満足な治療を受ける

歯医者で治療を受けるときに患者さんの評判の良い歯医者で治療を受ければ治療結果にも満足できますし、不愉快な思いをしなくても済みますが患者さんの評判の悪い歯医者で治療を受けた場合は治療結果にも満足いかなくなってしまい、不愉快な思いをすることがあります。

患者さんの評判の良い歯医者を見つけるポイントは口コミサイトを利用することです。実際に治療を受けたことのある患者さんのリアルな言葉を見ることが出来るのでどの様な歯医者かも予想が付きます。 評判の良い歯医者というのは口コミサイトに実際に治療を受けたことのある患者さんの口コミがたくさん載っているものですが逆に評判の悪い歯医者の場合はあまり口コミが載ってない場合が多いので口コミサイトにあまり口コミが載っていない歯医者の場合は注意が必要です。

歯医者が苦手で大人の人でも歯医者に行くことが出来ない人が多く存在しています。歯医者が怖くなった理由として子供の頃に虫歯治療を受けたときに感じた歯を削る音や痛みなどがトラウマとなってしまい、大人になっても歯医者に行くことが出来ない人がいます。

昔は歯を削って治療する方法が一般的でしたので歯を削る音もうるさかったり、痛みを感じるのも当たり前でしたが今では治療技術も進歩していて昔ほど痛みも感じないですし、治療中の音もほとんどしません。 痛みも感じないで歯を削ることなく虫歯治療を行える方法がレーザーを使った治療です。このレーザーを使った治療はレーザーで虫歯を治すので歯を削らないで虫歯を治すことが出来るので歯医者が怖い人でも安心して治療を受けられる治療方法です。

方法について

インプラント治療では外科手術が不可欠です。従来は、インプラント体と呼ばれる金属を埋め込む際と義歯を取り付ける際の二度切開する二回法と呼ばれる術式が広く採用されていました。この二回法では、金属を埋め込んだあと、一旦縫合し、骨と結着したのちに再度切開して、金属部分を露出させ義歯を装着します。しかし、二度切開することは患者の負担になるという見方から、近年では一回法と呼ばれる術式も普及しています。

一回法とは、文字通り切開は一度におさえる術式です。インプラント体を埋め込む際に、そのまま仮歯を装着します。実際の義歯を装着するのは、従来と同じく、金属と骨が結着してからとなりますが、仮歯と取り換えるため、切開する必要はありません。このように近年では患者の負担を軽減させる治療方針をとるクリニックが増加しています。

一回法・二回法と異なる術式があるインプラント治療ですが、どちらの術式が採用されるかは医師の方針によっても異なります。というのも、医学的には一回法・二回法それぞれにメリットがあるからです。切開することや痛みに対する恐怖心が強い方など、一回法を強く望む方はクリニック選びの際の優先項目とするとよいでしょう。

このほかにも、インプラント手術においては、専門の麻酔科医のもと静脈内鎮静法を採用していたり、痛みの少ない最新の医療機器を用意するクリニックなど様々です。 一方で最近では多くのクリニックが患者の負担や不安を軽減するように治療方針を練ってくれます。不安感が強い方はその旨を術前カウンセリングで申告することが大切です。特別な措置をしなくても、医師からきちんとした説明を受けることで解消される場合も多いものです。

違いがある

歯医者

歯科医院の先生によっても、治療方法や考え方が違います。 虫歯治療に行くと、すぐに歯を抜かないといけないという先生もおりますが、自分の歯を少しでもいかして治療しますと言ってくれる先生もおります。 大人の歯は生え代わるということが、ほぼあり得ませんので、一生ものです。

ですから、自分でよく考え、治療をして頂きたくことが大切だと思います。抜く前に本当にそれで良いのか考える上で、先生の今後の治療方法と治療金額を良く聞いたうえで考えて頂きたいです。抜かないで済む方が良いと思う方は違う歯科医院にも一度相談するのが良いと思います。しかし、あっちの歯科医院、こっちの歯科医院と渡り歩くのはあまり良いとも思われませんので、ネットで口コミを探したりホームページなどを見て、自分の考えに合っているかを確認するのが良いと思われます。

