を始める事で、将来へのダメージを減らす結果となるので、小さいうちから原因を除去しましょう。

吹田の小児歯科も子供たちの歯を心配しており、早めに治療するように工夫をこなしています。吹田では、早い段階で矯正できる用に調整している歯科が多く存在し、最大限の効果を得る事が出来るように努力しています。親御さんの協力を得る事が必要であり、親が子供に促す事で早めの内で治療をする事が可能となります。

吹田では親御さんへのご協力を仰ぐことで歯の重大さに気づくような取り組みをしている所もあるようです。親が子供の歯の異常に気づき、小児歯科に連れてくる事で子供の歯を守る事が出来るのです。子供が自分で気づくことも少ないので、親御さんが気づいてあげる事が最も望ましい方法なのです。

矯正を早めにする事で得られるメリットも多いですので、気づいた時点で治療をスタートさせることが最も効率的です。家族全員で協力して子供の歯の状態を良くしましょう。

 

メリットがたくさん

笑顔の子どもたち

歯の治療は子供のうちから始める事がとても大切になります。虫歯の治療や歯並び矯正などはとても重大な事であり、歯の治療を小児歯科で受ける事が大切です。子供は成長過程にありますので、成長が止まってしまう前に行う事が大切になります。矯正歯科は特に重要であり、顎の成長を利用する事によって治療速度を高める効果を得る事が出来ます。

歯を動かすと共に顎も成長しますので、抜歯をしないでもよくなる可能性が高まります。成長が未完成な状態での治療となるので、大人になってから少しだけずれる可能性も残っています。しかし、一度矯正を進めているので、再治療を行う際には治療しやすくなります。

子供達の中では歯並びが悪くなっているという傾向にあるので、吹田の小児歯科の需要も高まっています。別の症状を引き起こすもあるので、早めに治療して健康な体にしてあげた方が効果的なのです。

吹田の小児歯科に需要が高まっているのは他にも理由があります。歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなりますので、噛みにくくなるだけでなく、歯磨きがし辛いという事にも繋がります。結果として虫歯になるだけではなく、ストレスも溜まりやすい事が判明しています。

子供達は大人よりも感受性が高いのでストレスにも敏感に反応してしまいます。大人と違うのは発散方法などが確立出来ていないのでストレスが溜まりやすいという事です。そのため、体に影響を与えないようにするためにも吹田の小児歯科で治療を受ける事が大切です。ストレスがなくなるだけでなく、歯並びも矯正されて見た目も綺麗になりますし、歯磨きがしやすくなったので磨き残しもなくなり、虫歯になるリスクが軽減されます。成長過程に合わせて治療しますので、年齢に関係なく治療を受けさせる事が可能となっています。

 

インビザラインで歯並び矯正

歯の矯正方法の一つとしてインビザラインという方法があります。インビザラインはワイヤーを全く使用しない方法であり、マウスピースを使用して治療する方法となっています。吹田の小児歯科で採用している箇所もあり、透明なマウスピースを活用する事によって徐々に歯並びを直していく方法です。

歯に装着して治療をする事が出来る上に、透明なマウスピースなので相手に気づかれにくいという特徴があります。マウスピースなので一人一人に合わせて作られています。取り外しも出来るので食事時などに取り外す事が出来るので食事時の不快感もありません。装置にも食べ物が詰まらないので清潔な口内を維持する事が可能となっています。また、成長段階などに合わせてマウスピースを作り変えるのでちょっとづつ治療する事が可能です。治療期間中も快適に過ごす事ができ、痛みや装置が外れるなどのトラブルも回避する事が出来ます。

吹田の小児歯科でも採用されている治療方法ですが治療ステップが他と異なります。最初にカウンセリングを行ない、精密審査を行ないます。精密検査の結果を受けて治療計画の説明を受けます。その後矯正治療のスタートとなります。矯正治療中も何度か診察をはさみ、マウスピースを変えながら少しづつ治療していきます。

治療中のマウスピースの手入れは患者が行ないます。マウスピースの手入れ方法は簡単であり、歯磨きと同じ容量で磨きます。外側も内側も両方共弱い力でブラッシングします。マウスピースが変形する可能性もあるので弱めに磨く事が大切です。食事時や甘い飲料水を飲む時に外す事で虫歯になるリスクを下げます。専用のクリーニング剤なども用意されており、自分のやり方だけで心配であれば専用のクリーニング剤を利用して効果を高める事が出来ます。専用のケースもありますので、不潔になることが少なくなるのも特徴的です。

吹田の小児歯科以外でも利用されているので地元で行われている治療方法なのかをチェックしましょう。インビザラインを活用して子供のうちから歯並びを矯正しましょう。

Pick Up