無意識に噛み合わせたときに、前歯の上下の歯の噛み合わせが、ずれているということがありませんか。歯を抜いたままでいたり、歯の治療などが適切にされていないと、歯がずれ、顔がゆがむことがあります。長年続くと、身体全体に影響を与えます。肩こりや身体全体の重心バランスを崩したりすることもあると聞きました。それだけでなく、足りない歯で噛むと咀嚼が少なくなり、形も大きく、唾液と混ざり合わないうちに食道に送られ、胃や腸に運ばれてしまいます。それが続くと胃や腸も悲鳴をあげてしまいます。 虫歯は早めにわかれば、少しの治療で済みます。ですので、日頃の歯磨きと歯科医院にフッ素を塗りに行くなど、定期的にケアをすると良いと思います。

種類で値段が変動

歯科インプラントとはなくなった歯の代わりに使用することができる画期的な歯科治療の一つです。インプラントの治療はデンタルクリニックでできますが顎の骨格や骨の丈夫さによっては出来ない人もいます。高齢になるほど骨が弱くなるので、希望しても手術ができない場合があります。

手術をする場合、使用するインプラントの種類やメーカーによって価格がかなり違います。基本的に国内メーカーのものよりも海外メーカーのものが価格が高くなります。特にインプラント誕生の地スウェーデンメーカーの物は価格が高価です。 また、インプラントの上にかぶせる人工の歯もセラミック製と金属製があり、見た目のが自然なセラミック製のほうが高くなります。

インプラント手術は外科的な手術を伴うため、信頼できるデンタルクリニックを選ぶ必要があります。歯科医師の免許をもっていれば、インプラントの知識がなくてもインプラントの看板を掲げて営業することができます。従ってほとんど無知な歯医者がインプラント手術をしていることもあるのです。 そのようなデンタルクリニックで百万円以上の価格で手術をして失敗しても後の祭りです。

しっかりとした知識と技術を持つ医師がいるクリニックで手術を受けることが大切です。 事前のカウンセリングだけなら無料で行っているクリニックも沢山あります。沢山のクリニックでカウンセリングを受けてみて、雰囲気がよく信頼できそうな歯科医を選ぶことをお勧めします。

注意したいこと

歯の痛みが中々消えないということはないだろうか。また、歯のうずきが止まらないという事はないだろうか。こんな症状に該当する人は、歯科医にかかる方がよいわけだが、歯科医の治療が苦手な人はそういう訳にはいかない。

特に、痛みがあっても我慢するタイプやほっておいても大丈夫と考えている人にとっては、尚の事そうかもしれない。しかし、いわゆる歯科医嫌いのタイプの人は何故行きたくないのだろうか。その原因には、イメージが大きく影響を与えている事が多いのかもしれない。過去の苦い思い出から、歯科医を見るだけで行きたくない気持ちが高まるとか、治療をしている音を聞くと腰が引けてしまという事もあり得るだろう。では、そんな治療嫌いの人に対して、どのようにしたら歯科医に行ってもらえるだろうか。

前述でも述べたように、歯の痛みに耐えながら、あるいは我慢しながらそれでも歯医者に行かない人は多い。では、そんな人達に回りはどのようにアドバイスして歯医者に行ってもらう事ができるだろうか。

例えば、こんなふうにいえるかもしれない、このまま痛い歯をほっておいても悪くなるだけで痛みがひどくなっていくだけだから、痛みが強くならないうちに治療にいってみたらとか、今治療に行けばお金も時間もさほど掛からなくて済むから治療にいってきたら、等の言い方ができるかもしれません。このように、周りは歯の治療を渋っている人に対して、優しい言い方で、更にはほっておくと起きる結果を率直に伝える事が効果的だといえる。では、周りに歯科医にかかることを渋る人がいるなら、上記のように粘り強く説得してみてはどうだろうか。

Pick Up